カテゴリ:ギターや楽器の話( 54 )

f0197703_16542521.jpg

これは1万円以下で入手したK.COUNTRY(春日)のH.C-500。当時の価格:50,000円

1975年のカタログからはマーチンタイプの湾曲ロゴになっているので、それ以前の縦ロゴの物。1974年製と思われる。


f0197703_16551789.jpg

f0197703_16554148.jpg
ペグはGOTOH製

f0197703_16561221.jpg
ネックの部分の補修歴があり安かったのでは、と思います。

f0197703_16565029.jpg

スプルーストップ単板にローズウッドのサイド&バック。指板もローズウッド。

f0197703_16572943.jpg
このギターですが、どえらいデカい音で鳴っています。正に「近所迷惑ギター」。特に低音。デカいだけでまとまりの無い出音のギターもありますが、ちゃんと音像の残るタイプで繊細なプレイにも向いています。

このギターも暫く弾いて堪能したら、息子に受け渡す予定。


by rrmat288 | 2018-11-08 06:53 | ギターや楽器の話 | Comments(0)

f0197703_19143153.jpg
1979年製のYAMAKIのY40D。当時のメーカー希望小売価格は、40,000円。トップはスプルース単板。

f0197703_19160966.jpg
サイドとバックはマホガニー単板

f0197703_19164767.jpg
ヘッドロゴはマーチン風味。

f0197703_19171596.jpg
ボリュートネックにYAMAKIペグ。

f0197703_19175204.jpg

f0197703_19180999.jpg

f0197703_19183034.jpg

f0197703_19184529.jpg
このシンプルな三角形のポジションマークが良い

f0197703_19192449.jpg
MOSSMANタイプのピックガード。

音色ですが枯れて温かい音が出ています。低音もちゃんと出ています。

当時40,000円ほどでこれだけのクオリティのギターを作っていたとは本当に驚きです。倒産してしまいましたが、YAMAKIというメーカーが残っていたら、YAMAHAやYAIRIに匹敵するか、それ以上になっていたと思われます。YAMAKIもいろいろ試して渡り歩いたけど、今手元にあるのはYW-80Mと、このY40Dです。

by rrmat288 | 2018-10-13 06:13 | ギターや楽器の話 | Comments(2)

f0197703_10270419.jpg
YamahaのFG-110。
発売は、1967年4月。当時の希望小売価格が12,000円のフォークギター。ちなみに、よく比較されるけど1967年といえば昭和42年の大卒初任給が26,200円だそうです。

トップはスプルース、サイドとバックはメイプル。オール合板の作り。

1967年~1972年まで続いた赤ラベルシリーズの中で唯一メイプルを使用しているのが、このFG-110。

f0197703_10400643.jpg

f0197703_10410991.jpg
音叉マークに釣鐘ロッドカバー。7桁シリアルで1969年製と推測されます。


f0197703_10420493.jpg
指板はブビンガ。かなり擦り減っておりますが。

ポジションマークが1969年に3mmから5mmに変更になっているらしいけれど、これは計測すると3mmでした。


f0197703_10433885.jpg
小ぶりで軽快な鳴り。近くに放っておいて、気兼ねなく使えるのが何よりです。

f0197703_10445366.jpg
赤ラベル。しっかり残ってます。

by rrmat288 | 2018-08-29 10:44 | ギターや楽器の話 | Comments(0)

f0197703_18595643.jpg
これはシカゴのハーモニー社の1968年製のシンボディのフルアコです。
安く手に入りましたが、最近はこの手のビザールギターでも状態によりますが、楽器店に並ぶと10万超えだったりして驚かされます。

f0197703_19020085.jpg
ボルトオンジョイント

f0197703_19031514.jpg
「Harmony」のヘッドロゴが毎度イカしてます。

f0197703_19050924.jpg
ロッドカバーにめちゃ小さく「MADE IN USA」

f0197703_19065926.jpg
ペグもオリジナルと思われます

f0197703_19072770.jpg
髭みたいなムスターシュ型のデュアルモンドピックアップ×2基。

f0197703_19253555.jpg
ボディ幅は約49mmで、ボディ重量は2,6kg

f0197703_19271047.jpg
Fホール内部。H54が読み取れる

f0197703_19275100.jpg
68表記が在り。

f0197703_19261714.jpg
当時カタログ。134,5ドルだったようです。

by rrmat288 | 2018-08-02 06:17 | ギターや楽器の話 | Comments(0)

f0197703_14301736.jpg
これは久々にヤフオクで落札した、LYRAという名を冠したパーラーギター。(落札価格は、13,350円)
ライラというのは、星座の名で琴座のことだと思います。
ニューヨークのC.BRUNO&SONという会社が、1940年代にシカゴのHARMONY社にOEM生産させたものだそうです。
ピックガードは付いていなくて、これはペイントですな(笑)
f0197703_14363908.jpg
材質はバーチ。日本語では、樺(かば)


f0197703_14445854.jpg
スクエアなヘッドにロゴは微妙に左寄りに付いている。

f0197703_14454836.jpg
おそらくオリジナルのペグでしょう。


f0197703_14463304.jpg
この指板インレイがポップで良いなあと思ってよく見たら、これもインレイでなくペイントでした。限りなくチープ!笑


f0197703_14471621.jpg
ボディ内部に大きめに「MADE IN USA」のスタンプ。

f0197703_14475151.jpg
テイルピースもレトロ

f0197703_14492382.jpg
ボディ厚は87mmありました。

肝心の音ですが、チープで薄っぺらい、ガラ~~ンとした鳴りですが、憎めない1本です。


by rrmat288 | 2018-07-10 06:26 | ギターや楽器の話 | Comments(0)

f0197703_18235515.jpg

ハーモニー社の1972年製のH682(=H82)REVEL。

小柄なフォローボディのフルアコ。沖縄のリサイクルショップに、バインディングの崩壊により安値の5万以下で出ていた。

このボディの形状はグレッチのパクリなのでしょうか、謎です。
「REVEL」というモデル名が付いてますが、何なんでしょう。「反逆児」「不良」という意味でしょうか。

お馴染みの「ハーモニー・データベース」によると「初めて買ってもらったギターがこれでした。」というレビューがやたら目に付きますが、当時のスチューデントモデルだったのでしょう。1972年当時の価格は、122.5ドル。


このモデルは1968年~1971年まで製造された。Same modelrenumbered H682 from 1972 とハーモニー・データベースにあるように、これは1972年製のスタンプが押してある。

同時期に、鮮やかなグリーンバースト(アボカド・グリーン・バーストというらしい)のH82G(H682G)も発売されている。


f0197703_18282871.jpg

ボルトオンジョイント


f0197703_18294976.jpg

いちいち変わってます。この変な形のロッドカバー。


f0197703_18312264.jpg

ボディの厚みは48mm


f0197703_18314609.jpg

ペグは錆錆ながら硬くなかった


f0197703_18325828.jpg
ピックアップ。DEARMOND GOLD FOIL MUSTACHE 。ヒゲみたいな形してるので、ムスターシュです。出力はかなり低め。


f0197703_18412807.jpg
H682表記

f0197703_18420234.jpg
S72表記

f0197703_18422487.jpg
特徴的なのが、このスライダー式のボリュームとトーン。2つのピックアップをオンにして、フロントのボリュームとトーン写真のように少し絞ってクリーンで鳴らすと、何とも暖かくトゥワンギーな音色がします。

変なギターですが、なかなか愛らしい1本です。

f0197703_18454193.jpg
グリーンにもお目にかかりたいですが、楽器店で10万超えてますな~

by rrmat288 | 2018-06-04 06:22 | ギターや楽器の話 | Comments(0)

f0197703_11525523.jpg
イタリアのECO製VOXのトルネードという名のフルアコです。
このギターの生産時期は、1965年~1967年。いろいろ海外のサイトを物色した結果の憶測ですが、これは1967年製ではないかと思います。
これはいろいろ木部に達したクラックが多いです。

f0197703_11574306.jpg
ボディサイズは15インチ弱。ボディ厚は60mm。スケールは640mmでした。ボルトオンジョイント。

f0197703_11583011.jpg
とてもチープな感じのヘッドとヘッドロゴ。

f0197703_11590437.jpg
ヘッド裏。めちゃ小さく「Made in Italy by Vox」

f0197703_12000853.jpg
薄型ボディです。


f0197703_12003335.jpg
シリアルはあまりアテにならない、らしい(笑)


f0197703_12005834.jpg
ピックガード上のロゴマーク。シンプルです。

f0197703_12020608.jpg
ボリュームとトーンノブがまたレトロ感出してます。

チープなギターと言えばその通りですが、それ以上に可愛らしく愛着の湧く楽器です。



by rrmat288 | 2018-05-28 06:50 | ギターや楽器の話 | Comments(0)

f0197703_17094183.jpg
と或る縁で譲ってもらった、1970年代の春日楽器製作のK.CountryブランドのHC-400です。
当時の定価で4万円のギター

f0197703_17110557.jpg
トップ材はシダー(杉)単板、サイドとバックはローズウッド

f0197703_17125259.jpg
ロゴはマーティンに模して湾曲しています。

f0197703_17132636.jpg
ペグが替えているようです。ネックには謎の汚れが、、、

f0197703_17140564.jpg


f0197703_17141895.jpg
変哲もなく、当時のシリーズで最安値のHC-400なのですが、これがどえらい良い鳴りをします。特に中音域から高音域がシャリー――――ン!と。
もう単板とか合板とかの議論が不毛に思えます。
本当にギターは(というか楽器全般に)ブランドや値段では無いな~と思います。1万円以下、いや5千円以下で、こんな素晴らしい鳴りの個体に出会えるのですから。
これは最近ギター練習を頑張っている息子にいつか進呈するつもりでいます。

f0197703_17185608.jpg
1975年のカタログより


by rrmat288 | 2018-05-21 17:17 | ギターや楽器の話 | Comments(0)

f0197703_16115682.jpg
1980年製のTokaiのレスポールLS-50BB。当時定価:50,000円。
これは、ふらっと立ち寄った質屋みたいお店で1万円で売られていたのを即買い。今どき、どこのリサイクル屋もパソコンでちょちょいのちょいで市場相場を調べて、楽器店に迫る値付けをしていて嫌になりますが、これは久々に味わった「掘り出しもの感」でした(笑)

f0197703_16153955.jpg
Love Rock MODELの表記。1979年までは、「Les Paul REBORN」の表記で、本家G社からクレームが入り、これになったとか。。。
釣鐘型の長い2点留めロッドカバー

f0197703_16185629.jpg
TOKAI印のペグ

f0197703_16192895.jpg
ピックアップのカバーは在りませんでした。

f0197703_16201067.jpg
ピックアップは双方ともGOTO製。クセなくあまりキンキンしてない印象です。

f0197703_16211154.jpg

レスポールやストラトキャスターは「ギターの上手い人が持つギター」という固定観念があり(笑)1本も持ってませんが、1万円で買った5万のトーカイなら、1本くらい持っても罰当たらんかな。

貨幣価値が違うといえど、当時5万円の売価でのこのギターの出来。日本の技術力の高さを感じます。

ところで、当時のカタログの宣伝文句が笑けます。以下引用~

「パワフルかつソウルフルなLS-Bタイプピックアップをブラックのボディにマウントしたピューマのようなカラーリング。ライブステージで野獣のように走りまくる。オールマイティ―な表現力はビギナークラスという位置づけを破壊してプロタイプギターにせまる」

意味不明!!笑

by rrmat288 | 2018-04-21 16:22 | ギターや楽器の話 | Comments(0)

f0197703_19200079.jpg

これは、1961年製のSilvertoneブランドでのモデル1423。

このブランドでの発売は1959年~1962年の4年間だったようです。姉妹品というか、同等品のHarmony Stratotone H49については、1958年~1965年まで8年間作られた。当時の売価は、79,95ドル。


f0197703_19211830.jpg

全長980mmで、全20フレット、スケールは610mmの元々はスチューデントモデル

ボディは中が空洞のフォロー構造で重量は、軽く2,3kg


f0197703_19241749.jpg

f0197703_19244136.jpg
ペグ、オリジナルと思います。

f0197703_19250826.jpg
ブラックスパークルというカラーでよく見るとラメが入っています。

f0197703_19254663.jpg

デュアルモンドのゴールド・フォイル・ピックアップ


f0197703_19263255.jpg

フロントピックアップ裏面です。1961年10月12日。


f0197703_19272921.jpg

スイッチ類もいちいちレトロで可愛らしいです。


f0197703_19275364.jpg

やはりこの手のギター特有の音がしています。


f0197703_19285495.jpg

当時のチラシでしょうか。ネットから拝借。


f0197703_19292207.jpg
ハーモニー・データベースの1962年のカタログより。ハーモニーブランドのほうが値段が高いようです。



by rrmat288 | 2018-04-13 19:30 | ギターや楽器の話 | Comments(0)