カテゴリ:映画・DVD鑑賞/読書( 387 )

f0197703_19331623.jpg
2012年アメリカ映画
<あらすじ>
真昼のピッツバーグ郊外で無差別に6発の銃弾が撃ち込まれ、5名が命を落とすという事件が発生。警察は事件発生後1時間という早さで、元軍人で腕利きスナイパーだったジェームズ(ジョセフ・シコラ)を容疑者として拘束する。だが彼は容疑を全面否認し、かつて軍の内部で一目置かれていたジャック(トム・クルーズ)への連絡を求める。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トム・クルーズ出演作を2作品。
どちらも見応えのあるアクションエンターテイメントで、推理性はあまり有りません。勧善懲悪で安心してご覧ください。

f0197703_19355703.jpg
お相手弁護士は、ロザムンド・パイク。別嬪さんですなあ~~





f0197703_19380852.jpg
2016年アメリカ映画
<あらすじ>
アメリカ軍の優秀な秘密捜査官だったものの、今では街から街へとあてもなくさまよう生活を送っているジャック・リーチャー(トム・クルーズ)。ある店でトラブルに見舞われた上に保安官に連行されそうになった彼は、自分をめぐる何かしらの陰謀が動きだしているのを察知する。やがて彼は、元同僚であったターナー少佐(コビー・スマルダーズ)を訪ねるが、彼女がスパイ容疑を掛けられて逮捕されたことを知る。ターナーを救い出して共に事態の真相を追ううちに、軍内部に不穏な動きのあることをつかむが……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして続編のこれ。どっちから観てもええと思います。主人公の洞察力が半端じゃありません。

f0197703_19403502.jpg
尾行してる連中を取っ捕まえるこのシーンは迫力でした。

f0197703_19413838.jpg
今回、この中央の子役も良いし、コビー・スマルダーズ(左)というカナダのモデル上がりの女優もすごく聡明で良いです。



by rrmat288 | 2017-11-02 06:30 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

ナイスガイズ!

f0197703_18033414.jpg
2016年アメリカ映画
<あらすじ>
1970年代のロサンゼルス。シングルファーザーの私立探偵マーチ(ライアン・ゴズリング)は腕っ節の強い示談屋ヒーリー(ラッセル・クロウ)に無理やりコンビを組まされ、行方不明になった少女捜しを手伝うハメに。さらにマーチの13歳の娘ホリー(アンガーリー・ライス)も加わり捜査を進めていくが、簡単に終わるはずだったその仕事は、とある映画にまつわる連続不審死事件、さらには国家を揺るがす陰謀へとつながっていき……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リーサル・ウェポンの製作脚本のバディものムービー。
ラッセル・クロウとライアン・ゴズリングの凸凹コンビ。とくに、ゴズリングは笑わかせてくれます。こういう役、ハマってると思う。そして、ラッセル・クロウは太り過ぎ~(笑)ストーリーもコメディ、時にシリアスに、飽きずに観ていられました。
エンディング曲が「ラブ&ハッピネス/アル・グリーン」だったとこも聴き逃さず、良かった。

f0197703_18073081.jpg
子役も好演でした。



by rrmat288 | 2017-10-28 07:02 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

The NET 網に囚われた男

f0197703_19041353.jpg
2016年韓国映画
<あらすじ>
北朝鮮の漁師ナム・チョル(リュ・スンボム)は、妻(イ・ウヌ)と幼い娘と共につましいながらも穏やかに暮らしていた。ある朝、いつものように漁に出た彼のモーターボートのエンジンに網が絡んで、そのまま軍事境界線を越えて韓国側に流されてしまう。チョルは韓国の警察に拘束され、警護官のオ・ジヌ(イ・ウォングン)が彼の監視にあたることに。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キム・ギドク監督。
重厚でシリアスな映画でした。南北双方の不条理に翻弄され、最後は、、、、もうどうしようもなく救われない終わり方です。
ですが、最後まで飽きることなく観ていられる映画でした。キム・ギドク監督、久々のヒットじゃないでしょうか。




by rrmat288 | 2017-10-27 06:58 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

アトミック・ブロンド

f0197703_17462367.jpg
公開中
<あらすじ>
イギリスの情報機関、MI6ですご腕のスパイとしてその名をとどろかすロレーン・ブロートン(シャーリーズ・セロン)に、新たな指令が下される。それは、何者かに奪われた最高機密クラスのリストを取り戻すというもの。ベルリンを訪れたロレーンを待ち受けていたのは、世界各国のスパイだった。すさまじい争奪戦の中、ロレーンは超人的な戦闘能力を発揮しながら立ちはだかる敵を倒し……。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


イオンシネマで遅くからの上映だったので、酒飲み飲みの鑑賞。シャーリーズ・セロンのど迫力アクション。中盤の展開は臨場感があって目が覚めましたー。BGMもガンガンに80年代でちょっとうるさ気味に流れてます。ニューオーダーやネーナ、クラッシュ、エンディングはアンダー・プレッシャー/クイーンwデヴィッド・ボウイでした。


f0197703_17541276.jpg

気になったのが喫煙シーンが多過ぎる。




by rrmat288 | 2017-10-25 06:47 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

あの日、兄貴が灯した光

f0197703_09570090.png
2016年韓国映画
<あらすじ>

柔道の韓国代表としてオリンピック出場を夢見るも、試合中の事故で目が見えなくなってしまったコ・ドゥヨン(D.O.)。彼の事故を知った服役中の兄コ・ドゥシク(チョ・ジョンソク)は、弟の保護者になりたいと泣き落としで仮釈放される。15年ぶりに顔を合わせたドゥヨンとドゥシクだが、これまで互いに積み重ねてきた恨みや怒りを激しくぶつけ合う。ドゥシクが用意する食事を突き返した揚げ句、栄養失調に陥ってしまうドゥヨン。だが、彼の一言が二人の関係を変えていく。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シネマクレールでこれを上映してた時、韓国のアイドルが出演してるとかで、かなりの集客で、映画館の人がホクホク顔だったのを憶えています(笑)
超々ベタなストーリーの映画ですが、役者陣が良いのでしっかり泣かせてくれます。日本のアイドルが出たらこんな風には仕上がらないと思いますなー。



by rrmat288 | 2017-10-23 06:55 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

f0197703_19323778.jpg
2016年
<あらすじ>
ウォール街のエリート銀行員ディヴィス(ジェイク・ギレンホール)は順調に出世し、リッチで何不自由のない生活をしていた。ある日、交通事故で美貌の妻が他界するが、涙を流せず、感覚を失っていることに気付く。彼は義父の言葉をきっかけに、身近なものを壊し始め……。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


なかなか不思議な印象の映画でした。ジェイク・ギレンホール、何を考えているのか解らない役やらせたらピカイチかも。原題は、DEMOLITION で解体・破壊という意味。文字通り主人公がいろいろなものを分解したり破壊したりして、再生を手繰り寄せるヒューマンドラマです。ナオミ・ワッツ演じるシングルマザーとその連れ子との関わりが中盤の肝になる。


f0197703_19372145.jpg

とうとう、瀟洒な自宅まで無残にぶっ壊す!笑


f0197703_19390124.jpg

ナオミ・ワッツ、ええ感じでエイジングされてます







by rrmat288 | 2017-10-18 06:31 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

f0197703_16061559.jpg
2016年韓国映画
<あらすじ>
送迎バスの老運転手パク・キグァン――かつてベトナム戦争に従軍した経歴を持つ彼は、帰還兵としての誇りと安酒だけを心の拠り所としながら、ひとり貧しく暮らしていた。ある日、キグァンの元に警察から電話が。長年距離を置いていた息子ソンドゥクが、自殺したのだという。突然の訃報に呆然としながらも、葬儀場へと駆けつけるキグァン。彼はそこで高校生に成長した孫娘のポラムと再会、しばらく生活を共にすることとなった。やがて、ポラムの何気ないひと言からソンドゥクの自殺に疑問を抱いたキグァンは、真相を求めて独力で調べ始める。そして、息子の死の背後に隠された悲劇を突き止めた彼は…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

劇場未公開作品と思われる、韓国映画お得意の復讐もの。
在り来たりといえばそれまでですが、90分という短尺の中で良い映画だったと思います。孫との関係を修復したいと思う爺さんが悲し過ぎて泣けます。

f0197703_16110755.jpg
孫娘(17歳)役の女優、コ・ボギョルが29歳とは!




by rrmat288 | 2017-10-16 07:05 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

f0197703_19230141.jpg
2016年
<あらすじ>
インドのスラム街。5歳のサルーは、兄と遊んでいる最中に停車していた電車内に潜り込んで眠ってしまい、そのまま遠くの見知らぬ地へと運ばれて迷子になる。やがて彼は、オーストラリアへ養子に出され、その後25年が経過する。ポッカリと人生に穴があいているような感覚を抱いてきた彼は、それを埋めるためにも本当の自分の家を捜そうと決意。わずかな記憶を手掛かりに、Google Earth を駆使して捜索すると……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ツタヤ新作で鑑賞。実話を基にした映画。
子役の頃のサルー役の子、それからニコールキッドマンの演技が良かったー。55分過ぎから登場するルーニー・マーラも可憐です。

f0197703_19254656.jpg
とても表情豊かな幼少期のサルー役。

f0197703_19264704.jpg
ルーニー・マーラ。

f0197703_19273868.jpg
実物のサルーと育ての親は、最後に写されます。ライオンの意味も最後に明かされます。



by rrmat288 | 2017-10-13 12:20 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

f0197703_15424374.jpg
著者では初の癌についてかいた著書です。口の悪さでは有名な医師ですが、内容か的を得たものだと感じました。

f0197703_15441988.jpg
癌に限らず、どのような病気でも恐れるに足らず、内面・外面共によく見つめ直すことが大事だと思います。

by rrmat288 | 2017-10-12 15:46 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

リベンジ・リスト

f0197703_18182717.jpg
上映中

<あらすじ>
自動車修理工のスタンリー・ヒル(ジョン・トラヴォルタ)は、目の前で強盗に妻を殺害される。容疑者は逮捕されたにもかかわらず裏社会とつながる悪徳警官によって釈放され、事件は闇に葬り去られてしまう。理不尽な現実と、妻を守れなかった自分の無力さに怒りを爆発させたスタンリーは、かつて特殊部隊の工作員として極秘任務に関わった殺人スキルを解き放ち、リベンジの鬼と化していく。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ユーザーレビューでは、なかなかの酷評が続いています。後から考えたら不可解なポイント多数ですが、細かい所はすっ飛ばして、エンターテイメント映画として楽しむしかないですね。トラボルタ頑張ってるし。

f0197703_18254800.jpg
相棒役のクリストファー・メローニが特に渋かったです

f0197703_18261901.jpg



by rrmat288 | 2017-09-29 07:13 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)