カテゴリ:映画・DVD鑑賞/読書( 405 )

犯人は生首に訊け

f0197703_15280073.jpg
2017年韓国映画
<あらすじ>
医師のスンフンは妻と離婚し、京畿道の新都市に移り住んだ。この町では、15年もの長きにわたり未解決の連続殺人事件が起きていたが、新たに氷が解け出した漢江から首と手足が切断された女性の死体が浮かび上がる事件が発生する。そんな折、認知症患者でスンフンが住むマンションの1階にある精肉食堂の老人チョンが病院にやって来る。診療中にチョンがつぶやいた「体は橋から捨てれば見つからない。頭はまだ冷蔵庫の中」の言葉に、食堂の一家が連続殺人に関係しているとの疑いを持ったスンフンは、店の冷蔵庫に死体の頭部が隠されているのではと想像をめぐらせるが……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

反逆の韓国ノワールと銘打たれた4作品中のうちの1つ。もはや韓国映画界のベテランであるチョ・ジヌン主演のサスペンススリラー仕立て。
サスペンス好きの人や勘の鋭い人には結末が予測できるそうですが、自分には解かりませんでした(笑)最後にひと捻りありますし。ディカプリオの「シャッターアイランド」をちょっと思い出したりしまして、あ!ネタバレになりそうなので止めときます。

f0197703_15323451.jpg
肉屋の兄ちゃんがまた胡散臭い雰囲気で。若手の刑事役などでよく出演してる役者ですね。






by rrmat288 | 2018-02-21 06:27 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

f0197703_11375281.jpg
2016年ドイツ映画
<あらすじ>

ルーマニアのブカレストにあるコンサルタント会社勤務の女性イネス。仕事ばかりの忙しい毎日を送っている娘が心配でならない父親のヴィンフリートは、ブカレストを訪れる。悪ふざけが大好きな彼と折り合いの悪い彼女は、やむなく数日間一緒に過ごすことに。やっと父親が帰国してホッと一息つくイネスだったが、トニ・エルドマンという別人に成り切った彼が再びやって来る。父の真意がわからず、イネスは混乱するが……。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この映画の解釈はなかなか難しいと思う。しかも160分の長尺。起承転結のはっきりしたエンターテイメント映画やスリルを求める人には「は・・・???時間の無駄!返せ!!」となるかもしれない。笑
が、その分こういった映画によくある後でしみじみ、ジワジワと迫ってくる感じがあります。ワンカット、無音で長いシーンの数々、何かあるのか???と思いますが、何もありません(笑)

f0197703_11420329.jpg
ワーカホリックの娘に何やかんやと不器用に絡むオヤジ。

f0197703_11440617.jpg
このシーンは唯一の見せ場かもしれません。

ホイットニー・ヒューストンの「GREATEST LOVE OF ALL」の熱唱。楽曲の良さも相まって、娘のイネスがワダカマリを吐き出すように歌うさまは良いです。

f0197703_11493669.jpg
ここから後の展開は凄かったです。もうヤケッパチになったのかどうなのか、それに従う若い女性までもが。。。(恥)
トニ・エルドマンというオヤジよりイネス役の女優さんが気になる映画でした。



by rrmat288 | 2018-02-18 11:35 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

マンハント

f0197703_17122773.jpg
上映中。
<あらすじ>
国際弁護士のドゥ・チウ(チャン・ハンユー)は、気が付くと女の死体が横にあり、身に覚えのない殺人事件の容疑者に仕立て上げられたことに気付く。逃亡を図ったチウを追う敏腕刑事・矢村(福山雅治)は捜査を進めるにつれ事件に違和感を覚えるようになる。やがて二人の間に信頼が生まれ、彼らは共に真相を追うが……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初めてイオンのグランシアタ―へ行って寝転んで鑑賞しました。
ジョン・ウーが「君よ憤怒の河を渉れ」のリメイク。ということで、かなり期待値を上げて観過ぎました(笑)白い鳩に2丁拳銃に、往年のジョン・ウー監督作品(男たちの挽歌など)へのオマージュは感じられましたが、内容的には「・・・・」
やっぱり福山氏などが出てくると、途端に日本のTVドラマっぽくなってダメですなあー

f0197703_17191075.jpg
銃撃戦でズタズタになってガラス窓に突っ込まれたりしても、顔だけは無傷の福山氏(笑)

f0197703_17201133.jpg
ジョン・ウーの実娘、アンジェラス・ウーが製薬会社の雇う殺し屋役で登場。めっぽう強い。





by rrmat288 | 2018-02-17 07:11 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

f0197703_20063918.jpg
<あらすじ>
伝説的な暗殺者として裏社会にその名をとどろかせるも、殺しの仕事から手を引いたジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)。暴力から遠く慣れた毎日に安らぎを覚えていた彼だったが、それをロシアン・マフィアによって奪われる。怒りと憎しみに支配された彼は、封印していた殺しのスキルをよみがえらせ、ロシアン・マフィアへのリベンジを果たすことを決意し……。

f0197703_20072832.jpg
<あらすじ>
リベンジから5日後、伝説の殺し屋ジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)はイタリアンマフィアのサンティーノ(リッカルド・スカマルチョ)から新たな殺人を依頼される。殺し屋稼業から足を洗い静かな生活を望むジョンは断るが、サンティーノによって思い出深い家をバズーカ砲で木っ端みじんにされてしまう。さらにサンティーノに7億円の懸賞金をかけられ、世界中の殺し屋のターゲットとなり……。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2作連続で鑑賞。
いろいろツッコミ所満載のアクション映画(笑)。主役、とにかく撃ちまくりで2作目など何かバーチャルゲームのような幼稚な様相を呈しています。中高生向けの映画かなあ(笑)シリーズ化は、、、しないほうが良いと思われる、、、くだらない。


by rrmat288 | 2018-02-14 20:05 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

素晴らしき映画音楽たち

f0197703_15254307.jpg
2016年アメリカ映画
<あらすじ>
ハリウッド映画の主題歌やメインテーマは、どのようにして生まれるのか。映像からイメージされた旋律が、オーケストラの演奏などを通じて映画音楽になる過程を取材。ピアノのシンプルなメロディーが『E.T.』のテーマ曲へと変わっていく様子や、『ライオン・キング』でオスカーを受賞し、数多くの大作に携わってきたハンス・ジマーの苦悩など、知られざる映画音楽の裏側を明らかにする。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クラウドファウンディングで若い監督が作ったという、映画音楽を作り手側から紹介するドキュメンタリー映画。コンポーザーとして、監督の意図やシーンに合う音を創造する醍醐味や、悩みや納期のプレッシャーや、拘りであったりが垣間見えます。
実際の録音風景や、登場するいろんな楽器に興味が尽きませんが、映画好きも音楽好きも、その映画を観たこと有る無し関わらず楽しめます。そして次回から映画の見方が少し変わるかもしれません。




エンドロール途中でタイタニックの音楽監督、故ジェームズ・ホーナーの逸話が在りますのでお見逃しなく。。。


by rrmat288 | 2018-02-10 06:25 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

f0197703_11484926.jpg
2002年アメリカ映画
<あらすじ>
パンアメリカン航空のパイロットや医師、弁護士に偽装し(弁護士の資格は本当に取得した)、1960年代に世界各地で小切手偽造事件を起こし「天才詐欺師」と言われたフランク・W・アバグネイル(レオナルド・ディカプリオ)と、彼を追うFBI捜査官カール・ハンラティ(トム・ハンクス)の姿を、痛快かつ人間味豊かに描く。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かなり前に100円で購入していたDVDをやっと鑑賞。141分、なかなか面白い映画、というか実話ベースに驚きでした。これだけ天才的に詐欺が働ける少年ならどんな仕事もこなせるはずですなー。
劇中では、逮捕服役途中からFBIで手形などの特殊詐欺を選別する仕事に就いているが、実際には詐欺防止を中心にする金融コンサルタント会社を設立したらしい。

f0197703_11542295.jpg
ディカプリオの演技も素晴らしい。右が実在のフランク・W・アバグネイル。




by rrmat288 | 2018-02-07 06:48 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

ミッドナイト・ガイズ

f0197703_10382794.jpg
2012年アメリカ映画 原題「STAND UP GUYS」

<あらすじ>
28年の刑期が終了したギャングのヴァル(アル・パチーノ)は、かつての仕事仲間ドク(クリストファー・ウォーケン)と久々の再開の喜びをかみ締めていた。一方、ドクは組織のボスから翌朝10時までにヴァルを殺害するよう命じられていることを、悩んだ揚げ句ヴァルに話す。その後、彼らは車を盗み出し、3人目の仲間ハーシュ(アラン・アーキン)を誘ったが……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
家で酒飲むのを止めてから、自宅での映画鑑賞が加速しています。ブログにアップするまでもなく駄作にも当たりますが、だからこそ良い作品が映えますなー。

引退した元ギャングの3人が昔のようにひと暴れする、よく在るストーリーで映画としては今ひとつ盛り上がりや緊迫感に欠けますが、サントラが60~70年代のソウルやR&Bやブルースでなかなか楽しめました。ノッケはあのベイビー・ヒューイだったりします(笑)

<サントラ収録曲>

  1. Hard Times - Baby Huey and The Babysitters
    2. Old Habits Die Hard - Jon Bon Jovi
    3. Bright Lights - Gary Clark Jr
    4. Not Running Anymore - Jon Bon Jovi
    5. Get Down With It - Wayne Cochran & CC Riders
    6. How Long - Charles Bradley featuring Menahan Street Band
    7. Fooled Around and Fell In Love - Elvin Bishop
    8. Stand Up Guys - Lyle Workman
    9. Give It Back - Sharon Jones & the Dap-Kings
    10. Hoochie Coochie Man - Muddy Waters
    11. When Something Is Wrong With My Baby - Sam and Dave
    12. I Was Painting You - Lyle Workman
    13. Love From Above - Leroy Reynolds
    14. Sock It To ‘Em JB (Pt. 1) - Rex Garvin and The Mighty Cravers
    15. Chew Gum Or Kick Ass - Lyle Workman


f0197703_10435949.jpg
そして、この映画の肝は、アル・パチーノでもなくクリストファー・ウォーケンでもなく、この娘=アディソン・ティムリンに尽きる。フィラデルフィア生まれの26歳。クリストファー・ウォーケンの実は孫娘だったという設定でダイナーのウェイトレス役。めちゃくちゃチャーミング!!!

f0197703_10472381.gif
アゲイン

f0197703_10480055.jpg
アゲイン

f0197703_10485574.jpg
アゲイン!



by rrmat288 | 2018-02-04 10:37 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

ジオストーム

f0197703_19315491.jpg
公開中映画
<あらすじ>
天候を意のままにできる宇宙ステーションが開発された近未来、地球は未曾有の自然災害に襲われることがなくなる。ところが運用開始から2年後、宇宙ステーションがウイルス感染して暴走し各地で異常気象を引き起こしてしまう。巨大災害が同時多発的に起きる地球壊滅災害“ジオストーム”の発生を防ぐため、宇宙ステーションの開発者ジェイク(ジェラルド・バトラー)と彼の弟マックス(ジム・スタージェス)が立ち上がる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宇宙ものの映画、あまり見ませんが普通に楽しめました。劇場ならではのスクリーンで観ることができて良かったです。

f0197703_19334029.jpg
ベテラン俳優であるエド・ハリスやアンディ・ガルシアが出演。アンディ・ガルシアにいたっては、アメリカ大統領役!昔はマフィア役だったのに(笑)ジム・スターシェス、この人はあの名作「鑑定士と顔のない依頼人」に出てたなー。




by rrmat288 | 2018-02-03 06:31 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

フレンチ・ラン

f0197703_15035880.jpg
2016年ドイツ映画
<あらすじ>
革命記念日前夜のパリ市街で爆弾テロが発生し、捜査を担当することになったCIAのはみ出し者、ブライアー(イドリス・エルバ)は容疑者に浮上したスリの若者マイケル(リチャード・マッデン)を逮捕する。彼が無実であることを確信したブライアーはスリの腕前を買い、無実を証明するため捜査協力を持ち掛け、マイケルも承諾する。タッグを組んだ彼らは新たなテロを阻止すべく、真犯人を追うが……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ラン」と銘打つほど走っていなくて、2人が走りまくるのは冒頭部分だけかな。(笑)スパイや内偵物のアクションを見慣れた人なら、在り来たりな展開と感じるかもしれませんが、なかなか見応えありました。勧善懲悪で安心です。




by rrmat288 | 2018-01-31 06:54 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

ヒート

f0197703_14524147.jpg
1995年アメリカ映画
<あらすじ>
犯罪のプロフェッショナル、ニール・マッコーリーは、クリス、チェリト等と現金輸送車を襲い有価証券を奪う。捜査にあたるロス市警のヴィンセント・ハナは、少ない手掛かりから次第にマッコーリー達へ近づいていく。マッコーリーは本屋の店員イーディと出逢い、次の銀行強盗を最後に堅気の暮らしに入ろうと決意していた。やがて決行の時、タレ込みを受け現場に駆けつけたハナ達と、マッコーリー一味は、壮絶な銃撃戦を繰り広げるのだった……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1995年作でリアルタイムで観た記憶があるので、実に20年ぶりに鑑賞。デ・ニーロもパチーノも脂が乗り切った中年男という感じで、どっちが悪党か解らなくなる時があります。ロサンゼルス市街地でのド派手な銃撃戦が中盤の肝に据えられていて、そこから更に二転三転するので、3時間近い作品ながら全く飽きません。名優による名作は年月が経っても衰えませんなあ~。




by rrmat288 | 2018-01-24 06:52 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)