人気ブログランキング |

カテゴリ:映画・DVD鑑賞/読書( 493 )

f0197703_19434031.jpg
2018年韓国映画
<あらすじ>
14年前、同級生たちが女子高校生をレイプして動画をインターネットに流すという事件が起こった。人を人とも思わず、人形のように扱う残忍な行為から“マリオネット事件”と呼ばれ、多くの人の脳裏に焼き付く。その影響で、犯人逮捕後も被害者のミナが平穏な人生を送るのは難しく、彼女はソリンと名前を変えていた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実話ベースというこれは、かなり胸くそ悪い映画だろうなーーと思い思い観ましたが、、、その通りでした。この手の映画は韓国の得意とするところなのかな。まあ酷い事件だー。



by rrmat288 | 2019-05-22 06:42 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

それだけが、僕の世界

f0197703_17094204.jpg
2018年韓国映画
<あらすじ>
ボクサーとしてかつてはアジアチャンピオンにまで上り詰めたが、40歳を過ぎたいまは落ちぶれ、その日暮らしをしているジョハ。幼い頃から両親と離れ、孤独の中で拳を頼りに生きてきたジョハだったが、ある日、17年ぶりに別れた母と再会。サバン症候群の弟ジンテの存在を初めて知る。天才的なピアノの腕を持つジンテがコンテストに出られるよう、面倒を見てやってほしいと母から頼まれたジョハは、弟の面倒を見始めるのだが……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ベタなストーリーでしたが、良い映画でした。弟役の俳優さん良いし、イ・ビョンホンはやっぱり名優だなーと思います。



by rrmat288 | 2019-05-19 07:08 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

f0197703_15055326.jpg
空前の糖質制限ブームの最中、本質を誤解している輩があまりにも多いと嘆く糖尿病専門医による著書です。
この本は糖質制限を否定している内容ではありません。

周囲を見渡しても、自己流で出鱈目な糖質制限食を実行している人が多い。余計な世話なので言いませんが、基準となる本を何冊か読むなりして勉強してから開始していない為だと思われます。

この本では、

①血糖値を下げることは糖尿病治療の全てではなくほんの1部に過ぎないこと
②血糖値が上がることを気に病む必要はない。合併症に気を配ること
③糖尿の器質がある人は「尿アルブミン」検査を真っ先に受けること
④糖尿病で一番怖いのは、血糖値でも合併症でもなく、その先にある癌・心筋梗塞・脳卒中であること

④の予防のために、糖尿病の人はもちろん予備軍の人、そうでない人もぜひ胸部と腹部のCT、脳のMRI、胃カメラを最低1年に1回は受けることを強調されています。(会社の健診や人間ドックでは早期発見は無理がある)

一度、糖尿業の烙印を押された人は、その先に待ち構えている腎症や癌・脳卒中・心筋梗塞にならないような検査が必要ということ。

また、普段糖質過多の生活をしている人は、尿アルブミン値と食後2時間(空腹時でなく)の血糖値を測定することが重要かと思います。糖尿病は全く自覚症状がなく、ある一定のところから劇的に進行するから本当に恐ろしいです。

f0197703_15322034.jpg
本書より。説明するまでもなく、喫煙は当然血圧も上げるし、血糖値も上げます。喫煙も糖尿も血管をボロボロのホースのようにする、とイメージしたほうが良い。


by rrmat288 | 2019-05-18 06:04 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

タリ―と私の秘密の時間

f0197703_12122634.jpg
2018年アメリカ映画
<あらすじ>

マーロ(シャーリーズ・セロン)は大きなお腹を抱え、娘サラ(リア・フランクランド)と息子ジョナ(アッシャー・マイルズ・フォーリカ)の世話に追われていた。聞き分けのいいサラと違い、落ち着きがないジョナのおかげでマーロは何度も小学校から呼び出される。夫ドリュー(ロン・リヴィングストン)は優しいが、家のことはマーロ一人に任されていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これはしみじみ良い映画でした。増量してのシャーリーズ・セロンの演技、素晴らしいし、ミステリアスなベビーシッター役の女優も良かった。ネタバレになるので、あまり詳しく書けませんが、中盤に種明かしを匂わせる曲が挿入されていたり、、、もう1回見直したくなる、、そんな映画です。

f0197703_12154716.jpg
このベビーシッターの正体が実は、、、???

f0197703_12162144.jpg
この夫、最後に調子良すぎないか??笑


そしてタリ―の名言

私を頼って。人生の全てをケアするわ。」

夢を叶えたでしょ? あなたも結婚も家も、ありきたりなのが最高なのよ。それこそ大きな夢よ。




by rrmat288 | 2019-05-15 05:11 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

f0197703_19393243.jpg
2017年イギリス・中国映画
<あらすじ>
クァン・ノク・ミン(ジャッキー・チェン)は、特殊部隊に所属していた過去を封印し、ロンドンでレストランを経営していた。高校生になる娘の成長を見守っていたが、彼女は無差別テロによって命を落としてしまう。憤怒に駆られた彼は、特殊部隊時代に培ったスキルを駆使して犯人を捜し出し、リベンジしようと決意する。調査を進めていくと、北アイルランドの副首相リーアム・ヘネシー(ピアース・ブロスナン)の存在が浮かび上がる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メルパで上映中です。ジャッキー・チェンが笑顔を封印。ニコリともしません。娘を失って憂いをたたえた表情がなんとも言えない。アクションは迫力あり。ラストシーンもなかなか良いです。爆破シーンとかどうやって撮影すんの??って不思議です。おススメ映画で劇場鑑賞がベストです。



by rrmat288 | 2019-05-08 12:36 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

ファイティン!

f0197703_12001240.jpg
2018年韓国映画
<あらすじ>
生まれて間もなく韓国からアメリカに養子に出された男(マ・ドンソク)は、かつてアームレスリングでトップになることを志していた。孤独な彼はクラブの用心棒として働いていたが、スポーツマネージャー(クォン・ユル)の甘い言葉に乗せられ、再度アームレスリングに挑戦することを決意して韓国に戻り、実の母親を訪ねる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

予定調和が予想できる映画でしたが、最後の主人公の母へのメッセージには泣かされました。
「新感染」で一気に株を上げて乗りに乗っているマ・ドンソクがマッチョでタフな腕相撲を演じる主人公で、そこへ金目当てで絡む若者と八百長で纏わるチンピラ達。。。よくあるパターンで、「パーフェクトボウル」にも似たストーリー。


f0197703_12061883.jpg
めちゃくちゃマッチョなマ・ドンソク





by rrmat288 | 2019-05-08 06:59 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

モンスター

f0197703_18150689.jpg
2003年アメリカ映画
<あらすじ>
娼婦のアイリーン(シャーリーズ・セロン)は、バーで同性愛者のセルビー(クリスティーナ・リッチ)と出会う。セルビーは彼女のことが好きになり、やがて彼女たちは愛し合うようになる。二人で一夜を過ごす為のホテル代を稼ぐ為にアイリーンは客をとるが、客から暴行を受けたことで、逆に殺してしまう。その後、二人の生活のためにアイリーンは合法的な収入源を得ようとするが、彼女の気性のせいもあり、そのうえ、職業訓練を受けておらず世間的な常識もない彼女が職に就くのは難しいことだった。金銭的に窮し、社会に受け入れられないことに絶望した彼女は売春に戻ることにするが、そこでまた衝動的に殺人を犯してしまうのであった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実在した娼婦で連続殺人犯、アイリーン・ウォーノスの生涯を描いた映画。10キロ以上の増量に眉毛を全部抜くという、シャーリーズ・セロンが役者魂を炸裂させた作品です。
2人で絶望的な旅を続けるのですが、もう見ていて痛々しかったです。育ってきた境遇ゆえに人格障害で倒錯した人物であるのですが、セルビーのために堅気の仕事に就こうと努力するシーンがこれまた痛々しい。シャーリーズ・セロン、ほんとうに凄過ぎです。



by rrmat288 | 2019-05-04 07:14 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

f0197703_19485921.jpg
2018年中国映画
<あらすじ>
中東の某国で内戦が起こり、現地にいる中国人は中国海軍の救出作戦によって続々と出国していた。ところが、大使館や一部地域に取り残されてしまった人々がいた。蛟竜突撃隊の精鋭たちが、激しい戦闘を繰り返しながら着実に人々を助け出していくが、1人の女性がテロリストたちにさらわれてしまう。精鋭たちは、彼女を奪還するためにテロリストが支配する地域に向かう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最初から最後まで息つく暇も無いくらいのド迫力アクションの連続で、戦地はかなりリアルに描かれています。けっこうグロいシーンも時折ありますが、見応えのある戦争物でした。娯楽映画としておススメします。




by rrmat288 | 2019-05-01 06:48 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

f0197703_16513756.png
2018年アメリカ映画
<あらすじ>

アメリカ合衆国カンザスの商業施設で自爆テロが起こり、大勢の民間人が犠牲となる。アメリカ合衆国国土安全保障省は、テロ実行犯らがメキシコ麻薬カルテルの助けを得てアメリカに不法入国したという仮説を立て、CIAのマット・グレイヴァ―にカルテル殲滅を依頼する。グレイヴァーは、カルテルに家族を殺害されたコロンビアの元検察官、アレハンドロ・ギリックをリクルートし、あらゆる策を使ってカルテル殲滅のための作戦を展開する。

カルテル同士の抗争を誘発するため、アレハンドロはあるカルテルのリーダーの娘イザベルを拉致し、敵対する別のカルテルの仕業であるかのように犯行を偽装する。テキサスでイザベルの救出劇を偽装した後、マット、アレハンドロと隊員達は彼女をメキシコに連れ帰るが、その途中メキシコ連邦警察から奇襲攻撃を受け、銃撃戦が起こる。マット達は連邦警察の警察官等を全員射殺する。この騒動の中、イザベルは車両から抜け出し脇道に隠れる。アレハンドロはイザベルを探すため単身でグループを離れる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岡山での劇場公開は無かったので、DVD化を待っていた映画。
ボーダーラインの続編ということですが、テーマが違うのでどちらから鑑賞しても問題ないかと思われます。冒頭の自爆テロのシーンなどかなり迫力があります。そして2大主演のベニチオ・デル・トロ及び、ジョシュ・ブローリンがタフで渋すぎる。不穏な空気を感じさせるBGMもなかなか良いです。
そして、完全に続編をにおわせるラストシーン。。。。


f0197703_16554073.jpg
銃撃戦なかなかです


f0197703_16560102.jpg
ベニチオ・デル・トロのグラサン姿は渋過ぎる、、、




by rrmat288 | 2019-04-28 06:50 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

判決、ふたつの希望

f0197703_18002517.jpg
2017年レバノン映画
<あらすじ>
レバノンの首都ベイルート。パレスチナ人のヤーセル・サラーメ(カメル・エル・バシャ)とキリスト教徒のレバノン人トニー・ハンナ(アデル・カラム)が、アパートの水漏れをめぐって口論を始める。さらに、ある侮辱的な言動が裁判に発展。これをメディアが大々的に報じたことから政治問題となり、さらには国中を揺るがす騒乱が巻き起こる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

法廷物映画。
なかなか面白いし、役者陣が良い。対立する弁護士が親子という点も面白い。レバノンの歴史や国の情勢を理解した上で鑑賞すると尚良いかと思います。




by rrmat288 | 2019-04-24 06:59 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)