人気ブログランキング |

カテゴリ:自然・滝( 88 )

蒜山~大山ドライブ

f0197703_10162113.jpg
先日の蒜山Nadjaからのドライブ。蒜山ジャージーランド。

f0197703_10174501.jpg


f0197703_10181092.jpg
ヒマワリも近くで見たら萎れてましたが、壮観です。

f0197703_10192637.jpg

f0197703_10195125.jpg


f0197703_10201988.jpg


f0197703_10210363.jpg
虹が出ておりましたので1枚。

f0197703_10215078.jpg
蒜山~大山スカイラインに入って、鬼女台展望所

f0197703_10225907.jpg
大山はこの角度からは雲を纏ってましたなーー

f0197703_10233702.jpg


f0197703_10241914.jpg


f0197703_10243770.jpg


f0197703_10252595.jpg
鍵掛峠。ここも雲がかかってましたなーー

f0197703_10292584.jpg


f0197703_10295344.jpg
のろし台のところまで。めちゃ良いとこですなあーー

f0197703_10365523.jpg

f0197703_10372709.jpg
360度パノラマ!

f0197703_10380429.jpg


f0197703_10382148.jpg

f0197703_10385701.jpg


f0197703_10392315.jpg
彼方は日本海です。


f0197703_11041167.jpg


f0197703_11044328.jpg


f0197703_11050954.jpg


f0197703_11053111.jpg


f0197703_11055244.jpg


f0197703_11061532.jpg
願いを込めて、、、


f0197703_11065651.jpg


f0197703_11072647.jpg
溝口インターから乗って帰岡。



by rrmat288 | 2019-08-19 06:14 | 自然・滝 | Comments(2)

f0197703_18583677.jpg
今年も川遊びに穴吹川に行ってきました。岡山を6時に出て8時半頃に到着。既に沢山の人で賑わっております。

f0197703_18595330.jpg
泳いで運動するので、糖質開放でブルーベリーアイス。果肉が沢山入ってて旨しーー

f0197703_19041457.jpg

f0197703_19043609.jpg
ワンコにも出会えましたねーー

f0197703_19050490.jpg

f0197703_19054112.jpg
けっこう流れがあって、流れに身を任せて水中メガネで泳ぐと沢山の魚が見れます。

f0197703_19064655.jpg


f0197703_19072331.jpg


f0197703_19083194.jpg
こんな感じで水の中で寝転がったら、めちゃくちゃ気持ちがええです。せせらぎが最高のBGM!!

f0197703_19095956.jpg
また来年も梅雨明けに来たいと思います。とても良い場所です。



by rrmat288 | 2019-08-09 19:10 | 自然・滝 | Comments(0)

f0197703_17581442.jpg
女木島を後にして男木島へ。所要時間は15分。

f0197703_17592346.jpg
チワワ2頭にも会いました。

f0197703_18000171.jpg
ほどなく到着

f0197703_18003006.jpg
フェリーから降りたとこに男木島交流館

f0197703_18011591.jpg
うろこ状に広がる住宅地。男木島は平地が少ない。

f0197703_18032971.jpg

f0197703_18035658.jpg
地元の方がTシャツなどを売っておられたところ。

f0197703_18045646.jpg


f0197703_18131685.jpg
豊玉姫神社を目指して歩く

f0197703_18140583.jpg
これが瀬戸芸、路地壁面プロジェクト


f0197703_18160531.jpg
そしてやっぱりネコが居る

f0197703_18164672.jpg


f0197703_18172097.jpg
着いた!まだ上がるんかー

f0197703_18181792.jpg


f0197703_18184111.jpg

f0197703_18191178.jpg
参拝完了

f0197703_18200358.jpg

f0197703_18202820.jpg

f0197703_18205717.jpg


f0197703_18212784.jpg


f0197703_18215059.jpg


f0197703_18221911.jpg


f0197703_18231638.jpg


f0197703_18242590.jpg


f0197703_18244923.jpg


f0197703_18425095.jpg


f0197703_18444122.jpg


f0197703_18445799.jpg
ダモンテ商会

f0197703_18452404.jpg
船で会ったワンコに再会

f0197703_18481382.jpg
古民家をDIYでリノベーションしたというカフェです。

f0197703_18485593.jpg


f0197703_18492564.jpg
中2階からの眺め

f0197703_18500690.jpg
クラフトビールをいただきました。

f0197703_18511782.jpg
神井戸(しんど)
豊玉姫と山幸彦が出会った場所と言われる井戸。

f0197703_18541012.jpg

f0197703_18544155.jpg
15時の船で高松へ戻りました

f0197703_18553803.jpg
マリンライナーの車窓から、、、

by rrmat288 | 2019-07-17 06:56 | 自然・滝 | Comments(0)

f0197703_17173581.jpg
大洞窟の展望台から自転車でずずず~~と下る。風が気持ち良い!

f0197703_17191936.jpg
道端にカメが。かなり無防備でした。

f0197703_17200036.jpg


f0197703_17202513.jpg
これが俵石。落ちてこんのかなー。

f0197703_17210465.jpg
でかいです。

f0197703_17215666.jpg


f0197703_17222582.jpg


f0197703_17224505.jpg
UMIYADO鬼旬

f0197703_17233434.jpg
ひとまず生ビール

f0197703_17241059.jpg
かき氷の蜜を求めてバッタがよーけ来ます。

f0197703_17250169.jpg

f0197703_17253862.jpg
フェリーからも見えるこの石像。

f0197703_17261708.jpg
下にも小さいのが居ます。

f0197703_17282263.jpg


f0197703_17283621.jpg


f0197703_17285321.jpg


f0197703_17292093.jpg


f0197703_17295649.jpg
10時台の男木島行きの船が出ていきました。次の便は12時20分。

f0197703_17313573.jpg
あと2時間あるので、まあゆっくりしますか。

f0197703_17322194.jpg


f0197703_17324610.jpg


f0197703_17331584.jpg
海水浴場のほうへ戻りますと、10時の船で来られた海水浴目当ての方が沢山。

f0197703_17343060.jpg
女木島ゲストハウス&カフェ Magino

f0197703_17360092.jpg
海を臨みながらええですなあー

f0197703_17363229.jpg


f0197703_17370171.jpg


f0197703_17372948.jpg

f0197703_17375526.jpg
上海風焼きそば。なかなか美味しい。

f0197703_17382701.jpg
ジェノベーゼピザ。イワシが入ってて美味しい。

f0197703_17391427.jpg
ニャンコがおこぼれ狙ってますね。

f0197703_17395307.jpg
「オーテ」と呼ばれる石垣。冬の季節風から家屋を守るため。

f0197703_17422066.jpg

f0197703_17424833.jpg

f0197703_17435043.jpg
この建物も瀬戸芸の作品の1つでしょう。

f0197703_17451962.jpg
「20世紀の回想」という作品だそうです。

f0197703_17463410.jpg

f0197703_17470143.jpg
12時20分。男木島に行くフェリーに乗り込みます。 つづく、、、

by rrmat288 | 2019-07-16 17:47 | 自然・滝 | Comments(0)

f0197703_19260025.jpg
AM6時37分のマリンライナーにて高松まで、、、

f0197703_19264146.jpg


f0197703_19270814.jpg
8時のフェリーでまずは女木島を目指す。8時を逃すと次は10時になる。

f0197703_19275382.jpg
向かいは直島行きのフェリー

f0197703_19285271.jpg
約20分で女木島へ到着

f0197703_19292617.jpg
電動自転車は1,000円のレンタル料

f0197703_19302921.jpg
モアイ像を横目に大洞窟を目指す

f0197703_19310867.jpg


f0197703_19312895.jpg

f0197703_19320038.jpg
自転車で快適です。

f0197703_19324183.jpg
彼方は高松のポートタワー


f0197703_19332978.jpg

f0197703_19335462.jpg
もうひと踏ん張り

f0197703_19342216.jpg
到着。バスが先に着いておりました。

f0197703_19350683.jpg
なんか漂う昭和感でワクワクしますなー

f0197703_19355975.jpg


f0197703_19363711.jpg
前のこんもりした山は、日蓮山

f0197703_19371662.jpg


f0197703_19373880.jpg
こんな感じで腰を屈めながら入っていく

f0197703_19381106.jpg
洞窟内はヒンヤリしてとても涼しい

f0197703_19384808.jpg


f0197703_19391875.jpg


f0197703_19395495.jpg


f0197703_19402258.jpg


f0197703_19404924.jpg


f0197703_19413036.jpg
いろんな鬼が出現します

f0197703_19421060.jpg


f0197703_19425434.jpg
鬼の大将の部屋

f0197703_19431753.jpg
そして出口です。

f0197703_19434626.jpg


f0197703_19441013.jpg

f0197703_19443218.jpg
これが柱状節理というものだそうです。

f0197703_19450621.jpg


f0197703_19453215.jpg
ここから展望台まで歩く


f0197703_19460863.jpg
先ほどの洞窟の上に在ります

f0197703_19471776.jpg
到着。絶景!気持ちがええですなあー


f0197703_19474960.jpg


f0197703_19481299.jpg

f0197703_19484510.jpg


f0197703_19490397.jpg


f0197703_19494715.jpg
とりあえず今回写真が沢山なので第1部終わり、、、つづく、、、




by rrmat288 | 2019-07-13 19:55 | 自然・滝 | Comments(0)

小豆島紀行part②2019-6-16

f0197703_11324837.jpg
笠ケ瀧から移動して約15分。中山千枚田に到着。

f0197703_11370600.jpg
八日目の蝉で虫送りのシーンで使われた場所。(このシーンから物語が急展開するのですが、、、)

f0197703_11411257.jpg


f0197703_11414155.jpg
こちらで食事をと思いましたが、けっこう待ち時間が発生していたので見送る。


f0197703_11423388.jpg
バス停近くです。

f0197703_11432779.jpg
千枚田を後にして、西の瀧龍水寺へ向かう。山頂に見えるのは、小豆島大観音。

f0197703_11471726.jpg
千枚田から約25分くらいかけて、けっこうな険道を通り西の瀧龍水寺へ到着。

f0197703_11483112.jpg
良い眺めだ~~

f0197703_11491479.jpg
ここはNHKドラマ版の八日目の蝉でロケに使われたようですが、そっちは個人的に未試聴なのでした。


f0197703_11504125.jpg


f0197703_11512145.jpg
さらに奥へ

f0197703_11520053.jpg


f0197703_11524353.jpg


f0197703_11531219.jpg
ここは護摩を焚く場所だそうです。


f0197703_11552771.jpg


f0197703_11554739.jpg
中ほどに見えるのが、有名なエンジェルロードです。

f0197703_11564708.jpg
女性の方が居らして案内していただきました。

f0197703_12042083.jpg
こちらは撮影はOKです。

f0197703_12050136.jpg
このお堂は洞窟に囲まれていて、中で水が汲めるみたいです。

f0197703_12054544.jpg
おお~ヒンヤリして神聖な空間ですなー

f0197703_12063368.jpg
湧き水を飲んで汲んで帰りました。

f0197703_12070831.jpg


f0197703_12073551.jpg


f0197703_12080135.jpg


f0197703_12083437.jpg


f0197703_12091016.jpg


f0197703_12094742.jpg
これまた絶景です。

f0197703_12103181.jpg


f0197703_12121787.jpg
西の瀧から20分ほど、「タコのまくら」という古民家改装カフェ


f0197703_12193830.jpg
天井が高く、中央に薪ストーブが在ります。

f0197703_12205503.jpg

f0197703_12214013.jpg
縁側からの眺め。田舎の婆ちゃんの家にでも来た感じよね。


f0197703_12224287.jpg

f0197703_12233152.jpg
こりゃかなりヘルシーなプレートランチ

f0197703_12235962.jpg

f0197703_12243166.jpg
味噌汁も白米も美味しかったです。


f0197703_12260651.jpg
昼食を終えて、次は洞雲山へ。これまた絶景。

f0197703_12290347.jpg

f0197703_12293831.jpg
けっこう山道歩きました。

f0197703_12302200.jpg
到着。何か上には人が大勢いる雰囲気です。上がってみましょう。

f0197703_12311752.jpg
大木が在り、とても神聖な雰囲気に包まれております。

f0197703_12322545.jpg

f0197703_12331648.jpg
夏至を挟んだ50日間のみ、岩肌に観音様が写し出されるという夏至観音が現れる間際でした。狙って行ったわけではないのに、何か誘われたようで不思議な感覚に陥りました!

f0197703_12382729.jpg
お遍路さんや一般の方やすごい人出でした。

f0197703_12395708.jpg
このような形で浮かび上がるそうです。


f0197703_12404138.jpg
自分の立ち位置と角度からはこれが限界でした(笑)

f0197703_12413059.jpg
そしてここも八日目の蝉のロケ地であります。

薫:ママ、何お祈りしたん?
希和子:薫と一緒におれますようにって。明日も明後日も、その次の日も。どうかどうか、一緒におれますようにって。
薫:一緒におるやん。薫が。
希和子:この島には神様がいっぱいおるんやて。ママと全部お参りしようか。いっぱいお祈りしようか。
薫:うん。

というシーンが撮影された場所。


台詞読むだけで切なくなるシーンですなー。


f0197703_12445970.jpg



f0197703_12462768.jpg
薫と希和子が祈りを捧げるシーンに使われた場所。


f0197703_12473230.jpg
洞窟です。


f0197703_12483126.jpg
洞雲山からまた歩いて、碁石山へ。


f0197703_12492324.jpg
絶景ですなー

f0197703_12495489.jpg
浪切不動明王像

f0197703_12523906.jpg


f0197703_12531310.jpg


f0197703_12534997.jpg
山を降りてマルキン醤油へ

f0197703_12542725.jpg
観光バスも停まる場所なんですなー。ということで、醤油アイス300円

f0197703_12552340.jpg
総仕上げにエンジェルロードです。

f0197703_12580248.jpg

f0197703_12582200.jpg


f0197703_12591277.jpg
沢山の人出で、昨今はどこでもそうですが、外国人多い。

f0197703_13002746.jpg


f0197703_13005031.jpg


f0197703_13011430.jpg


f0197703_13014782.jpg


f0197703_13021620.jpg

f0197703_13024639.jpg
17時30分土庄港発のフェリーで帰岡。1日では足りませんなーやっぱり。また次回の課題に!

by rrmat288 | 2019-06-26 13:03 | 自然・滝 | Comments(0)

小豆島紀行part①2019-6-16

f0197703_09524372.jpg
仲間らと小豆島へ。岡山駅①番乗場の岡電バスで7時33分発~新岡山港着8時5分。

新岡山港から小豆島行きフェリーは8時30分発。運賃往復で2,100円です。

f0197703_09563447.jpg
このベンチの場所は、、、、

f0197703_09573028.jpg
八日目の蝉のこのシーンなのですなーー

f0197703_09582848.jpg
船の旅はなんかワクワク感が止まりませんなー

f0197703_09591114.jpg
彼方は児島湾大橋

f0197703_09594614.jpg
船内のうどん。500円って高けーわ!笑

f0197703_10004277.jpg
にゅ~ん

f0197703_10013771.jpg
寝るのは勿体ないので外に出て風を浴びる

f0197703_10023345.jpg


f0197703_10025897.jpg
井上真央×小池栄子のフェリー上での会話シーンも確かあったと思います。

f0197703_10143562.jpg


f0197703_10150314.jpg
足湯は稼働してませんでした。

f0197703_10160142.jpg


f0197703_10162039.jpg


f0197703_10170285.jpg
彼方に見える平たい山は屋島ですなー

f0197703_10181294.jpg
約70分で土庄港に到着

f0197703_10185426.jpg


f0197703_10193014.jpg


f0197703_10200429.jpg


f0197703_10202395.jpg


f0197703_10205695.jpg

f0197703_10212467.jpg
こちらで地図などを入手

f0197703_10220622.jpg
小豆島といえばオリーブの木ですなー

f0197703_10225031.jpg


f0197703_10231625.jpg
エンジェルレンタカー(6時間6,400円ガソリン代込み)で軽4を借りて、最初に行ったのがここ。
ちなみに、レンタカ―は早めに予約しないとすぐ満車になります。

f0197703_10271645.jpg

f0197703_10273704.jpg
土庄町役場の真ん前に在ります。

f0197703_10283840.jpg
そして次の目的地は、宝生院の真栢。

f0197703_10292608.jpg


f0197703_10295683.jpg
先ほどの建物の右手にド~ンと君臨しております。

f0197703_10305455.jpg


f0197703_10315472.jpg
圧倒されますな~大先輩!!

f0197703_10324199.jpg
当たり前ですが、見る角度によって様々な表情です。

f0197703_10335329.jpg

f0197703_10343954.jpg


f0197703_10521977.jpg
次は奥の院笠ケ瀧寺へ。上の方に見えるのがそうです。真栢から約10分少々で到着。

f0197703_10543478.jpg
道中の道幅は狭いです

f0197703_10551079.jpg


f0197703_11012521.jpg
2時までだそうです。

f0197703_11022432.jpg


f0197703_11024956.jpg


f0197703_11030951.jpg


f0197703_11034076.jpg
ここを上がっていきます

f0197703_11041355.jpg


f0197703_11043958.jpg


f0197703_11051386.jpg


f0197703_11053510.jpg


f0197703_11060101.jpg
ごもっともです!

f0197703_11063231.jpg


f0197703_11073017.jpg
そしてもうワンステップあります。スリリングです。

f0197703_11081996.jpg


f0197703_11084346.jpg
ここまで上がって来るとピーンと張りつめた空気に変わったような感じがしました。

f0197703_11095749.jpg
曇ってますが素晴らしい景観でした。

f0197703_11103269.jpg

f0197703_11112607.jpg


f0197703_11114965.jpg

f0197703_11125719.jpg


f0197703_11150269.jpg
この洞窟の先からは撮影禁止になっています。

f0197703_11160324.jpg
上がって帰ってきたら少し晴れ間が、、、

f0197703_11165132.jpg
ニャンコも何匹か居ました。

f0197703_11173881.jpg
つづく。。。

by rrmat288 | 2019-06-26 11:17 | 自然・滝 | Comments(0)

f0197703_16465716.jpg
ここまでの道のりがなかなか遠いのですが、一度行ってみたかった鯉が窪湿原。

f0197703_16535463.jpg


f0197703_16542084.jpg


f0197703_16545453.jpg
でかいトンボ、久しぶりに見たなー。


f0197703_16553971.jpg
お~緑が眩しい

f0197703_16561666.jpg
池を取り囲むように遊歩道が整備されている。

f0197703_16571034.jpg


f0197703_16573662.jpg


f0197703_16582786.jpg


f0197703_16584089.jpg


f0197703_16590649.jpg
ほどなく歩くと池に到着します

f0197703_16594019.jpg


f0197703_17003584.jpg
エサを撒くと鯉が押し寄せて騒然となります

f0197703_17011240.jpg
これは道の駅鯉が窪のFBページから借りた写真ですが、このように頭にハート型の鯉も見つけました。

f0197703_17022952.jpg


f0197703_17025759.jpg
順路に沿って歩きます。池周囲をぐるり一周で1時間弱です。

f0197703_17040260.jpg


f0197703_17043072.jpg


f0197703_17045847.jpg


f0197703_17053011.jpg


f0197703_17055539.jpg
先ほどエサを置いていたところが彼方に見えます

f0197703_17082743.jpg


f0197703_17090372.jpg


f0197703_17094021.jpg
このような構図だといかにも湿原という感じ

f0197703_17103362.jpg


f0197703_17105926.jpg


f0197703_17112722.jpg


f0197703_17115157.jpg


f0197703_17122650.jpg


f0197703_17151946.jpg




f0197703_17160241.jpg


f0197703_17163326.jpg

f0197703_17170176.jpg


f0197703_17173209.jpg


f0197703_17180499.jpg


f0197703_17183568.jpg


f0197703_17190227.jpg


f0197703_17193634.jpg


f0197703_17202602.jpg


f0197703_17211631.jpg


f0197703_17220210.jpg


f0197703_17223263.jpg


f0197703_17230237.jpg


f0197703_17233237.jpg


f0197703_17235823.jpg


f0197703_17242638.jpg


f0197703_17244774.jpg


f0197703_17252597.jpg
個人的には植物の知識が皆無ですが、樹々の緑と風の音、虫と鳥の声だけで満たされましたー。生物多様性の恵みに感謝!!


f0197703_17264667.jpg
帰りに買った健康王国の酒のアテ

f0197703_17274368.jpg
絹掛の滝。運転で叶いませんが、ここらで水の音を聞きつつ、ビール飲んだら美味しいでしょうなあーー


by rrmat288 | 2019-06-17 06:44 | 自然・滝 | Comments(0)

f0197703_12485428.jpg
2018年春にリニューアルした新庄宿

f0197703_12503610.jpg
ツバメの巣がどこにあるのかと思いきや、、、

f0197703_12511916.jpg
暖簾の上に巣作りしてました。すげー!

f0197703_12515600.jpg
木の香りがして良い空間ですなあー

f0197703_12525427.jpg
食事処は10時30分~です。

f0197703_12534660.jpg
「桜だけじゃないぜ!!新庄村」という文句が良いね!!

f0197703_12543477.jpg


f0197703_12545095.jpg


f0197703_12553708.jpg
ほんま小まめなインフォメーションです

f0197703_12560764.jpg
これは何でしょうか、、、

f0197703_12562821.jpg
なるほど。ということで1,000円投入しました。

f0197703_12571826.jpg
おお!キチ!可もなく不可もなし!ちょうどええ。

f0197703_12575184.jpg
40%のバックはひめのもち でした。母にあげました。

f0197703_14414319.jpg
売店もキレイですなー

f0197703_14421528.jpg


f0197703_14425190.jpg
この日は歩くからえっか、ということでピザを食う

f0197703_14434266.jpg
ピザの小600円

f0197703_14441696.jpg
写真はミックス。チーズがふんだんに入っててなかなか良かったです。

f0197703_14451313.jpg
いよいよ森林セラピーへ。基地事務所なのか~~
こちらで参加費1,500円を支払い、森のガイドさんに先導していただいてここから更に5~6km山に入る。

f0197703_14465869.jpg
田浪キャンプ場へ到着。ここに車を停めてから森に入る
f0197703_15383342.jpg


f0197703_15384996.jpg
絶滅危惧の蝶、ウスイロヒョウモンモドキ。ガイドさんでも稀にしか見ないという。

f0197703_15415406.jpg
森の案内人のIさん。よろしくお願いします。

f0197703_15424820.jpg
この左側は大昔の墓地のようです。墓地といっても石を置いただけのようですが。

f0197703_15452206.jpg
セラピーロード、ゆりかごの小径は約2km。ゆっくりゆっくり歩いて約2時間の行程です。

f0197703_15462744.jpg
ここから先は特別保護地区で無断で入ることはできません。

f0197703_15472045.jpg

f0197703_15480732.jpg


f0197703_15483905.jpg
過去に、たたら製鉄所が在った場所でこのような重い石(鉄鉱石?)が地中に在ります。

f0197703_16000886.jpg
この石垣が製鉄所の跡地


f0197703_16004641.jpg

f0197703_16011312.jpg
高山植物もその都度説明があります。


f0197703_16020911.jpg


f0197703_16023660.jpg
枝が何層にも別れたフサザクラ

f0197703_16053463.jpg


f0197703_16060224.jpg


f0197703_16063081.jpg


f0197703_16065269.jpg


f0197703_16072747.jpg
これはヒノキ

f0197703_16074826.jpg
木の札の裏に、、、

f0197703_16081383.jpg
説明書きが在ります

f0197703_16092901.jpg
この辺りに在る三つ葉の植物はカブレるので触るな、という指示でした。

f0197703_16101371.jpg


f0197703_16105361.jpg

f0197703_16113825.jpg
ハンモックが置いてあるところに到着

f0197703_16121493.jpg
樹齢何百年という杉とそれに絡むツタ。ぶら下がっても大丈夫。


f0197703_16132696.jpg


f0197703_16135116.jpg
そしてこの白っぽい木肌がブナの木。

ブナは「森の母。緑のダム」とも呼ばれていて、ブナの保水力のお陰で豊富な水が脈々と旭川の源流として流れ、私達岡山県人は日々美味しい水をいただくことができます。只々、感謝。
木に聴診器を当てると木の中に流れる水の音を聴けるポイントがあるらしいのでやってみましたが、聴こえませんでした(笑)雨の後とかがよいのかな。

f0197703_16165586.jpg

f0197703_16183492.jpg
ハンモックに横たわりつつ、しばし休憩です。


f0197703_16192920.jpg


f0197703_16200907.jpg


f0197703_16203551.jpg
こちらが植樹された林

f0197703_16211303.jpg
こちらが原生林


f0197703_16224882.jpg
根が露出された杉の木。根の巨大さ、生命力に息をのみます。

f0197703_16235635.jpg


f0197703_16243459.jpg
根の間の穴は、蛇や野ネズミなどの住み家になるようです。

f0197703_16253217.jpg
この葉の上によく産まれたばかりのヘビの子が昼寝しているそうです。


f0197703_16275745.jpg
岩の上に木が生えている(驚)根は向こう側手に伸びていました。

f0197703_16292303.jpg
こんな感じ。凄まじいな~

f0197703_16300749.jpg
全然アップした感じしませんが、ここが山頂のようです。ここで半分手前。ここから下りです。

f0197703_16311073.jpg
このように樹々や葉が覆ってくれているので、とても涼しいです。

f0197703_16325420.jpg


f0197703_16350255.jpg
今にも倒木しそうな木。危険だけど、役所の許可が出ないと勝手に切り倒すことができないらしい。


f0197703_16365562.jpg
鳥の声、風の音、小川のせせらぎ。。。自然音のみです。

f0197703_16390790.jpg


f0197703_16402859.jpg


f0197703_16412152.jpg
森を抜けたら急に暑くなってまいりました。

f0197703_16420365.jpg
この可愛らしい花の名を聞いたのですが忘れてしまいました。昔はこの花が咲いたら田植えを始めていたとか。。。


f0197703_16434561.jpg


f0197703_16443034.jpg
「山びこが帰ってくるよ」と言われるので「ええ声~~!!!」と叫んだら、ガイドさんが笑っておられた(笑)


f0197703_16454239.jpg
左側が毛無山山頂

f0197703_16462533.jpg
道の駅に戻って昼飯。

新庄シシ麺(650円)。ヒメノモチ米の米粉を使用した麺に、猪のチャーシュー。チャーシューはちょい固めでしっかりした味でした。

f0197703_16490734.jpg
麺はもちっとボソっとした食感。この値段なら、まあ良しでしょうか。


f0197703_16545510.jpg
森林セラピーに参加するといただけるファイル

f0197703_16553908.jpg
このような可愛らしいイラストと共に、、、


f0197703_16563074.jpg
ちなみに、アン・サリーさんのこの書籍。自然愛に溢れており、森へ出かけたくなります。お勧め。

by rrmat288 | 2019-05-28 16:50 | 自然・滝 | Comments(2)

f0197703_17424051.jpg
5月4日(土)の記録。同級生と二人で三朝の投げ入れ堂へ。新緑がまぶしい。

f0197703_17433699.jpg


f0197703_17440398.jpg

f0197703_17444294.jpg
こちらで拝観料400円と恒例の靴底のチェック。

f0197703_17453355.jpg
では出発


f0197703_17460884.jpg


f0197703_17465207.jpg


f0197703_17471712.jpg


f0197703_17474152.jpg


f0197703_17480479.jpg
安全を祈願。

f0197703_17484297.jpg


f0197703_17485908.jpg
ここで400円支払い、ぞうりに履き替える人は購入する。観光客が多いのか、けっこう草履の人多かった。

f0197703_17500463.jpg


f0197703_17503770.jpg
よっしゃ!ではスタート。この時点での時刻は9時15分くらいかな。

f0197703_17513189.jpg


f0197703_17515266.jpg


f0197703_17521715.jpg


f0197703_17523923.jpg


f0197703_17530677.jpg


f0197703_17531947.jpg
登り始めてからすぐ、けっこう前が詰んでいます。
休み休み登って、結果的に楽ちんで登れました。

f0197703_17541942.jpg


f0197703_17544716.jpg


f0197703_17551050.jpg


f0197703_17553713.jpg
下ってくる人と離合し辛く、けっこう待ったりする。

f0197703_17571717.jpg
クサリ坂のところでまた停滞しておりました。

f0197703_17575524.jpg
ここは冒険心をくすぐります。

f0197703_17582334.jpg


f0197703_17584267.jpg


f0197703_17594791.jpg
クサリ坂あがったら文殊堂。ここまで来たらもう半分上がった感じ

f0197703_18002783.jpg
ここでの風の心地よさはいつも最高です。

f0197703_18010430.jpg


f0197703_18013643.jpg


f0197703_18015884.jpg


f0197703_18023239.jpg


f0197703_18024863.jpg


f0197703_18031402.jpg
再出発

f0197703_18034706.jpg


f0197703_18143716.jpg


f0197703_18151508.jpg
鐘を鳴らす箇所でまた停滞

f0197703_18160356.jpg
ここも際どい箇所ですが、もう3回目なので楽勝!

f0197703_18165807.jpg
あと一息というところでまた停滞。ここが一番長かったかな。

f0197703_18204694.jpg


f0197703_18210514.jpg


f0197703_18212732.jpg
山水がひたひたと垂れておりました。

f0197703_18230226.jpg
ようやく到着~!おおおーーー!!!いつ見ても神々しいですなーー

f0197703_18235095.jpg


f0197703_18240629.jpg


f0197703_18242876.jpg
下りはまたスリリングです。

f0197703_18250138.jpg


f0197703_18252610.jpg


f0197703_18255614.jpg


f0197703_18262156.jpg
2時間と少しの旅でした。

f0197703_18265460.jpg

f0197703_18271817.jpg


f0197703_18274579.jpg


f0197703_18280522.jpg

f0197703_18282152.jpg


f0197703_18283933.jpg


f0197703_18290243.jpg
軒先でいただいた地ビールは格別でした。

f0197703_18293379.jpg


f0197703_18295555.jpg
秋田犬に会いました!嬉しい!!

f0197703_18302706.jpg
スマートじゃなーー

by rrmat288 | 2019-05-14 18:30 | 自然・滝 | Comments(0)