人気ブログランキング |

2019年 06月 26日 ( 3 )

小豆島紀行part②2019-6-16

f0197703_11324837.jpg
笠ケ瀧から移動して約15分。中山千枚田に到着。

f0197703_11370600.jpg
八日目の蝉で虫送りのシーンで使われた場所。(このシーンから物語が急展開するのですが、、、)

f0197703_11411257.jpg


f0197703_11414155.jpg
こちらで食事をと思いましたが、けっこう待ち時間が発生していたので見送る。


f0197703_11423388.jpg
バス停近くです。

f0197703_11432779.jpg
千枚田を後にして、西の瀧龍水寺へ向かう。山頂に見えるのは、小豆島大観音。

f0197703_11471726.jpg
千枚田から約25分くらいかけて、けっこうな険道を通り西の瀧龍水寺へ到着。

f0197703_11483112.jpg
良い眺めだ~~

f0197703_11491479.jpg
ここはNHKドラマ版の八日目の蝉でロケに使われたようですが、そっちは個人的に未試聴なのでした。


f0197703_11504125.jpg


f0197703_11512145.jpg
さらに奥へ

f0197703_11520053.jpg


f0197703_11524353.jpg


f0197703_11531219.jpg
ここは護摩を焚く場所だそうです。


f0197703_11552771.jpg


f0197703_11554739.jpg
中ほどに見えるのが、有名なエンジェルロードです。

f0197703_11564708.jpg
女性の方が居らして案内していただきました。

f0197703_12042083.jpg
こちらは撮影はOKです。

f0197703_12050136.jpg
このお堂は洞窟に囲まれていて、中で水が汲めるみたいです。

f0197703_12054544.jpg
おお~ヒンヤリして神聖な空間ですなー

f0197703_12063368.jpg
湧き水を飲んで汲んで帰りました。

f0197703_12070831.jpg


f0197703_12073551.jpg


f0197703_12080135.jpg


f0197703_12083437.jpg


f0197703_12091016.jpg


f0197703_12094742.jpg
これまた絶景です。

f0197703_12103181.jpg


f0197703_12121787.jpg
西の瀧から20分ほど、「タコのまくら」という古民家改装カフェ


f0197703_12193830.jpg
天井が高く、中央に薪ストーブが在ります。

f0197703_12205503.jpg

f0197703_12214013.jpg
縁側からの眺め。田舎の婆ちゃんの家にでも来た感じよね。


f0197703_12224287.jpg

f0197703_12233152.jpg
こりゃかなりヘルシーなプレートランチ

f0197703_12235962.jpg

f0197703_12243166.jpg
味噌汁も白米も美味しかったです。


f0197703_12260651.jpg
昼食を終えて、次は洞雲山へ。これまた絶景。

f0197703_12290347.jpg

f0197703_12293831.jpg
けっこう山道歩きました。

f0197703_12302200.jpg
到着。何か上には人が大勢いる雰囲気です。上がってみましょう。

f0197703_12311752.jpg
大木が在り、とても神聖な雰囲気に包まれております。

f0197703_12322545.jpg

f0197703_12331648.jpg
夏至を挟んだ50日間のみ、岩肌に観音様が写し出されるという夏至観音が現れる間際でした。狙って行ったわけではないのに、何か誘われたようで不思議な感覚に陥りました!

f0197703_12382729.jpg
お遍路さんや一般の方やすごい人出でした。

f0197703_12395708.jpg
このような形で浮かび上がるそうです。


f0197703_12404138.jpg
自分の立ち位置と角度からはこれが限界でした(笑)

f0197703_12413059.jpg
そしてここも八日目の蝉のロケ地であります。

薫:ママ、何お祈りしたん?
希和子:薫と一緒におれますようにって。明日も明後日も、その次の日も。どうかどうか、一緒におれますようにって。
薫:一緒におるやん。薫が。
希和子:この島には神様がいっぱいおるんやて。ママと全部お参りしようか。いっぱいお祈りしようか。
薫:うん。

というシーンが撮影された場所。


台詞読むだけで切なくなるシーンですなー。


f0197703_12445970.jpg



f0197703_12462768.jpg
薫と希和子が祈りを捧げるシーンに使われた場所。


f0197703_12473230.jpg
洞窟です。


f0197703_12483126.jpg
洞雲山からまた歩いて、碁石山へ。


f0197703_12492324.jpg
絶景ですなー

f0197703_12495489.jpg
浪切不動明王像

f0197703_12523906.jpg


f0197703_12531310.jpg


f0197703_12534997.jpg
山を降りてマルキン醤油へ

f0197703_12542725.jpg
観光バスも停まる場所なんですなー。ということで、醤油アイス300円

f0197703_12552340.jpg
総仕上げにエンジェルロードです。

f0197703_12580248.jpg

f0197703_12582200.jpg


f0197703_12591277.jpg
沢山の人出で、昨今はどこでもそうですが、外国人多い。

f0197703_13002746.jpg


f0197703_13005031.jpg


f0197703_13011430.jpg


f0197703_13014782.jpg


f0197703_13021620.jpg

f0197703_13024639.jpg
17時30分土庄港発のフェリーで帰岡。1日では足りませんなーやっぱり。また次回の課題に!

by rrmat288 | 2019-06-26 13:03 | 自然・滝 | Comments(0)

小豆島紀行part①2019-6-16

f0197703_09524372.jpg
仲間らと小豆島へ。岡山駅①番乗場の岡電バスで7時33分発~新岡山港着8時5分。

新岡山港から小豆島行きフェリーは8時30分発。運賃往復で2,100円です。

f0197703_09563447.jpg
このベンチの場所は、、、、

f0197703_09573028.jpg
八日目の蝉のこのシーンなのですなーー

f0197703_09582848.jpg
船の旅はなんかワクワク感が止まりませんなー

f0197703_09591114.jpg
彼方は児島湾大橋

f0197703_09594614.jpg
船内のうどん。500円って高けーわ!笑

f0197703_10004277.jpg
にゅ~ん

f0197703_10013771.jpg
寝るのは勿体ないので外に出て風を浴びる

f0197703_10023345.jpg


f0197703_10025897.jpg
井上真央×小池栄子のフェリー上での会話シーンも確かあったと思います。

f0197703_10143562.jpg


f0197703_10150314.jpg
足湯は稼働してませんでした。

f0197703_10160142.jpg


f0197703_10162039.jpg


f0197703_10170285.jpg
彼方に見える平たい山は屋島ですなー

f0197703_10181294.jpg
約70分で土庄港に到着

f0197703_10185426.jpg


f0197703_10193014.jpg


f0197703_10200429.jpg


f0197703_10202395.jpg


f0197703_10205695.jpg

f0197703_10212467.jpg
こちらで地図などを入手

f0197703_10220622.jpg
小豆島といえばオリーブの木ですなー

f0197703_10225031.jpg


f0197703_10231625.jpg
エンジェルレンタカー(6時間6,400円ガソリン代込み)で軽4を借りて、最初に行ったのがここ。
ちなみに、レンタカ―は早めに予約しないとすぐ満車になります。

f0197703_10271645.jpg

f0197703_10273704.jpg
土庄町役場の真ん前に在ります。

f0197703_10283840.jpg
そして次の目的地は、宝生院の真栢。

f0197703_10292608.jpg


f0197703_10295683.jpg
先ほどの建物の右手にド~ンと君臨しております。

f0197703_10305455.jpg


f0197703_10315472.jpg
圧倒されますな~大先輩!!

f0197703_10324199.jpg
当たり前ですが、見る角度によって様々な表情です。

f0197703_10335329.jpg

f0197703_10343954.jpg


f0197703_10521977.jpg
次は奥の院笠ケ瀧寺へ。上の方に見えるのがそうです。真栢から約10分少々で到着。

f0197703_10543478.jpg
道中の道幅は狭いです

f0197703_10551079.jpg


f0197703_11012521.jpg
2時までだそうです。

f0197703_11022432.jpg


f0197703_11024956.jpg


f0197703_11030951.jpg


f0197703_11034076.jpg
ここを上がっていきます

f0197703_11041355.jpg


f0197703_11043958.jpg


f0197703_11051386.jpg


f0197703_11053510.jpg


f0197703_11060101.jpg
ごもっともです!

f0197703_11063231.jpg


f0197703_11073017.jpg
そしてもうワンステップあります。スリリングです。

f0197703_11081996.jpg


f0197703_11084346.jpg
ここまで上がって来るとピーンと張りつめた空気に変わったような感じがしました。

f0197703_11095749.jpg
曇ってますが素晴らしい景観でした。

f0197703_11103269.jpg

f0197703_11112607.jpg


f0197703_11114965.jpg

f0197703_11125719.jpg


f0197703_11150269.jpg
この洞窟の先からは撮影禁止になっています。

f0197703_11160324.jpg
上がって帰ってきたら少し晴れ間が、、、

f0197703_11165132.jpg
ニャンコも何匹か居ました。

f0197703_11173881.jpg
つづく。。。

by rrmat288 | 2019-06-26 11:17 | 自然・滝 | Comments(0)

特捜部Qカルテ番号64

f0197703_16194281.jpg
2018年デンマーク、ドイツ映画
<あらすじ>
「特捜部Q」――過去の未解決事件を専門に扱うコペンハーゲン警察の新部署である。「Q」が今回挑むのは、80年代に起こったナイトクラブのマダムの失踪事件。調査によるとほぼ同時に5人もの行方不明者が出ているという。カール警部補は大事件の匂いを嗅ぎつけ捜査に着手。やがて、壮絶な過去を持つひとりの老女と新進政党の関係者が捜査線上に浮かび上がってくるのだが……。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・シリーズ物のようですが、この作品から観ても違和感はありません。なかなか面白い犯罪捜査映画でした。バディ刑事ものとも言えるかな。地味な雰囲気がまた良い感じです。他の作品も観てみたいと思います。

by rrmat288 | 2019-06-26 07:17 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)