人気ブログランキング |

f0197703_12004846.jpg
これは某楽器屋で2万で買ったハーモニーのF45。

1945年にシアーズ・ローバック社にHarmony社がOEM供給したモデルで、同社のH1215と同等品。ボディ横幅は405mm。全体的には少し小振りなギターです。H1215は、1944年~1971年まで長きに渡って製造された。

f0197703_12081627.jpg
木材はバーチでオール単板。フレイム柄はフェイクです(笑)

f0197703_12090464.jpg
ヘッドロゴ。「H」の文字がびや~~んと伸びております(笑)

f0197703_12100636.jpg
オリジナルペグ(だと思います)

f0197703_12112524.jpg
ボディ厚はバインディングを含めて86mm

f0197703_12122909.jpg
Fホールから眺めた印字

f0197703_12132121.jpg
とある英語のサイトによると、戦時中で鉄の供給が少なかったため、木製のテールピースが代用された、とのことです。物作りにもいろいろな事情があるのだなあ~と感じました。

ちなみに、当時の販売価格は、、、、

1951 : $26.50
1956 : $32.00
1957 : $34.50
1958 : $34.50
1959 : $34.50
1962 : $36.00
1967 : $39.95
1969 : $42.50
1971 : $49.50
1972 : $51.50


ネックは三角でちょい太め。音色はチープで枯れております。これは経年のなせる技で新品・復刻ギターでは味わえません。

by rrmat288 | 2019-05-16 06:57 | ギターや楽器の話 | Comments(0)