2018年 02月 28日 ( 1 )

真実の行方

f0197703_11465364.jpg
1996年アメリカ映画
<あらすじ>
大司教惨殺事件で逮捕されたのは、彼の侍者のアーロンという青年だった。売名家と呼ばれている弁護士マーティンは、事件の話題性から無償での弁護を申し出た。あどけないアーロンの表情を使ったマーティンの作戦も、明らかにされていく宅地開発に絡む大司教への恨みや“悪魔払い”の名のもとにビデオに収められた醜聞も、元恋人の検事ジャネットによって次々と提出される物的証拠の前にはなす術が無かった。そんな時、アーロンの精神分析を担当したアーリントン女医がつかんだ事実とは……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

名作と呼ばれる法廷サスペンス。
何の予備知識も入れず鑑賞を進めたのですが、オチがわかってしまいました(笑)

f0197703_11515699.png
エドワード・ノートンのデビュー作になるらしい。






by rrmat288 | 2018-02-28 06:46 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)