2018年 02月 04日 ( 1 )

ミッドナイト・ガイズ

f0197703_10382794.jpg
2012年アメリカ映画 原題「STAND UP GUYS」

<あらすじ>
28年の刑期が終了したギャングのヴァル(アル・パチーノ)は、かつての仕事仲間ドク(クリストファー・ウォーケン)と久々の再開の喜びをかみ締めていた。一方、ドクは組織のボスから翌朝10時までにヴァルを殺害するよう命じられていることを、悩んだ揚げ句ヴァルに話す。その後、彼らは車を盗み出し、3人目の仲間ハーシュ(アラン・アーキン)を誘ったが……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
家で酒飲むのを止めてから、自宅での映画鑑賞が加速しています。ブログにアップするまでもなく駄作にも当たりますが、だからこそ良い作品が映えますなー。

引退した元ギャングの3人が昔のようにひと暴れする、よく在るストーリーで映画としては今ひとつ盛り上がりや緊迫感に欠けますが、サントラが60~70年代のソウルやR&Bやブルースでなかなか楽しめました。ノッケはあのベイビー・ヒューイだったりします(笑)

<サントラ収録曲>

  1. Hard Times - Baby Huey and The Babysitters
    2. Old Habits Die Hard - Jon Bon Jovi
    3. Bright Lights - Gary Clark Jr
    4. Not Running Anymore - Jon Bon Jovi
    5. Get Down With It - Wayne Cochran & CC Riders
    6. How Long - Charles Bradley featuring Menahan Street Band
    7. Fooled Around and Fell In Love - Elvin Bishop
    8. Stand Up Guys - Lyle Workman
    9. Give It Back - Sharon Jones & the Dap-Kings
    10. Hoochie Coochie Man - Muddy Waters
    11. When Something Is Wrong With My Baby - Sam and Dave
    12. I Was Painting You - Lyle Workman
    13. Love From Above - Leroy Reynolds
    14. Sock It To ‘Em JB (Pt. 1) - Rex Garvin and The Mighty Cravers
    15. Chew Gum Or Kick Ass - Lyle Workman


f0197703_10435949.jpg
そして、この映画の肝は、アル・パチーノでもなくクリストファー・ウォーケンでもなく、この娘=アディソン・ティムリンに尽きる。フィラデルフィア生まれの26歳。クリストファー・ウォーケンの実は孫娘だったという設定でダイナーのウェイトレス役。めちゃくちゃチャーミング!!!

f0197703_10472381.gif
アゲイン

f0197703_10480055.jpg
アゲイン

f0197703_10485574.jpg
アゲイン!



by rrmat288 | 2018-02-04 10:37 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)