2018年 01月 17日 ( 1 )

聖の青春

f0197703_12221243.jpg
2016年日本映画
<あらすじ>
幼少期から難病を患う村山聖は、入退院を繰り返す中で将棋と出会い、15歳で森信雄に師事する。10年後、名人になる夢をかなえるべく上京した聖(松山ケンイチ)は周囲に支えられながら将棋に全力を注ぎ、七段に昇段したころ、同世代で名人のタイトルを獲得した羽生善治に激しいライバル心を抱く。さらに将棋に没頭する聖だったが、がんが彼の体をむしばんでおり……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

稀代の将棋士、村山聖(さとし)のノンフィクションの映画化。この映画だけではとても本人の全体像は解らないけど垣間見ることはできる。極端な無頼者と思いきや、少女漫画オタクであったり、麻雀も嗜んだり、はたまた「女、抱いてみて~」と羽生名人に呟いたり、人間的な部分も見え隠れする。最終的に亡くなってしまうことは分かっているのですが、宮沢りえのあの超アカン映画のようにお涙頂戴的な部分は無く、淡々とした演出に好感が持てました。



by rrmat288 | 2018-01-17 06:21 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)