f0197703_11052762.jpg

オーダー物なのか、詳細判りませんG&LUSA)のASAT Special。ビグスビーアーム仕様。

ギター自体の重量は、4kgジャストでちょっと重め。

新品で25くらいするのか。実際にはその半額の半額以下で入手。


仕様は以下です。

2006年製

・ボディ:アルダー

・カラー:レッド・メタル・フレイク

・ブリッジ:ビグスビー・ヴィブラート

・ネック:メイプル/指板:ローズウッド

・フレット:ミディアム・ジャンボ

・ピックアップ:G&L MFD Jumboシングルコイル



f0197703_11060134.jpg
<G&L社>

Fenderの創始者であるレオ・フェンダーがFender社を退き、1972年に相棒のジョージ・フラートンと共に設立した工房。

GはジョージのGLはレオのL。今は2人ともこの世を去り、創設メンバーは居ないがカリフォルニア・フラートンでは今もギター・ベースを作り続けている。

また、レギュラーラインは、生産国によって3つのグレードに分かれている。

・アメリカ本土、カルフォルニアはフラートンで生産されるUSAシリーズ。

・日本のフジゲンがOEM生産するプレミアム・シリーズ。

・インドネシア(韓国コルト社の工場)でOEM生産される廉価グレードのトリビュート・シリーズ。

f0197703_11133216.jpg


f0197703_11134737.jpg

2006年製です。

f0197703_11245579.jpg
ジョイントプレートにも「G&L」

f0197703_11254114.jpg
G&L MFD Jumboシングルコイルピックアップ。P-90にも匹敵するキレのある音色がする。

f0197703_11264706.jpg
牛骨ナット&ミディアムジャンボフレット。この太めのフレットが「弾いている感」があって良いです。

f0197703_11280396.jpg
レッド・メタル・フレイクという赤ラメ柄のアルダー材ボディです。

f0197703_11290990.jpg
鑑定書と材質パーツの説明書みたいなのも付いてました。


こちら のサイトに工房の訪問記があって大変興味深いです。手作業の部分が多い、という点に感心しました。手にして弾いてみると、作りの良さが実感できるテレキャスターです。

by rrmat288 | 2018-01-16 06:14 | ギターや楽器の話 | Comments(0)