人気ブログランキング |

岡山県新庄村森林セラピー ゆりかごの森

f0197703_12485428.jpg
2018年春にリニューアルした新庄宿

f0197703_12503610.jpg
ツバメの巣がどこにあるのかと思いきや、、、

f0197703_12511916.jpg
暖簾の上に巣作りしてました。すげー!

f0197703_12515600.jpg
木の香りがして良い空間ですなあー

f0197703_12525427.jpg
食事処は10時30分~です。

f0197703_12534660.jpg
「桜だけじゃないぜ!!新庄村」という文句が良いね!!

f0197703_12543477.jpg


f0197703_12545095.jpg


f0197703_12553708.jpg
ほんま小まめなインフォメーションです

f0197703_12560764.jpg
これは何でしょうか、、、

f0197703_12562821.jpg
なるほど。ということで1,000円投入しました。

f0197703_12571826.jpg
おお!キチ!可もなく不可もなし!ちょうどええ。

f0197703_12575184.jpg
40%のバックはひめのもち でした。母にあげました。

f0197703_14414319.jpg
売店もキレイですなー

f0197703_14421528.jpg


f0197703_14425190.jpg
この日は歩くからえっか、ということでピザを食う

f0197703_14434266.jpg
ピザの小600円

f0197703_14441696.jpg
写真はミックス。チーズがふんだんに入っててなかなか良かったです。

f0197703_14451313.jpg
いよいよ森林セラピーへ。基地事務所なのか~~
こちらで参加費1,500円を支払い、森のガイドさんに先導していただいてここから更に5~6km山に入る。

f0197703_14465869.jpg
田浪キャンプ場へ到着。ここに車を停めてから森に入る
f0197703_15383342.jpg


f0197703_15384996.jpg
絶滅危惧の蝶、ウスイロヒョウモンモドキ。ガイドさんでも稀にしか見ないという。

f0197703_15415406.jpg
森の案内人のIさん。よろしくお願いします。

f0197703_15424820.jpg
この左側は大昔の墓地のようです。墓地といっても石を置いただけのようですが。

f0197703_15452206.jpg
セラピーロード、ゆりかごの小径は約2km。ゆっくりゆっくり歩いて約2時間の行程です。

f0197703_15462744.jpg
ここから先は特別保護地区で無断で入ることはできません。

f0197703_15472045.jpg

f0197703_15480732.jpg


f0197703_15483905.jpg
過去に、たたら製鉄所が在った場所でこのような重い石(鉄鉱石?)が地中に在ります。

f0197703_16000886.jpg
この石垣が製鉄所の跡地


f0197703_16004641.jpg

f0197703_16011312.jpg
高山植物もその都度説明があります。


f0197703_16020911.jpg


f0197703_16023660.jpg
枝が何層にも別れたフサザクラ

f0197703_16053463.jpg


f0197703_16060224.jpg


f0197703_16063081.jpg


f0197703_16065269.jpg


f0197703_16072747.jpg
これはヒノキ

f0197703_16074826.jpg
木の札の裏に、、、

f0197703_16081383.jpg
説明書きが在ります

f0197703_16092901.jpg
この辺りに在る三つ葉の植物はカブレるので触るな、という指示でした。

f0197703_16101371.jpg


f0197703_16105361.jpg

f0197703_16113825.jpg
ハンモックが置いてあるところに到着

f0197703_16121493.jpg
樹齢何百年という杉とそれに絡むツタ。ぶら下がっても大丈夫。


f0197703_16132696.jpg


f0197703_16135116.jpg
そしてこの白っぽい木肌がブナの木。

ブナは「森の母。緑のダム」とも呼ばれていて、ブナの保水力のお陰で豊富な水が脈々と旭川の源流として流れ、私達岡山県人は日々美味しい水をいただくことができます。只々、感謝。
木に聴診器を当てると木の中に流れる水の音を聴けるポイントがあるらしいのでやってみましたが、聴こえませんでした(笑)雨の後とかがよいのかな。

f0197703_16165586.jpg

f0197703_16183492.jpg
ハンモックに横たわりつつ、しばし休憩です。


f0197703_16192920.jpg


f0197703_16200907.jpg


f0197703_16203551.jpg
こちらが植樹された林

f0197703_16211303.jpg
こちらが原生林


f0197703_16224882.jpg
根が露出された杉の木。根の巨大さ、生命力に息をのみます。

f0197703_16235635.jpg


f0197703_16243459.jpg
根の間の穴は、蛇や野ネズミなどの住み家になるようです。

f0197703_16253217.jpg
この葉の上によく産まれたばかりのヘビの子が昼寝しているそうです。


f0197703_16275745.jpg
岩の上に木が生えている(驚)根は向こう側手に伸びていました。

f0197703_16292303.jpg
こんな感じ。凄まじいな~

f0197703_16300749.jpg
全然アップした感じしませんが、ここが山頂のようです。ここで半分手前。ここから下りです。

f0197703_16311073.jpg
このように樹々や葉が覆ってくれているので、とても涼しいです。

f0197703_16325420.jpg


f0197703_16350255.jpg
今にも倒木しそうな木。危険だけど、役所の許可が出ないと勝手に切り倒すことができないらしい。


f0197703_16365562.jpg
鳥の声、風の音、小川のせせらぎ。。。自然音のみです。

f0197703_16390790.jpg


f0197703_16402859.jpg


f0197703_16412152.jpg
森を抜けたら急に暑くなってまいりました。

f0197703_16420365.jpg
この可愛らしい花の名を聞いたのですが忘れてしまいました。昔はこの花が咲いたら田植えを始めていたとか。。。


f0197703_16434561.jpg


f0197703_16443034.jpg
「山びこが帰ってくるよ」と言われるので「ええ声~~!!!」と叫んだら、ガイドさんが笑っておられた(笑)


f0197703_16454239.jpg
左側が毛無山山頂

f0197703_16462533.jpg
道の駅に戻って昼飯。

新庄シシ麺(650円)。ヒメノモチ米の米粉を使用した麺に、猪のチャーシュー。チャーシューはちょい固めでしっかりした味でした。

f0197703_16490734.jpg
麺はもちっとボソっとした食感。この値段なら、まあ良しでしょうか。


f0197703_16545510.jpg
森林セラピーに参加するといただけるファイル

f0197703_16553908.jpg
このような可愛らしいイラストと共に、、、


f0197703_16563074.jpg
ちなみに、アン・サリーさんのこの書籍。自然愛に溢れており、森へ出かけたくなります。お勧め。

Commented by カヲSUN at 2019-05-28 20:26 x
新庄村!といえば毛無山!鳥取側から登るルートは人混み無くてオススメです。あと冬の積雪時の毛無は最高ですよ。麓のキャンプ場でテント泊して朝から雪中行軍して山頂で飲む酒は旨いです。
Commented by rrmat288 at 2019-05-29 09:15
情報を有難うございます!毛無山、次の課題にいたします。森の小径も、もちろんリラックスできて良かったのですが、もう少し体に負荷をかけたほうが達成感があるかなと思いました。
by rrmat288 | 2019-05-28 16:50 | 自然・滝 | Comments(2)