3時17分、パリ行き

f0197703_10532890.jpg
2018年アメリカ映画
<あらすじ>
2015年8月21日、オランダのアムステルダムからフランスのパリへ向かう高速列車タリスの中で、銃で武装したイスラム過激派の男が無差別殺傷を試みる。しかし、その列車にたまたま乗り合わせていた米空軍兵のスペンサー・ストーンとオレゴン州兵のアレク・スカラトス、そして2人の友人である青年アンソニー・サドラーが男を取り押さえ、未曾有の惨事を防ぐことに成功する。映画は、幼なじみで親友同士のスペンサー、アレク、アンソニーの3人が出会った少年時代や、事件に遭遇することになるヨーロッパ旅行の過程を描きながら、ごく普通の若者たちが、いかにしてテロリストに立ち向かうことができたのかを明らかにする。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クリント・イーストウッド監督作品。
「あらすじ」にある通りの映画で、テロ行為を押さえるシーンは後半の数十分で、それまでは3人の少年時代から遡る、いわゆるロードムービー的な映画になっている。賛否あると思いますが、本人達の演技も自然に思えたし、個人的には嫌いではないかな。とにかく、この勇気ある行動を称えたいと思いました。



by rrmat288 | 2018-10-07 05:52 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)