しあわせな人生の選択

f0197703_12065277.jpg
2015年スペイン、アルゼンチン映画
<あらすじ>

フリアン(リカルド・ダリン)はスペインで俳優として活躍し、愛犬トルーマンと暮らしていた。一方、トマス(ハビエル・カマラ)はカナダの大学で教鞭をとりながら家族と暮らし、2人はそれぞれの人生を送っていた。年月は流れある日突然トマスがフリアンの前に姿を現す。それは、フリアンのいとこパウラ(ドロレス・フォンシ)から彼の具合がよくないと聞かされたからだった。フリアンはすでに治療をやめ、身辺整理を始めていた。説教されることを嫌がり、最初はトマスを追い出そうとするが、彼はそんなことはおかまいなしに4日間滞在するという。そして2人は次第に昔の遠慮のない関係に戻り、フリアンの残り少ない時間を愛犬トルーマンの里親探しなどに費やすことに。それは2人が一緒に過ごせる最後の日々でもあった---。はたして、フリアンにとってしあわせな選択とは。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原題は「TRUMAN」で犬の名前になっている。余命いくばくも無い主人公ですが、お涙頂戴的な映画になってないのが良い。最後のほうのトマスと従姉妹のパウラのベッドシーン、必要なのか??と思ったけど(笑)

f0197703_12103257.jpg
ハビエル・カマラ(左)は、「トーク・トゥ―・ハー」の方ですな。



by rrmat288 | 2018-04-22 07:05 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)