人気ブログランキング |

喫煙率、教育で半分以下に 金沢の新成人調査、防止に効果

小学校で喫煙防止教育を受けた新成人は、受けていない人に比べて喫煙率が半分以下であることが、NPO法人「禁煙ねット石川」の調べで分かった。全体の喫煙率は12・8%だった。1月に金沢市内の成人式会場でアンケート調査した。アンケートは1月9、10日、7カ所で実施し、金沢市内に住む新成人全体の10・2%に当たる503人から回答を得た。小学校6年生の時に、喫煙の健康被害に関する教育を医師から受けた207人の喫煙率は6・7%で、受けていない296人のの16・9%の半分以下だった。男女別では、男性の喫煙率が20・5%、女性が4・9%だった。吸い始めた年代は、男性の6割以上が高校卒業以降または成人後だったのに対し、女性は7割が中学、高校に在学中と答えた金沢市は2011年から市立の全小学校で喫煙防止教育を実施している。禁煙ねット石川は同年から毎年、成人式会場でのアンケートに取り組み、教育の効果を検証している。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・これはグッドニュースですね。常日頃から家庭内でも、タバコの中毒性や依存性、タバコという葉を吸うのではなく添加物満載の化学合成物を吸わされているということ、吸うことで全身が蝕まれること、臭いニオイで自分だけでなく周囲にも迷惑をかけること、タバコなんか時代遅れ、格好悪い。。。と、口酸っぱく言う必要があります。親が卒煙するのは言わずもがなです。ちなみに、ちなみにJTが主催している未成年喫煙防止キャンペーンは、「タバコは20歳になってから」というメッセージを子供たちに伝えていますが、ニコチンの依存性やタバコの害に関する情報は一切伝えていません。単なるタバコの宣伝となっています。JTは年齢が若いほど依存症に陥りやすいことを知り、このキャンペーンを利用して青少年への販売を増強してきました。本当に薄汚い悪魔の商法だと思います。
f0197703_11200205.jpg
格好良いタバコの吸い方、持ち方なるものは、、、、無い(笑)
by rrmat288 | 2016-02-04 06:10 | タバコ問題 | Comments(0)