人気ブログランキング |

禁煙したらもう安心…ではない!タバコより「体に悪い」身近なNG習慣2つ

タバコをやめても他のNG習慣を続けてしまっていると、気づかないうちに健康に害を及ぼすリスクがあるってご存じですか!?

今回は、『WooRis』の過去記事をもとに、タバコより体に悪い危険性があるNG習慣を2つお伝えしましょう。

■1:アクリルアミドを含む食生活

『WooRis』の過去記事「タバコより危険!? “がんを誘発する物質”がたくさん含まれるアブナイ食品4つ」によると、“アクリルアミド”という物質が含まれる食品が“ガン”を誘発するかもしれない危険性が指摘されています。

ポテトチップスやインスタントコーヒーなどにも含まれているそうなので、おやつやコーヒーブレイクの習慣から“ガン”を誘発してしまったとしたら……悲劇ですよね。

アクリルアミドは、炭水化物を多く含む原材料を120℃以上で加熱調理した食品に含まれる物質で、生の食材には含まれていないそう。

健康のためには、タバコをやめるだけでなく、加工されていないローフードを意識的に摂るのも大切かもしれませんね。

■2:社会的に孤立

タバコより体に悪い習慣は、食生活だけではありません。

「タバコよりも体に悪い!死に至るリスクもたらす“社会的孤立”のコワさ」では、“社会的孤立”をしている環境は、毎日タバコ15本吸うのと同じリスクがあることをお伝えしています。

“社会的孤立”とは、家族や親戚、友人などとのコンタクトを持たない状況を指す言葉で、日頃、ひとりで過ごしていることが多い人はリスクが高まっているのではないでしょうか?

「人間はひとりでは生きていけない」という言葉にもある通り、タバコをやめたとしても社会的に孤立する生活を送っていると、死の危険性が一気に高まるようです。

いかがですか? 将来の健康のために禁煙したとしても、タバコ以外にも健康リスクを伴うNG習慣は、いろいろあるんです。タバコよりも健康に悪影響な生活を送っていては、せっかくの禁煙効果も薄れてしまいそうですよね。

心当たりがあった方は、ぜひ参考にしてみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元記事はこちら

タバコ擁護の見え透いたくだらない記事ですな(笑)
上記2つに該当して寿命を縮めたとしても、誰にも迷惑をかけることはない。タバコは発煙すること自体が自分はもちろん、他人にも迷惑をかけているということが抜け落ちています。受動喫煙による身体的被害は、疑う余地は無い。
タバコを吸っているという事実。そして、タバコには害があるという知識。この二つには矛盾がある。害があると思いながらタバコを吸うのは、何となく落ち着かなく不愉快。この不愉快は気持ちを「認知的不協和」という。人は、思いや行動に不一致、矛盾があると、心の中に不協和が生まれる。これは気持ちが悪いので、何とか不協和を下げようとする。タバコを吸うことを止めてもよいが、これはかなり難しい。そうすると、二コ中は変えやすいほうを変える。タバコには害がない、もっと悪いものもあると思えばよい。・・・・タバコなんか無縁の人間から見たら、バカっぽい(笑)

f0197703_11222636.gif


by rrmat288 | 2015-10-23 06:06 | タバコ問題 | Comments(0)