人気ブログランキング |

路上喫煙所を拡大・増設へ 横浜市、仕切り板の設置も

横浜市は条例で定めている路上喫煙禁止エリアの喫煙所を拡大、増設するなどのリニューアルに着手する。喫煙者が喫煙スペースからあふれたり、喫煙所が分かりにくといった指摘があったりしたため。市は「構造やスペースに課題がある」として、本年度中の完成を目指す。

 市の条例で路上喫煙を禁じている6地区には現在計11カ所の喫煙所があり、平均面積は約15平方メートル(定員12人)。しかし喫煙者があふれ、プランターなどで仕切っただけの簡素な構造で分かりにくいとの指摘も上がっていたという。

 これを踏まえ、横浜駅東口は喫煙スペースを約4倍に拡大。関内駅は南口の公衆トイレ裏、桜木町駅はタクシー乗り場付近に増設する予定で、市は「一般歩行者から離れたエリア」としている。既存スペースにも、より喫煙所と認識しやすくなるよう仕切り板を設置する。

 一方、条例の対象外エリアでは昨年9月、民間事業者が歩行喫煙者に対し、条例の趣旨を説明し啓発グッズを配るパトロールを開始。今月からは実施エリアを17駅に増やした。

 鈴木伸哉副市長は「喫煙禁止地区では、たばこを吸う人も吸わない人も気持ち良く過ごしてもらえる環境を整えることが重要。喫煙所の再整備を着実に進めたい」と答えた。

 5日に行われた市会決算特別委員会で、斉藤達也氏(自民党)の質問に答えた。


元記事はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タバコの煙は目に見える白い煙だけではない。また、全く無風の状態で1人の人間が1本のタバコを吸うのに、煙が漂ってこないためには、7メートル以上を要する。今までのスペースから4倍に拡大して、仕切り板だけで副流煙・呼気煙を浴びずに済ませることは到底無理。受動喫煙による健康被害や多くの不快感よりも、街の環境美化を優先する行政。岡山駅前でも同じ。東口及び西口の喫煙場所から、かなり遠方を歩いても必ずタバコの臭いに苛まれる。喫煙所を設置しなければ、ポイ捨てや歩きタバコが増えるから、というのが理由らしいが、裏を返せば喫煙者はそんな輩ばかりだということの表れ。そのような輩に喫煙所の設置などの何の配慮が要るのか?完全に隔離された喫煙場所を作り、そこを有料化したら良いと思う。「たばこを吸う人も吸わない人も気持ちよく過ごせる環境」というのは、到底実現不可能なのですから。

f0197703_11123906.jpg





by rrmat288 | 2015-10-07 06:29 | タバコ問題 | Comments(0)