人気ブログランキング |

JTの御用学者=順天堂大学 奥村康

世界最高齢男性としてギネス世界記録に認定されていた百井盛(ももい・さかり)さんが7月5日、都内の病院で慢性腎不全のため亡くなった。112歳だった。

 百井さんは6人の子どもをもうけたが、すでに3人が亡くなっている。さいたま市中央区にある百井さんの自宅で、長男(84)は父親の長寿の秘訣(ひけつ)についてこう話した。

「秘訣といっても特にないんですが、暴飲暴食をしないことですかね。規則正しい生活をしていました。若いころはたばこをスパスパ吸っていて、90歳くらいまでは、本数は減りましたが吸っていましたね

 百井さんは福島県出身で、60年くらい前からさいたま市で暮らした。高校の教員になり、校長も務めた。百井さんの妻は14年前に他界し、12年前から都内の療養型病院で生活していたという。晩年、身の回りの世話をした三男(66)はこう話した。

「入院先では体力が衰えてできないことが年々増えたが、『イライラせず、淡々と過ごしている』とほめられた。ストレスなく自然体がよかったんだと思います」

 ここ数年間は耳が遠くなり、筆談が多かったという。

「筆談ノートは何冊か残ってますが、私が書いてるのが95%で、本人は『特に変わりはない』とかそんな感じの言葉でした」(三男)

 食生活では「マグロやサーモンの刺し身、煮魚などが好きでよく食べてました。97、98歳までは駅の階段を上り下りするなど、毎日体を動かしていた」(同)

 免疫学の第一人者で、順天堂大学の奥村康名誉教授はこう言う。

「百井さんが食べていたという魚の脂は体にいい。特に青魚はいいですね。たばこを吸っても吸わなくても、寿命には関係がない。ニコチンは脳細胞のネットワークを刺激し、ぼけ防止になったり、軽いうつが治ったりすることもある。肺がんの発がん物質としてはたばこより車の排ガスのほうがよっぽど害があります

 書を好み、「春風をもって人に接し、秋霜をもって自らをつつしむ」(春風のように人にやさしく、秋の霜のように自分に厳しく)という佐藤一斎の言葉を好んでいたという。そんな百井さんにも最期の時が訪れた。

「6月21日の父の日に一緒にご飯を食べたころまでは元気でした。その夕方くらいから少し熱が出て、だんだん意識が遠のいていき、苦しまずに亡くなりました」(三男)

 告別式は9日、近親者が20人ほど集まって営まれた。自然体で天寿を全うした大往生だった。

元記事はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おい、こらこらオッサン!!JTのお抱え教授の奥村康!!完全なデタラメを言うなやー。JTからいくら貢いでもらっとんなー???
f0197703_12042753.png
金に汚いJTの御用学者=奥村康
f0197703_12054229.jpg
金に汚いJTの御用学者その②武田邦彦


よくこういった長寿の方の喫煙をあげつらって、タバコを正当化するニコチン中毒者が居ますが、タバコは確実に寿命を縮めます。ニコチン中毒者本人だけでなく、受動喫煙によって周囲の人間の寿命も縮めます。皆さん、いい加減洗脳から放たれましょう。

by rrmat288 | 2015-07-24 06:27 | タバコ問題 | Comments(0)