C-C-B渡辺英樹氏、多臓器不全で死亡

「Romanticが止まらない」などのヒット曲で知られるバンド、C-C-Bのリーダーでベース担当、渡辺英樹(わたなべ・ひでき)さんが今月13日午後6時5分、急性大動脈解離による多臓器不全のため、都内の病院で亡くなっていたことが17日、分かった。55歳だった。東京都生まれ。
先月12日夜に痛みを訴え、都内の病院に緊急搬送。大動脈解離と診断されて、集中治療室で治療を続けてきた。一時は血圧が安定したことなどから、関係者の間では安堵(あんど)の空気が流れたが、今月13日に容体が急変。入院から約1カ月、意識が戻ることのないまま、両親ら家族にみとられながら亡くなった。関係者によると、都内の葬儀所で近親者のみで16日に通夜を行い、この日に告別式を行った。
8月10日に東京・新宿BLAZEでお別れの会を行う予定。
今月2日には、元メンバー田口智治容疑者が覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された。親しい関係者は「(渡辺さんは)そのことを知らずに逝ったのは幸いでした」と言葉少なに話した。

元記事はこちら

f0197703_18313654.jpg
この方は昨年、肺気胸になって以来禁煙されてたようですが、それまではヘビースモーカーだったようです。タバコは吸えば吸うほどに血管をどんどん痛めつけるものですので、大動脈解離の原因であることは明白です。もっと早く卒煙していれば。。。でしたが遅すぎたようです。ミュージシャンの喫煙率って相当高くて、吸わない人でも楽屋や打ち上げでの受動喫煙は相当キツいと思われます。ご冥福を祈ります。



by rrmat288 | 2015-07-18 06:23 | タバコ問題 | Comments(0)