人気ブログランキング |

タバコと便秘~ニコチンが便秘を引き起こす

タバコを吸うと便意を催すのは、一時的なものであって決して便秘解消にはつながらない。

便意を催す原因は、タバコに含まれるニコチンという成分。タバコには1本当たり0.mgのニコチンが含まれるが、このニコチンは直腸から肛門へ便を押し出すぜん動運動を活性化させる。

この効果は吸い始めて数分~10分後で便意を感じるので即効性があり、便を出すためにタバコを吸う人もいる。

タバコを吸う事でニコチンの作用によって便意を催すのは事実だが、タバコを吸うこと事態は「便秘体質」を作り上げてしまっていることにもなる。

「禁煙したら便秘になった」という話もよくある。タバコを吸っている時は便がでていたのに、禁煙したらでなくなった。という現象。

これは、禁煙した途端便が出なくなったという事は、今までは本来腸の力で排便するものを、ニコチンの力で排便していたということ。

もともと人間の身体は自律神経の働きによって自分で便を出すメカニズムを備えてる。

しかし、タバコ脳と同じく外部からのニコチン補給に依存するようになってくるとタバコを吸わないと便が出ないという仕組みができ上がってしまう。

したがって「禁煙したから便秘」ではなく、「吸わないと出せない状態」になってしまっているという事です。

毎日タバコを便秘薬の代わりに

排便していたというようなこと。

f0197703_09222892.jpg

タバコが便秘の原因になる理由>

ニコチンを摂取すると最初は便を催して便秘に効果がありますが、タバコを吸い続けてニコチンを摂取し続けているとニコチンによって自律神経が狂い始める。自律神経が狂って一番に影響をうけるのは胃腸。

ストレスを感じると胃に穴があくように、内臓機能をつかさどる自律神経がニコチンによって乱れると腸の運動が正常な動きをすることができなくなってしまう。自律神経が乱れる事で、より便秘になりやすくなるのです。

腸内が荒れ続けたり、便がたまったりで、ニコチンも摂取しているとなると、大腸ガンへのリスクも高まる。

以上、こちらのサイトから抜粋です。


腸内にいつまでも古くなった便をためておくと、大便から強い毒素が出され、それが腸内の血管に再吸収され、門脈をとおり肝臓へと運ばれます。そこで全てが完全に解毒されればいいが、そのために、大量の大切な酵素とエネルギーが消耗され、処理されず残った毒素は、またまた全身へと循環してゆく。。。想像するだけで気持ち悪い。

便秘は、肌荒れや口臭、肩こりはもちろん様々な病気の温床になる。

f0197703_11424147.jpg
こういった芸当はニコチン中毒者にしか成し得ない技、、ですな。




by rrmat288 | 2015-07-20 06:38 | タバコ問題 | Comments(0)