人気ブログランキング |

職員の路上喫煙続出…大阪府庁「全面禁煙」撤回

大阪府は、橋下徹前知事(現・大阪市長)が実施した「庁舎敷地内の全面禁煙」の方針を転換し、7年ぶりに喫煙スペースを復活させることを決めた。

 庁舎周辺で職員の路上喫煙が続出し、府は禁止の貼り紙をしてきたが、松井一郎知事が「逆にみっともない」と指摘。敷地の一角での喫煙を認めることにした。

 全面禁煙は、たばこを吸わない橋下氏が「喫煙時間は休憩と同じ」と言い出したのを機に2008年5月から実施。庁舎内の喫煙コーナーを廃止し、執務時間中の禁煙を義務づけた。

 ただ、休み時間は対象外で、昼時に近くの路上などで喫煙する職員について「見苦しい」と苦情が寄せられ、府は周辺の府施設の壁などに「路上喫煙禁止」の紙を貼るなどしてきた。

 しかし愛煙家の松井氏は、各所の貼り紙を「こっちの方が恥ずかしい」と問題視。庁舎わきの一角など2か所を喫煙場所に決めた。

 設置工事は9月中旬にも終わる予定だが、通行人から見えないよう簡単なフェンスで囲うだけ。財政再建中とあって清掃に人件費がかかる灰皿も置かない。府の担当者は「今度はポイ捨てが増えたということにならないよう、携帯灰皿の所持を徹底したい」としている。

元記事はこちら

やれやれですねー。フェンスで囲うだけでは受動喫煙は否めませんな。結局、マナー、マナーといくら声高に叫んでも路上発煙したりポイ捨てしたりするニコチン中毒者のほうが圧倒的に多い。大阪府知事自らがニコチン中毒ですか(笑)コントですね。。。「いや、自分はマナー守って吸っている」と宣ふ方へ。いいえ、煙害撒き散らしてること自体が迷惑行為ですので。
f0197703_18140139.jpg
動物園の檻か(笑)

by rrmat288 | 2015-07-16 06:37 | タバコ問題 | Comments(0)