全面禁煙の高校で…体育館裏に教員用喫煙所 校長を減給

全面禁煙の学校の体育館裏で教員らの喫煙を認めていたなどとして、大阪府教育委員会は10日、府立高校の男性校長(58)を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にし、発表した。「指導が不十分だった」と話しているという。

 校長は2013年6月、校舎1階の喫煙室を廃止する際、目立たない場所での喫煙を認め、教員らは体育館裏のフェンスで囲まれたスペースで喫煙していた。朝の通学時間以外は生徒が通らない場所だったといい、昨年4月に校長が異動するまで続いたという。校長自身は愛煙家ではなかった。府教委は08年3月、全府立学校の敷地内を全面禁煙にするよう通知していた。

元の記事はこちら


減給じゃなくて懲戒免職でいいでしょ、こんなドアホ校長にドアホ教師。
未成年者の喫煙を撲滅するために、一番率先垂範しないといけない立場の人間が体育館の裏でコソコソ喫煙。本当に哀れなニコチン中毒患者ですね。職業別の喫煙率というのは、いろいろ調べても出てこないんですが、公務員の喫煙率は高いというのは否めないと思います。

f0197703_15303539.jpg
そんなにまでして吸いたいのか・・・
f0197703_15374260.jpg
ニコ中の成れの果て・・・



by rrmat288 | 2015-07-15 06:32 | タバコ問題 | Comments(0)