人気ブログランキング |

タバコのプロダクトプレイスメント


プロダクトプレイスメントとは?
映画作品、テレビ番組、テレビゲームなどの中で、企業の製品を使用したり、その製品や企業ロゴを映し出したりすることによって、消費者に広告という意識を持たせることなく、その製品の宣伝効果を狙う手法。テレビの場合、CM時のチャンネルスイッチや、テレビ録画機のCMスキップ機能の発達などにより、広告効果の低下が懸念される中で、プロダクトプレイスメントが脚光を浴びるようになった。

2005年、WHOでタバコの規制に関する条約で同意した168ヶ国全部が、タバコ広告を禁止することが義務付けられるようになった。よって、JTもかつてのようなタバコ本体の商品の宣伝ができないため、白々しいマナー広告に摩り替えてる。

携帯灰皿なんか持ったら、路上喫煙が増えるだけやっちゅうの!

JTは、明確な広告ではなく、映画やドラマやバラエティ番組といったところで、ストーリーの中でタバコや喫煙シーンを流す。少し前の「MOZU]というドラマでも西島秀俊という役者にバカスカと吸わしているし、かのシルベスター・スタローンが映画の中でタバコを吸うシーンを入れる見返りに50万ドルを受け取っていたという逸話も有名。


この映画の予告編などはモロ。JTがスポンサーに付いてるに違いない。ニコチン中毒者の瑛太×松田龍平。こんな輩のこのような発煙シーンがカッコいいと思ったらダメで、カッコ悪いのです。


f0197703_16510314.jpg
ドラマ「HERO」でもキムタク。この方もニコ中。

f0197703_16545090.jpg
少し前にインスタで話題になった鳥居みゆきの発煙写真。この芸人にもJTから金が流れてるのでは???
ネットユーザーから「すごい自然でいい」「美しすぎる」「タバコ吸ってる女性を初めてかっこいいと思った」と反響があったらしいが、、、狂ってます。タバコ吸う姿なんかに、格好が良いものが在るはずが無い。



by rrmat288 | 2015-06-27 06:34 | タバコ問題 | Comments(0)