喫煙家×嫌煙家or喫煙者×非喫煙者or発煙者×非発煙者

********************************************
私自身、35歳まで発煙者でありました。今、思うと自分の身体や精神ダメージはもちろん、何年間も周囲にどれだけ煙害を撒き散らしていたかと反省ばかりです。なぜあんな物に囚われていたのか・・・このカテゴリーでは、そんな反省も含めて、タバコに関わるニュースや騙しのカラクリや真実の情報を伝えていきたいと思います。友人・知人にも発煙者の方が少なからず居ますが、JTと国が巧妙に隠している事実を知り、ぜひ意識改革して1日でも早く卒煙していただきたい・・・という思いでいます。ニコチンを憎んで人を憎まず。発煙者×嫌煙者の二項対立は無意味、共存・共生は無理で、本当の悪者は別のところに居ます。
********************************************


「喫煙者×嫌煙者の二項対立について」

例えば、タバコを吸わない人がタバコを吸う友人や知人に、タバコの是非についての話をする時、全く最初から話にならなかったり、言い争いになったり、話が堂々巡りになったり、険悪なムードになったり・・ということが多々ある。

この『発煙者』対『嫌煙者』という二項対立の構図を作ることは、タバコの利害関係者に有利であり、思うつぼである。

実際には、タバコの問題は、このような単純な構図ではない。


本当の構図は、『タバコ利害関係者=JT&財務省』対『タバコ問題を何とかしたい=国民の健康を第1に考えたい人達』になる。

これらのグループのどちらにも、発煙者と非発煙者が含まれる。

そして、これらのグループ外側には『タバコ問題に無関心な人』というグループがある。

タバコ利害関係者が、上記のような、『発煙者』対『嫌煙者』という構図を作るのは、議論の本質を隠すことを意図している。タバコの本質についての議論ではなく、好き嫌いの問題に転化できるから。この好き嫌いというのが、タバコ利害関係者の意図する方向。

タバコの本質の議論になると、利害関係者は非常に困る。なぜなら、タバコに害のあることは既に自明の理であるし、臭くて不快ということも、社会的に認知されている常識である。臭くて不快でしかも害のあるものを崇める人々がいるということで、このようなな事は、通常有得えない。
ところが、発煙者を薬物中毒にしてしまえば、臭くても、不快でも、害があっても、それが快感であるかのように思考を狂わすことができる。
こんな薬物を国を上げて正々堂々と販売していること自体が、常識では考えられないこと。しかし、タバコに関しては、非常識が常識になっている。この『非常識が常識』であることを人々に悟られたら、タバコ利害関係者は具合が悪いのである。




では、タバコ利害関係者にとってどのような人が最も有難いのか??それは、発煙者ではなく、“タバコ問題に関心のない非発煙者”である。

このような無関心な人々が、
もしも"自分はタバコを吸わないが、別に嫌ではない"とか
"タバコくらいで目くじらを立てるなんて大人気ない"
などと発言してしまうと、タバコの問題に関心のある問題解決したい非発煙者達は"ワガママな嫌煙者"だ、というイメージを作らされることになる。このイメージが広がれば、タバコの問題の本質は議論されずに、好き嫌いの問題に転化される。

すでに何十年間にわたって、この方法でJTは販売を伸ばすことに成功していている。
本来ならば、タバコ問題の第1次被害者である発煙者本人が、このようらカラクリや嘘に気付かなければならないのですが、 タバコ利害関係者の巧みな戦術で騙され続けてきているのが実態。発煙者は自覚の無い被害者である。


こういったCMは日本では絶対に流れんでしょうなあーー
by rrmat288 | 2015-06-10 06:21 | タバコ問題 | Comments(0)