人気ブログランキング |

KAYのピックギター

f0197703_1818043.jpg


先日ヤフオフで落札した1960年代KAYのピックギター。
17インチフルサイズ。歴史を感じる佇まい。。。
チープな枯れた味わい。。。

f0197703_18193482.jpg

エグいヘッドロゴ!!
「KAY」 は、1930年代に始まり、1967年には消えてしまったアメリカのブランドです。
 決して高級なブランドではなく、一般大衆に広く親しまれたブランドです。

 KAY は、シカゴでマンドリンやアコースティックギターの製作を始め、やがてバンジョーやチェロ、コントラバスなどの製作もするようになり、「Harmony」 と並ぶアコースティック弦楽器メーカーとして成長しました。

 40年代からはエレキギターも製作し、50年代~60年代にかけてホロウボディのモデルを中心に 面白いモデルをたくさん産み出しました。

 KAY が、一般大衆に広く親しまれたのは、多くのOEM製品を供給したことにあります。
 
 全盛期にはかなりの生産量を誇った KAY でしたが、同じく シルバートーン・ブランドを製作していた日本の 「Teisco」 や 「Guyatone」 の大量の輸出に押され、1967年に 「National」 「Supro」 ブランドで有名な「Valco 社」 に買収され、幕を閉じました。

 KAY のギターは、ギブソンやフェンダー、マーティンなどの一流ブランドではありませんが、それだけに一般大衆に愛された古き良きアメリカの文化を象徴するもののひとつでした。


以上は私が大好きな楽器屋である京都のライトニンさんのHPより引用させていただいた。
by rrmat288 | 2009-02-02 18:29 | ギターや楽器の話 | Comments(0)