f0197703_11040828.jpg
畠山さんのライブで大阪に行った時の記録。

f0197703_11050778.jpg


f0197703_11055619.jpg
こちら側の出口は初めてでした。すげーでかい。

f0197703_11065127.jpg

f0197703_11071936.jpg


f0197703_11074817.jpg
前置き長くなりましたが、串かつ だるまに到着。

f0197703_11085515.jpg


f0197703_11091783.jpg
この店舗は全面禁煙なので子連れでも安心です。

f0197703_11095884.jpg


f0197703_11101884.jpg


f0197703_11104883.jpg
軽くつまんで、次へ移動、、、、

# by rrmat288 | 2019-03-26 11:11 | 食べたもん。お店など | Comments(0)

f0197703_11122238.jpg
久々のまんてん

f0197703_11124473.jpg
もうじき、鍋焼きうどんもシーズン終了になるので、悩ましいところですが、、、

f0197703_11133676.jpg
やっぱりカレーうどん

f0197703_11141622.jpg
こちらのモチモチ麺、最高です。

f0197703_11144856.jpg
トッピングはゆでタマゴ、えび天、アジフライ、あげ

f0197703_11153874.jpg
大満足

# by rrmat288 | 2019-03-25 11:15 | 食べたもん。お店など | Comments(0)

The Witch魔女

f0197703_17444937.jpg
2018年韓国映画
<あらすじ>

ある特殊な施設で育ったジャユン。8歳のときに逃げ出し、記憶を失ったジャユンは助けてくれた酪農家の娘として暮らすことに。
そして、10年余の歳月が過ぎ、ジャユンは頭に異変を感じるようになる。
手術費用と経済状況が厳しい養父母のため賞金が出る歌のオーディションを受けることを決意。しかし、テレビ番組で、あるマジックを披露したことで謎の男たちから追われることになる・・・!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前半1時間を過ぎまではほぼ青春映画で、この少女の経緯が解りません。が、素性がわかってから、かのスカヨハちゃんの「ルーシー」のごとく、超人力を発揮してしっちゃかめっちゃかのアクションシーンへと突入します(笑)

ラストはまた謎の少女が主人公の傍らに立っており、明らかに続編を予想させるエンディングとなっております。う~~ん、、、変わった映画だーーー




# by rrmat288 | 2019-03-24 08:43 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

運び屋

f0197703_09564157.jpg
上映中
<あらすじ>
90歳のアール・ストーン(クリント・イーストウッド)は、家族を二の次にして仕事一筋に生きてきたが、商売に失敗した果てに自宅を差し押さえられそうになる。そのとき彼は、車で荷物を運ぶだけの仕事を持ち掛けられる。それを引き受け、何の疑いも抱かずに積み荷を受け取っては運搬するアールだったが、荷物の中身は麻薬だった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年5月で御歳89になられる巨匠クリント・イーストウッドの最後にあるであろう主演&監督映画。イオン岡山で鑑賞。
ストーリーにある通りで、ロードムービー的に描かれていますが、所々に散りばめられた粋なセリフ、人生の終盤において主人公が気付いた「本当に大切なもの」に泣かされます。グリーンブックも良かったですが、個人的にはこちらのほうがグッと来ました。

また、アメリカの大地を悠々と走る車と景色、そのバックグラウンドの音楽が実に良いです。監督の好みだと思いますが、オルガンジャズやオールディーズなどご機嫌です。エンディングの歌も良かったです。


f0197703_10035508.jpg
奥さんもええ感じの方なのですが、この方のあることをキッカケにストーリーが展開します。


f0197703_10045784.png
そしてデップリと太ってしまったアンディ・ガルシアも出演しています。





# by rrmat288 | 2019-03-23 06:56 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

f0197703_17501723.jpg
畠山美由紀さん、大阪公演に行ってきました。

f0197703_17510474.jpg
開演前。客入りは160~170人前後だったようです。今回、2列目の右手をキープ。よく観えたしよく聞こえた。
新しいアルバム「Wayfarer」から全曲。「我が美しき故郷」、「叶えられた願い」、「歌で逢いましょう」などの旧作も聴けて良かったです。アルバムタイトルほか、それぞれの楽曲の作成の経緯や謂われなどもMCで聞けました。

メンバーは、畠山美由紀、冨田恵一(冨田ラボ) 、
B.鈴木正人、Gt.小池龍平、Cho.真城めぐみ、Dr.平 陸

コーラスの真城めぐみさんが、演奏に花を添えていました。

f0197703_17561673.jpg
CDへのサインは行列1番目にもらいに行きました(笑)


こちらのサイトで東京公演のリストが公表されていましたが、ほぼこのセットと同じだったと思います。

01. サウンド・セイリング
02. 呼吸するより速く
03. 罌粟
04. Here
05. 青い夕凪
06. ふたりの出来事
07. 叶えられた願い
08. チャイナタウンの朝
09. わが美しき故郷よ
10. BLINK
11. フルデプス
12. ソングライン
13. 口唇には歌を
14. 愛はただここにある
15. 会いに行く
<アンコール>
16. 歌で逢いましょう


# by rrmat288 | 2019-03-22 17:55 | ライブ・音楽・ミュージシャン | Comments(0)

f0197703_17021047.jpg
2017年フランス・ベルギー映画
<あらすじ>
妻ダナの父アロンが創業した会社を継いだアントワヌは経営難から会社を手放すことになり、アロンに罵倒された上、ダナとの関係も終わる。そんなある日、温室効果ガスを規制された量に届かない範囲で排出している企業が、その余った排出量を売却できることを知ったアントワヌは、その排出量取引で本来発生するはずの売上税をかすめ取る闇ビジネスを始めることにする。友人のエリックとシモン兄弟に加え、彼らの母親のドリー、会計士のロランを仲間に入れるが、アロンの工作によって資金調達に行き詰まったアントワヌはギャングのキャメルから巨額の資金を借りることになる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中盤からどんどん負の連鎖が続く、ダークな犯罪映画。出演者が殆どロクな人間じゃありません(笑)しかし、この雰囲気の映画、嫌いではないです。同監督の「あるいは裏切りという名の犬」も観てみたいと思います。



# by rrmat288 | 2019-03-20 06:59 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

f0197703_16455306.jpg
久しぶりの小紫でした。

f0197703_16480557.jpg
最近はもっぱらこれですね。マヨチャーシューの野菜多め。

f0197703_16485120.jpg
もやし、キャベツがふんだんに入ってます。

# by rrmat288 | 2019-03-19 06:45 | 食べたもん。お店など | Comments(0)

f0197703_16295565.jpg
珍しい1本が出てたので即買ったのですが、息子が欲しがったので進呈した、YAMAKIのY70D。

1970年代後半にWOODCRAFTシリーズとして短期間製造されたモデルの1つ。当時の希望小売価格は70,000円

トップはえぞ松単板

f0197703_16324539.jpg




f0197703_16323608.jpg
横板とバックはローズウッド単板。

f0197703_16333317.jpg
このシリーズは基本、マーチンを模したロゴ形状です。指板はローズウッド。ネックはマホガニー

f0197703_16340858.jpg
ボリュートネックにYAMAKI表記のペグ

f0197703_16344038.jpg
ネックエンドのバッファローマーク

f0197703_16351551.jpg
この三角のポジションマークが好きです。メイプルとローズウッドの寄せ木

f0197703_16362408.jpg


f0197703_16371214.jpg
当時のYAMAKIはWASHBURNにもOEM供給をしていて、D-66SWはこのY70Dの上位機種に当たるらしい。指板がエボニーかどうかの違いみたいですが。

f0197703_16510156.jpg
ギター図鑑 のページより拝借したワッシュバーンの画像です。


f0197703_16523357.jpg
カタログ。Ebony Fingerboardという表記が見えます。ブリッジもエボニーのようです。


f0197703_16530713.jpg
ウッドクラフトシリーズのカタログ転載。Y-40Dは持ってますが、本当に素晴らしいギターです。

f0197703_16540762.jpg
Y-60Dというのは見たことがないです。かなりレアだと思う。Y-40Dと同じくえぞ松×マホガニーだけど、40はネックがナトーに対し60はマホガニーであることが判る。

f0197703_16563333.jpg
同様に、Y50DもY70Dもエゾ松×ローズウッドなのだけれど、ネックが50がナトーに対し70はマホガニーを使っている。マホガニーのほうが高価なのかな。


それで、このY70Dの肝心の音ですが、殆ど弾かれていなかったのか、40年も前のギターなのにかなり新しい音です。ですが、音量と音像はしっかりしていて凄いギターだなという印象です。70年代の国産ギター、アメリカ物に追いつけ追い越せで、切磋琢磨していた日本人の技術力、本当に頭が下がります。

# by rrmat288 | 2019-03-18 07:22 | ギターや楽器の話 | Comments(0)

心と体と

f0197703_11111235.jpg
2017年ハンガリー映画
<あらすじ>

ブダペスト郊外にある食肉処理場の代理職員マーリア(アレクサンドラ・ボルベーイ)は、人とのコミュニケーションが苦手で、同僚たちになじめずにいた。そんな彼女を、片手が不自由な上司エンドレ(ゲーザ・モルチャーニ)が気遣うが、うまくいかない。ある日、牛用の交尾薬を盗んだ犯人を捜しだすために、従業員全員が精神分析医のカウンセリングを受けることになる。それを機に、マーリアとエンドレが同じ夢を見ていて、その世界で鹿として交流していたことがわかる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この映画は賛否分かれるでしょう。エンターテイメント映画ばっかり観てる人は退屈で寝てしまいます(笑)

いくつかのパーソナル生涯を持つ女と、左手麻痺で不自由な男との恋愛物語といえばそれまでですが、2人の過去の人生には触れていません。

そして食肉処理場という特殊で閉鎖的な職場が主な舞台となっているのも特徴です。牛の解体シーンが出てきますが、「いのちの食べ方」というドキュメンタリー映画を思い起こしました。


f0197703_11183268.jpg
食肉処理場のオッサンと同じ鹿の夢を見る、という彼女ですが、彼女自身が鹿のような顔立ちをしています。また、後半に自殺未遂をするのですが、その時にいきなりヌードを披露したりします(笑)




# by rrmat288 | 2019-03-17 05:10 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

f0197703_16051546.jpg
久々の、というか今年初の成田家西口店。

f0197703_16060030.jpg
こちらのハイボールはちょい濃いめで好みではあります

f0197703_16063820.jpg

f0197703_16065826.jpg


f0197703_16072749.jpg
新ワカメ


f0197703_16074740.jpg
サバ酢


f0197703_16081622.jpg
牡蠣フライ

f0197703_16084424.jpg
野菜天盛り

f0197703_16091090.jpg
若鳥バター焼き

f0197703_16094898.jpg
鉄火巻き

f0197703_16101751.jpg
ねぎ酢味噌

f0197703_16105107.jpg
湯豆腐

f0197703_16111514.jpg
熱燗。1杯だけ飲みました。


# by rrmat288 | 2019-03-16 09:03 | 食べたもん。お店など | Comments(0)

f0197703_15374569.jpg
お得で品数の多いランチで人気の菜の花、初訪問!

f0197703_15391096.jpg

f0197703_15393836.jpg
彩り豊かです。ご飯は息子に3/2食べてもらい、少しだけ摂りました。

f0197703_15411193.jpg
4人分撮ったら圧巻です。

f0197703_15414725.jpg
盆の上にある料理はどれも味付けの塩梅がよく好感が持てました。メインの揚げ豆腐五目あんかけ


f0197703_15423156.jpg
かぼちゃコロッケ。絶品です。


f0197703_15435286.jpg
おひたし

f0197703_15441204.jpg
サラダ

f0197703_15443604.jpg
造りに奴こ


f0197703_15450065.jpg
デザートプリン


f0197703_15452335.jpg
プラスワンで手羽先も食べました。クリスピー感のあるやつでした。

f0197703_15462734.jpg
珈琲付き

# by rrmat288 | 2019-03-15 15:46 | 食べたもん。お店など | Comments(0)

f0197703_10021394.jpg
セントラルビル地下のアオババ。


f0197703_10024990.jpg
何軒かハシゴして締めで入ったのにけっこう食べてしまっている(焦)


f0197703_10033786.jpg
海老春巻き


f0197703_10041099.jpg
チキンカレー

f0197703_10044135.jpg
エビマヨ


f0197703_10051287.jpg
フォーまで食っとる!!


f0197703_10054512.jpg
でもアッサリして美味しかったような。。。


# by rrmat288 | 2019-03-14 10:06 | 食べたもん。お店など | Comments(0)

f0197703_09301558.jpg
キチ〇イ医師として有名な、内海聡医師の講演を聴いてきました。著書やFBで読んでいたので、別段目新しいトピックはありませんでしたが、面白おかしく聴かせていただきました。知らないことは罪、知ろうとしないことはもっと罪だ、と改めて感じました。20代~30代の癌が急増しているそうです。何故でしょう???
このような方が社会から抹殺されないことを願います。

また、スライドの終盤で「治る人が必ず通る3つの段階」として示されました。

・医療界や食、その他について疑問を持ち調べるという状態
・人間とは何か、人体システムとは何か、症状とは何か、原因とは何か、精神と肉体との関係は何か、について理解する状態
・その状態に合わせて、自分に合った方法論を使いこなせる状態
・後医は名医

# by rrmat288 | 2019-03-13 09:50 | 地域・子供ネタ | Comments(0)

SPL 狼たちの処刑台

f0197703_12375195.jpg
2017年香港映画
<あらすじ>
タイのパタヤに住む友人を訪ねようとしていた15歳の少女ウィンチーが誘拐される。知らせを受けた父である香港の警察官リー(ルイス・クー)は、自身の手で娘を奪還しようとタイに乗り込む。協力を申し出たパタヤ警察のチュイ(ウー・ユエ)とその同僚タク(トニー・ジャー)と共に、ウィンチーの足取りを懸命にたどるリー。やがて国家が黒幕となっている臓器密売組織の犯行であり、さらには警察内部に組織に関わっている者がいることが判明する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シリーズの3作目のようですが、こちらから観ても充分に楽しめる作品でした。イップマンの監督ということで、アクション・格闘シーンは申し分ないです。この点は韓国映画とも一線を画しております。
そして、これも香港フィルムノアールらしく、物悲しい救われない結末で終わります。これはこれで良い終わり方でないか、と思います。「SPL 狼は静かに死ね」~「ドラゴン×マッハ!」も観てみたいと思います。

f0197703_12413192.jpg
とにかく、全員がめっぽう腕っぷしが強し!



# by rrmat288 | 2019-03-13 06:36 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)