<   2016年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

あの日の声を探して

f0197703_19572810.jpg
2014年フランス/グルジア映画
<あらすじ>
1999年のチェチェン。ロシアの侵攻によって両親を殺害された9歳の少年ハジ(アブドゥル・カリム・マムツィエフ)は声を失ってしまう。たった一人でさまよっていたところを、EU職員のキャロル(ベレニス・ベジョ)に保護されたハジ。そんなハジには生き別れた姉と弟がいて……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子役を配したお涙頂戴の映画にあらず。。。でも、主役の男の子は素晴らしい。可愛らしくて、いじらしくて、憂いを讃えた瞳がなんともいえません。1時間を過ぎてようやく顔をほころばせ、1時間半頃にようやく喋りだす。ラストは少し希望が持てる形で終わったが、とても良質な映画でした。
f0197703_20024274.jpg
少年が後に面倒を見てくれる女性=キャロルと出会うシーンは印象的でした。
f0197703_20034688.jpg
そして、もう一方で描かれる軍隊に強制入隊させられた青年。
彼の行動がオープニングとエンディングで繋がることになる・・・ 映画を通じて、今も世界中で起こっている紛争を少し垣間見れるかもしれません。



by rrmat288 | 2016-02-29 06:56 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

f0197703_11105326.jpg
Joe Barden JBT-1 テレキャスター バタースカッチブロンド
久々にやってしまいました、買ってしまいました。悪い病気です。
ジョー・バーデンのテレキャスターは既に1本 所有しているのですが、これがネックの握りや鳴りが素晴らしく良くて。。。このJBT-1は1ヶ月以上ずっと眺めていたのですが、、とうとうやってしまいました。
f0197703_11161914.jpg
 PCI (USA)から材を取寄せて、PGMが組み込みをした1本で、生産本数は極めて少ないのでめったに中古も出ない。
PGMは過去に2本所有して、ストラトは自分のようなテクでは畏れ多いと思い売却。もう1本のテレキャスターは、朋友に売却した。友達が所有していると思えば安心です(笑)どちらも、組み込み、鳴り共に素晴らしいギターでした。Fenderの大量生産ギターとは全然違うのが持ってみれば解かります。ところが、日本人はブランド志向が強いのか、売却するとなったら、こういったギターは3分の1以下になるのが現状です。
f0197703_11504556.jpg
USA CUSTOM GUITARSの刻印。ペグはゴトー製。
f0197703_11514941.jpg
ブリッジはフレーダム製に替わっています。
f0197703_11522862.jpg
ブリッジはJoe Barden刻印入り。鉄製のブリッジで、サドルは3連のブラスで角度の付いたもの。
リアピックアップは、ジョー・バーデンからベアナックル製ザ・ボスに替わっている。ジョー・バーデンPUより渇いた感じの鳴り。
f0197703_12005025.jpg
フロントは、Joe Barden DG-TL。シングルサイズのハム。前から持っているテレにはHBが載っていますが、HBよりもすっきりとした音色でテレキャスらしい音。
ちなみにミドルだと、こちらのJTB-1のほうが甘めの音色。
f0197703_12042731.jpg
ヘッドロゴ
f0197703_12044712.jpg
太めネックに、このジャンボフレットが最高!
f0197703_12052421.jpg
ボディはライトアッシュ1ピース。本体重量は3,4kg。少し濃いめ、黄なりのバタースコッチブロンド。フェンダーカスタムショップのダニー・ガットンモデル だと40万近くすることを考えたら、こちらは良心的な妥当な値段だと思います。

PGM/PCI /Joe Bardenについては、こちらのサイト を大変参考にさせていただきました。



by rrmat288 | 2016-02-27 07:09 | ギターや楽器の話 | Comments(0)

ピエロがお前を嘲笑う

f0197703_19452498.jpg
2014年ドイツ映画
<あらすじ>
世間を震え上がらせたハッキング事件を起こし、さらに殺人容疑で追われる天才ハッカーのベンヤミン(トム・シリング)が警察に出頭してくる。ハッカー集団「CLAY」に加担して盗んだ情報によって殺人事件を引き起こしてしまい、今度は自分が狙われていると告白。その自白を基にベンヤミンの身辺調査に着手した捜査員は、不可解な事実を次々に見つけだす。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大ドンデン返しのある映画を「マインドファックムービー」というらしい。が、過度に期待して観ないほうが良いと思います。と言うても、映画自体は面白く観て進められるし、けっこうスタイリッシュな雰囲気です。ツタヤでも軒並みレンタル中でした。

f0197703_19565400.jpg
「小物」と言われる主人公であったけれど・・・・



by rrmat288 | 2016-02-26 06:44 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

f0197703_11294103.jpg
糖質制限でかなり足が遠のいていた、お好み焼の仙に行ってみました。
f0197703_11315323.jpg
オバちゃん、まあまあ元気そうでした。
f0197703_11323412.jpg
牡蠣とズリを焼いてもらって、酒は日本酒とビールなので、ハイボールを買って来て持ち込みさせてもらいました。
f0197703_11332910.jpg
スジも単品でもらいました。
f0197703_11341174.jpg

f0197703_11344227.jpg
隣のオバちゃんが食べていたうどんモダンのスジ入り。クゥ~~、旨そう!!
f0197703_11354281.jpg
真剣な眼差しで仕事中!!!
f0197703_11361063.jpg
ネギ焼きは350円ながらけっこうデカい。
f0197703_11364434.jpg

f0197703_11370135.jpg

f0197703_11371811.jpg
そしてもはやお馴染みのポーズ、一仕事終えた後の一服!!(笑)

by rrmat288 | 2016-02-25 07:05 | 食べたもん。お店など | Comments(0)

X-ミッション

f0197703_11190842.jpg
2015年
<あらすじ>
以前アスリートだったFBI捜査官ジョニー・ユタ(ルーク・ブレイシー)は、エクストリームスポーツのカリスマ、ボーディ(エドガー・ラミレス)が中心となっているアスリート犯罪集団への潜入捜査を開始する。彼らには、卓越した能力を使って、犯罪行為を繰り返している疑いが掛かっていた。しかし、ユタは彼らと危険な行動を共にするうち、ボーディに対し信頼と友情を抱くようになり……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これは何があろうと劇場、スクリーンでの鑑賞をおススメします。CG無しって、どうやって撮ったのか本当に凄かった~。ストーリーや脚本は無視して、映像だけ見るだけでも大満足だと思いま~す。
f0197703_11214092.jpg
未視聴なのですが「ハートブルー」のリメイク版だそうです。
f0197703_11224566.jpg
ムササビスーツで飛び降りるこのシーンも迫力満点!!





by rrmat288 | 2016-02-24 07:15 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

f0197703_10484625.jpg
久しぶりの一番館
f0197703_10493885.jpg
日曜は16時から開いているようで、18時からの予約まで、さっさと食べました
f0197703_10502922.jpg
ハイボール
f0197703_10504714.jpg
サラダ(小)
f0197703_10511075.jpg
ミノサンドにハラミ
f0197703_10514174.jpg
この日は1日1食でしので、食いますぜ!!
f0197703_10523255.jpg
卵スープ。熱々で旨い。
f0197703_10530217.jpg
珍味セット。嫁なかせや子袋などの内臓のミックス。
f0197703_10533627.jpg
見た目はあれですが、味わい深いです。




f0197703_10540501.jpg
駅前、のんき坊へ
f0197703_10550105.jpg
ここは“タバコ率”が高くてキツいので1ハイだけ。ハイボールのサーバーが在る店。
f0197703_10561144.jpg
ハイボールストロング(濃い目)
最近、腕時計をするようにしました。親父からの譲受けもの、セイコー61GSスペシャル。1970年発売(当時定価53,000円)で、これは1971年製。

by rrmat288 | 2016-02-23 06:47 | 食べたもん。お店など | Comments(0)

赤ちゃん泥棒

f0197703_19554633.jpg
1987年アメリカ映画
<あらすじ>

物語の舞台はアリゾナ州。強盗のハイと警察官のエドは刑務所で出会ってハイの出所後に結婚。ハイにも仕事が見つかり、砂漠のトレーラーハウスで暮らす二人は幸せだったが、しばらくしてエドに子供が出来ないという事実が分かる。

ハイに前科があるために養子を取ることも出来ず、エドはひどく落ち込んで警察も辞めてしまう。思い余った二人は、地元の有力者ネイサン・アリゾナの家で五つ子が誕生したというニュースを見て、彼の家に忍び込んで赤ん坊の一人を盗み出してしまう。

誘拐した赤ん坊をジュニアと名付け、しばし幸福感を味わう二人。しかしハイの煩わしい上司や脱獄してきた刑務所仲間に嗅ぎ付けられ、ジュニアを巡る争奪戦が勃発する。そこにヘルスエンジェルを髣髴させる不気味な賞金稼ぎスモールスも絡んでくるのであった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
原題:Raising Arizona。コーエン兄弟作品らしい、ちょっぴりブラックなコメディドタバタ映画。
とにかく赤ん坊が可愛らしいし、途中のドタバタ劇で犬も登場して面白い!

f0197703_20033016.jpg
5つ子から、ニコラス・ケイジが盗みに行くシーンは見ものです。



by rrmat288 | 2016-02-22 06:55 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

靴職人と魔法のミシン

f0197703_09284023.jpg
2014年アメリカ映画
<あらすじ>
ニューヨークの下町にある小さな靴修理店で働く中年男マックス(アダム・サンドラー)は、老母と生活しながら特に何の変化もない毎日を送っていた。ある日、愛用のミシンが壊れてしまい先祖より代々伝わる旧式ミシンで直した靴を試し履きしたところ、何と靴の持ち主に変身する。魔法のミシンによって他人の人生を体験できる楽しさに夢中になった彼は親孝行を思い立つが、予期せぬトラブルが生じ……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトルから、何かほのぼのヒューマンコメディかと思いきや、そうでもない。最後の展開は「???」でしたが、なかなか楽しめた映画でした。
f0197703_09302190.jpg
エレン・バーキンさんも久しぶりに観えたし。



by rrmat288 | 2016-02-20 09:32 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

禁煙はしてもしなくても変わらないのでしょうか。今回の相談者は50代の男性です。30年も前に禁煙した父親が肺疾患であることがわかり、禁煙の効果に疑問を持ったといいます。禁煙しても病気になるのなら意味がないのではないかと悩む相談者に、専門家からはどんな回答が寄せられたでしょうか。

■50代男性からの相談:「禁煙の健康への影響について」


『父親や90歳ぐらいの知り合いが30年も前にタバコをやめたにも関わらず、COPD(慢性閉塞性肺疾患)と診断されました。何十年も前に吸わなくなったのにCOPDになるのなら、禁煙してもしなくても変わらないのではないでしょうか。それならストレス解消にもなるタバコをやめる必要はないのではないかと思いますが、やめたら少しは肺が丈夫になるのでしょうか。やめないとどんどん肺が弱っていくのでしょうか。(50代・男性)』


■タバコは原因の一つ。禁煙しなければもっと早く病気になったかも


タバコは肺疾患の原因の一つに過ぎません。禁煙したからといって病気にならない保証はありませんが、禁煙したから高齢になるまで肺疾患にならなかったのでは、と指摘する声もありました。

『確かに禁煙して数十年たってからでも肺疾患になる可能性はあります。しかし禁煙してもしなくても変わらないわけではありません。COPDの原因は多くが喫煙によるものですが、禁煙したから高齢になって発症したのではないでしょうか。もし禁煙していなければ、もっと若いうちに発症していたと思います。(看護師)』


『タバコを吸うからといってCOPDに絶対になるわけでもなく、タバコを吸ったことがなくてもCOPDになることはあります。もちろん禁煙をしたからといってCOPDを予防できるとも限りません。その理由は喫煙はCOPDを引き起こす原因の1つでしかないからです。(看護師)』


『どんなにタバコを吸っていなくても他のことが原因でCOPDになることがあります。高齢者の中には「長生きの秘訣はタバコとお酒」という人もいるほどです。しかし喫煙がCOPDになってしまうリスクを高めるのは医学的にも指摘されていることなので禁煙するに越したことはありません。(看護師)』


禁煙しても健康が戻るわけではない。悪化防止のための選択


禁煙したからといってそれまでの喫煙歴がリセットされるわけではありません。回復が見込めても非常に長い時間がかかります。これ以上悪化させないためにも禁煙は大切です。

『禁煙したからといって、すぐに正常で綺麗な肺に戻るわけではありません。一般的に綺麗な肺に戻るまでには、喫煙年数や本数など個人差がありますが、約10年で肺がんの発症率が非喫煙者と同じになるといわれています。喫煙し続ける限り、肺機能は弱っていきますし、禁煙しないと健康な肺には戻りません。(看護師)』


『禁煙することで肺が丈夫になるといえば、そういうことはありません。古い細胞が死んで新たな細胞が生まれることで多少の回復は見込めますが、明らかな回復はないと言われています。これ以上に悪化させないということが重要でしょう。(看護師)』


喫煙が肺疾患のリスクを高めることは医学的にも指摘されています。禁煙しなければ肺機能は弱っていくばかりです。これ以上悪化させないために禁煙はやはり必要です。

元記事はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タバコの害は何年も経ってから発症するから厄介です。逆に早々に身体的なダメージが出て、タバコとさよならできた喫煙者はラッキーだと思います。何年、何十年も経ってから全身を蝕みますが、喫煙者はそれをタバコが原因だと認めたくはないでしょう。なざなら、中毒にされてそのような思考回路になっているので。
タバコなんか、何の個性も無く、周囲からは煙たがられ、ただただ中毒になるしかメリットの無い化学合成物です。


by rrmat288 | 2016-02-20 06:25 | タバコ問題 | Comments(0)

糖質制限について

f0197703_10341264.jpg
スーパー糖質制限を実践されていたルポライターの桐山英樹さんが急死されたとのことで、メディアが一斉に糖質制限を槍玉に挙げています。桐山さんの場合は、糖質制限が死因ではなく、過労による心不全ということでしょうが、ここぞとばかりにアンチが騒ぎ立てています。(製薬メーカー、食品メーカー、外食産業etc...etc...)
TVを見ていて気になるのが、ちゃんと勉強したら解かることなのに、「糖質を摂らないと脳に栄養が行かない」と今だに言っているアナウンサーやコメンテーターが多いことです。
個人的に、1日2食で2食とも糖質制限(ご飯・パン・麺類・芋類・ビール・日本酒抜き)をして1年以上が経ちました。自分の中で口にできるもの、できないものがはっきりと判別できるようになりとても楽です。モチベーションを下げないためにコミュニティにも入っています。お客さんにも、何かプラスしてサプリなどを飲むより、口から入れるものを吟味して減らしたほうが良いというアドバイスに変わってきました。自分で実践して何より体調が良いし、少し食費は嵩みますが、お金も大して掛かりません。
食事療法は日常的に無理なく続けられることに意味があるので、糖質制限は1つの選択肢ですが、もし実践されるなら中途半端にするのではなく、最初に勉強して決意して始められることをおススメします。

by rrmat288 | 2016-02-19 10:50 | 地域・子供ネタ | Comments(0)