カテゴリ:ギターや楽器の話( 41 )

GIBSON ES-135 (1995年)

f0197703_17375923.jpg
Gibson ES-135 1995年製。

トップ:ラミネートメイプル
サイド&バック:ラミネートメイプル
ネック:メイプル
指板:ローズウッド
ペグ:クルーソン
ピックアップ:P-100
スケール:628mm
重量:3,8kg

1991年に製造され2003年に生産完了したモデル。新品でも18万くらいのモデルだったのではと思います。が、人気がありあまり値段も崩れていないようです。
ボディ内部にセンターブロックの在るセミアコ構造。ボディ厚が56mmありES-335(43mm)に比べるとやや重い印象です。
ボディカラーのラインナップは、サンバースト、ナチュラル、チェリーにこのエボニーブラック、そしてレアカラーのブルーバーストも在ったそうです。(ナチュラルもほぼ見ませんが)
f0197703_17483074.jpg
フローレンタインカッタウェイの後ろ姿がイカします。

f0197703_17525378.jpg
P-100ピックアップ。P-90のニュアンスを持ちながらローノイズらしい。リアはけっこうロックっぽい。
2000年代になるとハムバッキンになる。初期の頃にはミニハムも在ったらしい。

by rrmat288 | 2017-06-16 12:36 | ギターや楽器の話 | Comments(0)

Pignose PGG-200

f0197703_10550774.jpg
15の息子にせがまれて。。。アンプ内蔵のギターが欲しいという。その類のギターの先駆けとなったフェルナンデスのZO-3がバリエーション豊富で有名ですが、やっぱりこっちのフォルムかなと思い、これは親父が独断で購入。

f0197703_11010562.jpg
Voノブの部分を引っ張るとスピーカーがオンになる。フルテンにすると歪んできて、けっこうブーミーな音色に。

f0197703_11022165.jpg


f0197703_11024291.jpg
先般、知人からヤマハのフォークギターを譲ってもらったそうで、次はエレキも弾いてみたいという自然な流れから。
ちなみに、イヤホン端子も付いている。


by rrmat288 | 2017-04-29 06:54 | ギターや楽器の話 | Comments(0)

f0197703_10342768.jpg
1966年製 シカゴHarmony社製作のAirlineブランドのH7282。同社のロケットのH56と同型。シンラインのフォローボディフルアコ構造。

f0197703_10363561.jpg
独特のチェリーカラーがビザールっぽくもあり絶妙です。

f0197703_10390058.jpg
ガンビーヘッド仕様です。ロッドカバーには「Made in USA」

f0197703_10395188.jpg
Argyle Dearmond シングルコイルピックアップ。音圧は、先日のメテオのGoldfoilと変わらずまずまずでした。

f0197703_10414194.jpg
ピックアップの裏側に、NOV 17 1966が確認できる。

f0197703_10422808.jpg
Vo,TONEノブ

f0197703_10430429.jpg
ピックアップセレクターのノブがこんな感じでとくかく可愛らしい。

f0197703_10433906.jpg
fホールから覗いたボディ内にH7282が確認できる。

by rrmat288 | 2016-10-20 06:29 | ギターや楽器の話 | Comments(0)

f0197703_15234508.jpg
1961年製、Harmony 社のシンボディのフルアコ、METEOR。以前から物色していて、やっと良好な状態のが見つかったので。
このH70という機種は、1958年~1964年まで製造された。当時の値段は170ドル。キース・リチャーズが初期のストーンズで使っていたことで有名。
f0197703_15284823.jpg


f0197703_15291762.jpg
ちなみに、同機種でナチュラルカラーのH71はキンクスのデイヴ・デイヴィスが使用していた。

f0197703_15301886.jpg
ボディバック。ボルトオンジョイント。

f0197703_15304720.jpg
ヘッドロゴ

f0197703_15310900.jpg
ペグはオリジナルから近年の物に取り替えられているようでした。

f0197703_15315941.jpg
可愛らしいビザールギター特有のノブ。

f0197703_15323051.jpg
Fホールからボディ内を臨む。右上にS-61というのが確認できる。

f0197703_15332593.jpg

f0197703_15334136.jpg
トップはスプルースで生鳴りも大きい。ピックアップはDearmondのGoldfoil by Rowe Industries。ある時期を過ぎると、メイプルボディになり、ピックアップもムスタッシュタイプのものになるらしい。

f0197703_15432942.jpg
ピックアップの裏側

f0197703_15364274.jpg
これがムスタッシュタイプのもの。

f0197703_15371375.jpg
オリジナルの2トーンチップボードケース。

サウンドは、甘く抜けの良い音色がしていてたいそう気持ちが良いです。活躍させたいと思います。

f0197703_15382412.jpg
当時のメテオのチラシ。








by rrmat288 | 2016-10-11 06:22 | ギターや楽器の話 | Comments(0)

f0197703_16464838.jpg
エピフォンの50周年(創業からでなく、このモデルが誕生しての50周年)限定復刻で、2012年に発売されたソレント。中国製です。ボディカラーはロイヤルオリーブ。当時の新品価格は、93,450円。

f0197703_16491437.jpg
オリジナルと比べるのはナンセンスですが、中国製といえど作りが粗雑だとは思えません。
ラミネートメイプルのトップとバックにマホガニーネック。

f0197703_16504829.jpg
ロゴはビキニロゴ

f0197703_16513747.jpg
ウィルキンソンペグ。

f0197703_16520084.jpg
ピックアップはGibsonのミニハムが付いています。

f0197703_16534394.jpg
ブルーラベルもしっかり再現してあるところが憎いです。

by rrmat288 | 2016-09-17 06:45 | ギターや楽器の話 | Comments(0)

f0197703_16555121.jpg
これは1970年代後半(たぶん1977年)のエピフォン・ジャパンのリヴィエラ。
マツモク工業がノックダウンで生産していた頃のもの。

f0197703_17104703.jpg

ディープジョイント、メイプル3ピースネック。


f0197703_17170191.jpg

ダブルパラレログラムの指板インレイ

f0197703_17195127.jpg
「e」マークのオリジナルペグ。

f0197703_17223341.jpg

エピフォンのセミアコと言えば、このフリケンセイター・テイルピース。

f0197703_17251213.jpg
ブルーラベルがかなり退色しています。

f0197703_19182137.jpg
1970年代当時の希望小売価格は、79,000円

by rrmat288 | 2016-07-22 06:54 | ギターや楽器の話 | Comments(0)

f0197703_10265375.jpg
Newyork Epiphone、1953年製のゼファー・レジェントです。
関西の楽器屋さんで昨年末に格安で手に入れたもの。17インチボディのシングルラウンドカッタウェイ。
f0197703_10342994.jpg
こちらのページの情報によると、1950年代にこのゼファーはエピフォンでも一番人気のモデルであって、ギブソンのES-350の対抗馬であったようです。
60年代には、このモデルで薄型ボディをジョン・リー・フッカーが愛用した、とも記されています。

f0197703_10412038.jpg
これですなー

f0197703_10421547.jpg
これは胴が厚いタイプです。

f0197703_10425163.jpg
これが通称「ビキニロゴ」と呼ばれるヘッドストックです。

f0197703_11135414.jpg

ニューヨークエピフォン、トライアンフ→ゼニス→ブラックストーンとこのゼファーで4本目だけど、どれも威風堂々とした風格があります。

※買い替えのため、売却しました!!

by rrmat288 | 2016-06-10 06:24 | ギターや楽器の話 | Comments(2)

f0197703_11105326.jpg
Joe Barden JBT-1 テレキャスター バタースカッチブロンド
久々にやってしまいました、買ってしまいました。悪い病気です。
ジョー・バーデンのテレキャスターは既に1本 所有しているのですが、これがネックの握りや鳴りが素晴らしく良くて。。。このJBT-1は1ヶ月以上ずっと眺めていたのですが、、とうとうやってしまいました。
f0197703_11161914.jpg
 PCI (USA)から材を取寄せて、PGMが組み込みをした1本で、生産本数は極めて少ないのでめったに中古も出ない。
PGMは過去に2本所有して、ストラトは自分のようなテクでは畏れ多いと思い売却。もう1本のテレキャスターは、朋友に売却した。友達が所有していると思えば安心です(笑)どちらも、組み込み、鳴り共に素晴らしいギターでした。Fenderの大量生産ギターとは全然違うのが持ってみれば解かります。ところが、日本人はブランド志向が強いのか、売却するとなったら、こういったギターは3分の1以下になるのが現状です。
f0197703_11504556.jpg
USA CUSTOM GUITARSの刻印。ペグはゴトー製。
f0197703_11514941.jpg
ブリッジはフレーダム製に替わっています。
f0197703_11522862.jpg
ブリッジはJoe Barden刻印入り。鉄製のブリッジで、サドルは3連のブラスで角度の付いたもの。
リアピックアップは、ジョー・バーデンからベアナックル製ザ・ボスに替わっている。ジョー・バーデンPUより渇いた感じの鳴り。
f0197703_12005025.jpg
フロントは、Joe Barden DG-TL。シングルサイズのハム。前から持っているテレにはHBが載っていますが、HBよりもすっきりとした音色でテレキャスらしい音。
ちなみにミドルだと、こちらのJTB-1のほうが甘めの音色。
f0197703_12042731.jpg
ヘッドロゴ
f0197703_12044712.jpg
太めネックに、このジャンボフレットが最高!
f0197703_12052421.jpg
ボディはライトアッシュ1ピース。本体重量は3,4kg。少し濃いめ、黄なりのバタースコッチブロンド。フェンダーカスタムショップのダニー・ガットンモデル だと40万近くすることを考えたら、こちらは良心的な妥当な値段だと思います。

PGM/PCI /Joe Bardenについては、こちらのサイト を大変参考にさせていただきました。



by rrmat288 | 2016-02-27 07:09 | ギターや楽器の話 | Comments(0)

f0197703_12583409.jpg
息子に比べて、あれが欲しいこれが欲しいとあまり物欲のない高2の娘が、ここ最近「エレキベースが欲しい」と珍しくせがんでくる。
超初心者なので、Fenderなどの高額なものは与えるわけにもいかず(飽きてしまうかもしれないし)、Buskersなどの東南アジアさんのオモチャみたいなベースを与えるのも不本意で。。。昔のGrecoやTokaiも何やらけっこうええ値段になってるし・・・といろいろ考えあぐねていたところ。。。知人が懐かしのFresherを分けてくれることになりました。渡りに船でした。40年くらい前に33,000円で発売されたモデルで初心者用ですが、一応は日本国産。充分でしょう。
f0197703_13025815.jpg
楽器は古いけど、名前はフレッシャーですな!

by rrmat288 | 2015-11-17 13:03 | ギターや楽器の話 | Comments(0)

Silvertone 1429

f0197703_1652592.jpg

孤高のブルースマン、アズミさんから譲っていただいた、Silvertoneの3PUフルアコ、1429です。1960年代、当時170ドルほどで発売されたモデルです。
f0197703_167317.jpg

ブリッジの位置を固定するためにガムテープが貼られています。
ピックアップは、おそらくフロントがオリジナルのデュアルモンド、センターがテスコ製に替わり、リアも別タイプのデュアルモンドに替わっています。このテスコ製のピックアップ、なかなか良いです。
f0197703_1683212.jpg

Silvertoneブランドの供給元会社はKAYですが、同じくOEM供給は幅広くしてたHarmony社。同タイプのHarmony Rocket H59を以前所有していましたが、このシルバートーンのネックのほうが断然しっかりしてるような感じがします。
f0197703_1612262.jpg

ヘッド部
f0197703_16122579.jpg

Fホールより内部を覗いたところ。
by rrmat288 | 2015-06-02 07:04 | ギターや楽器の話 | Comments(0)