カテゴリ:映画・DVD鑑賞/読書( 352 )

ジェイソン・ボーン

f0197703_11023766.jpg
2016年アメリカ映画
<あらすじ>
ひっそりと暮らしていたジェイソン・ボーン(マット・デイモン)の前に、CIAの同僚だったニッキー(ジュリア・スタイルズ)が姿を現す。彼女はCIAが世界中を監視・操作するための極秘プログラムを立ち上げたことと、ボーンの過去にまつわるある真実を告げる。これをきっかけに、再び動き始めたボーンの追跡を任されたCIAエージェントのリー(アリシア・ヴィキャンデル)は、彼を組織に取り込もうとするが……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シリーズ最新作。前作までには叶わないという前評判ですが、なかなか楽しめました。無口なマット・デイモン、渋いっす!

f0197703_11042356.jpg
ニッキ―が、好きですが、今回は残念でした。。。


f0197703_11085320.jpg

ジュリア・スタイルズ。この方は「リリーのすべて」で可憐な奥さん役の方ですな。




by rrmat288 | 2017-03-18 07:06 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

f0197703_10083200.jpg
2015年韓国映画
<あらすじ>
1年前、弁護士ドンホ(ソン・ヒョンジュ)の妻ヨンス(オム・ジウォン)が殺されたが犯人は見つからず、何の手掛かりもないまま月日だけが過ぎていった。彼は弁護士の職を辞して犯人捜査を続けてきたが、妻の命日を機に復職しようと考えていた。だが命日を迎えると、殺されたはずのヨンスから彼の携帯に連絡が入る。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

久しぶりの韓国サスペンス。1年前と現在がタイムパラドックス的に展開していき、なかなかのハラハラ感が味わえます。エグいシーンはありませんので安心です。

f0197703_10101026.jpg
今回は、こいつが悪役です。

f0197703_10103803.jpg
奮闘する主人公は、「かくれんぼ」や「悪のクロニクル」のこの方。




by rrmat288 | 2017-03-15 10:08 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

ロシアンスナイパー

f0197703_11390806.jpg
2015年ロシア映画
<あらすじ>
1941年、ナチス・ドイツはソ連への侵攻を開始。大学生のリュドミラ・パブリチェンコ(ユリア・ペレシルド)は、その卓越した射撃の才能を見いだされてスナイパーとして戦場に駆り出される。ナチス兵を次々と狙撃していった彼女は、ナチスに「死の女」と呼ばれて恐れられる一方で、ソ連軍上層部には戦意高揚のシンボルとして利用されていく。黙々と敵の狙撃を繰り返し、彼女は戦場で出会った男性と恋に落ちるが、彼を失ってしまう。やがて戦争は激化し、リュドミラらソ連軍はセヴァストポリ要塞に追い詰められ……。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


実在したスナイパー、リュドミラ・パブリチェンコを描いた映画。ヒロインが可愛い過ぎる感があるけれど、戦場シーンはまあまあの臨場感でした。


f0197703_11433747.jpg

主演のユリア・ペレシルド。


f0197703_11445407.jpg

実物のリュドミラ・パブリチェンコ。58歳で病死しているらしい。




by rrmat288 | 2017-03-13 06:37 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

f0197703_11333615.jpg
2015年韓国映画
<あらすじ>
ヒマラヤ8,000メートル級高峰14座の登頂に成功した登山家オム・ホンギル(ファン・ジョンミン)は現役を退いた後、後輩ムテク(チョンウ)がエベレストで遭難死したことを知る。そこは地上8,750メートル、人間が生存できないデスゾーンと呼ばれる領域だった。後輩の遺体を回収するため、オム・ホンギルは共に偉業を成し遂げた仲間を再び集結させ「ヒューマン遠征隊」を結成し、記録には残らない遠征に挑む。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前半は、韓国映画特有のコミカルな表現で子弟関係や、登山家同士の絆を描き、後半は過酷な登山シーンを描く。ファン・ジョンミンのインタビューにもあったけど、撮影もかなり過酷なものだったという。本当にどうやって撮影したのか?というシーンが沢山盛り込まれている。

f0197703_11405909.jpg
熱い男、ファン・ジョンミン最高です。最後は泣かされました。



by rrmat288 | 2017-03-11 07:32 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

コンカッション

f0197703_11130928.jpg
2015年アメリカ映画
<あらすじ>
医師のベネット・オマル(ウィル・スミス)は、ナイジェリアからアメリカへと渡る。検死官としても働く彼は、アメリカンフットボールのリーグNFLを引退した元ピッツバーグ・スティーラーズのスター選手、マイク・ウェブスター(デヴィッド・モース)の変死解剖を担当することに。その結果、マイクの死が頭部への激しいタックルが原因で引き起こされる脳の病気・慢性外傷性脳症であることを突き止め、論文にして発表する。しかし、NFLはその見解を全面的に否定し……。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

良い映画でしたが、NFLの執拗な嫌がらせや圧力が全然感じられず、イマイチな感じでした。惜しいです。




by rrmat288 | 2017-03-08 07:12 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

ラ・ラ・ランド

f0197703_12301196.jpg
公開中
<あらすじ>
何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミア(エマ・ストーン)は、ピアノの音色に導かれるようにジャズバーに入る。そこでピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会うが、そのいきさつは最悪なものだった。ある日、ミアはプールサイドで不機嫌そうに1980年代のポップスを演奏をするセバスチャンと再会し……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
娘が観に行って大絶賛で、その日の夜に自分も行きました。
アメリカの良い時代、良い映画・音楽へのオマージュが散りばめられ、老若男女、3世代くらいが見てもみんなが楽しめるファンタジー映画じゃないでしょうか。

f0197703_12341812.jpg
冒頭のハイウェイのシーン。よく撮影できたな~とツカミはOKです。

f0197703_12364389.jpg
歌も素晴らしく、表情豊かなエマ・ストーンの遷ろう衣装にも注目したいです。

f0197703_12390700.jpg
そして「ドライヴ」のライアン・ゴズリング。ジャズについて熱く語るシーンも良かったし、最後の最後のシーンも良い味出してました。ナイスガイ!!




by rrmat288 | 2017-03-02 06:29 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

f0197703_15342519.jpg
2015年
<あらすじ>
第二次世界大戦も終わった1945年。レジスタンス活動に身を投じていたアンジェリーナの帰りを待つセザール爺さんとセバスチャンだったが、彼女が乗っていた飛行機が墜落したとの報せが! 飛行機乗りのピエールに墜落現場周辺を調べるよう頼み込むセザール。だが、離陸したセザールの小型機にセバスチャンと愛犬ベルが潜り込んでいて…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ベル&セバスチャンの続編が出ておりました。劇場は未公開かな?
監督が1作目とは違うようですが、なかなかのアドベンチャー作品になっています。

f0197703_15391589.jpg
聡明で勇敢なピレニーズのベルが堪らないです。

f0197703_15395834.jpg

亡くなったはずのセバスチャンの実の父が登場。徐々に親子の絆強めていく。



by rrmat288 | 2017-02-28 06:32 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

帰ってきたヒトラー

f0197703_10165524.jpg
2015年ドイツ映画
<あらすじ>
ナチス・ドイツを率いて世界を震撼させた独裁者アドルフ・ヒトラー(オリヴァー・マスッチ)が、現代によみがえる。非常識なものまね芸人かコスプレ男だと人々に勘違いされる中、クビになった局への復帰をもくろむテレビマンにスカウトされてテレビに出演する。何かに取りつかれたような気迫に満ちた演説を繰り出す彼を、視聴者はヒトラー芸人としてもてはやす。戦争を体験した一人の老女が本物のヒトラーだと気付くが……。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ベストセラー小説を実写化したコメディードラマということですが、風刺&ドキュメント&ロードムービーといった作り。本当に笑って見ていられない、けれどなかなか面白い凝った映画だと思いました。



by rrmat288 | 2017-02-23 10:22 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

f0197703_09513135.jpg
2015年アメリカ映画
<あらすじ>
アメリカ屈指の製薬会社の薬害問題を追うチャールズ・エイブラムス(アル・パチーノ)率いる弁護団は、決定的な証拠を見つけられずにいた。チャールズの事務所に所属する野心家の弁護士ベン・ケイヒル(ジョシュ・デュアメル)は、ある女性から製薬会社の秘密の臨床ファイルを手に入れる。しかし、それを機にベンは人間の欲望に振り回され、思いも寄らぬ状況に追い込まれていき……。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


豪華キャストにかなり期待値を上げて劇場に向かいましたが・・・・ざわめく効果音とカメラワークやりすぎ、、、イ・ビョンホン起用の意味がようわからん、、、内容的にも驚くような展開はなく、、、なかなか残念な1本でした。。。まあこんなのが在るから名作が映えるのでしょうが・・・




by rrmat288 | 2017-02-14 06:50 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)

f0197703_19362099.jpg
2015年イギリス映画
<あらすじ>
1945年5月8日、ドイツとの戦争に終止符が打たれたロンドンでは、人々が戦勝記念日を祝っていた。この機会を逃せば二度とチャンスはないと察した19歳のエリザベス王女(サラ・ガドン)は、父親の国王ジョージ6世(ルパート・エヴェレット)に対して宮殿の外に出たいと懇願する。何とか許可をもらえた彼女は、妹マーガレット(ベル・パウリー)と共にオシャレしてお忍びでホテルに向かうと……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

安心して観ていられるロマンティックで甘酸っぱい映画です。噂通りに、「ローマの休日」のような・・・

f0197703_19375843.jpg
左側の妹がハチャメチャでそれに振り回される主人公ですが、そのお陰でいろいろな出会いを体験します。


f0197703_19391209.jpg

それにしても、主演のサラ・ガドンちゃん(カナダ人)の澄んだ青い瞳にはぐぐぐ~~と惹き込まれます。





by rrmat288 | 2017-02-09 06:33 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)