カテゴリ:音楽CD(レコメンド)( 187 )

Mooney /BAR LIVE 62

f0197703_10503029.jpg

ここ最近の愛聴盤です。
大ベテラン:ムーニーさんのバーライブ。シャイ&ムーニーで活躍するムーニーさんに初めて会ったのももう20年以上前になるのかな。
それよりもっと前の5年くらい前から近場のバーから始まったという、バーライブ。このアルバムは、そんなバーでの弾語りライブをまんまパックしたもの。あの楽しい酒場での雰囲気がモロに伝わってきます。ムーニーさんの声良いなあ~ギター良いなあ~、ルーツミュージック良いなあ~といろいろ楽しめる1枚です。
f0197703_10565828.jpg

by rrmat288 | 2014-02-01 10:58 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(0)

f0197703_14132933.jpg

来る2月1日(土)にこのようなイベントをします。
アズミさんが1日店長の「くすり屋アズミ」です。飲食物持込み歓迎。
※要予約でお願いします。
by rrmat288 | 2014-01-14 14:15 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(0)

f0197703_10175654.jpg

フェイム・スタジオ@アラバマ州マスル・ショールズを拠点に、アーティストへのソングライティング及び自らも歌ったジョージ・ジャクソンのレコーディング第3集。
この前亡くなったばかりなのですね。まだまだ音源は沢山在りそうですね。
f0197703_10205335.jpg

一発目から軽快なソウルナンバーで浮き浮きします。
f0197703_10214172.jpg

by rrmat288 | 2013-12-10 10:24 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(0)

f0197703_1224137.jpg

何もせんかった日曜。日がな一日、音楽聴いたりDVD観たりしました。

先日、ネットサーフィンしててたまたま見つけたロバータ・ガンバリーニ。
1972年イタリア生まれ。もう何回も来日してるんですね。

日本のファンへの特別な企画盤ということで、筆者のようなジャズ素人でも耳にしたことのあるスタンダードや、カーペンターズのカバーが散りばめられている。

同じくスタンダードの⑤ノーバディ・エルス・バット・ミーの完璧なスキャット!!!何かの記事で読んだけど、この方のスキャットは全くのアドリブではなくて何か計算?法則が有るらしい。

f0197703_1217499.jpg

じっくり何回聴いても飽きない1枚です。


f0197703_12174540.jpg

おまけ画像。ご近所宅の年末のイルミです。いつも帰宅時に楽しませていただいてます。
by rrmat288 | 2013-12-09 12:18 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(0)

f0197703_15222616.jpg

3ピース、R&Rバンド:夜ストの今月発売の新しいアルバム。
①のタイトルチューンの威勢の良さが、このアルバムを物語っています。痛快です。

♪♪♪
14歳でわかったことがある
14歳で手に入れたものがある
俺はここで暮らしていく
俺はここに帰ってくる
バック・トゥ・ザ・ロックンロールワールド
♪♪♪

f0197703_15245075.jpg

どこか人懐っこいVo:ブラインドミウラストレンジャー氏の声。インストの⑥、ベースの南マキ子嬢がヴォーカルを取る⑩も良し。
f0197703_15302890.jpg

ギターはES-175withピグスビーアーム。
by rrmat288 | 2013-11-20 15:31 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(0)

f0197703_154325.jpg

1969年、32歳で亡くなったマジック・サムの68年のライブ音源。シカゴから車で2時間ほどのミルウォーキーのアヴァンギャルド(喫茶店のようなところらしい)にて。
f0197703_1581497.jpg

モダンシカゴブルースでは教科書的な存在と言える名盤「ウェストサイド・ソウル」発売から半年、次作「ブラック・マジック」の録音を控えていた時期のライブ。
今までライブ盤やブートでは音質の良いものが無く、「ナンだかなあ・・・」と悔しい思いをしたことも多々でしたが、これは高音質・音圧で迫力があります。ぜひぜひ大きい音で聴きたいところです。
f0197703_15154370.jpg

ライブの冒頭「ハハハハ!準備はいいかな。じゃ、始めよう!」と不適な笑いと共にスタートする「SAN-HO-ZAY」ゾクゾクしますよ!!
by rrmat288 | 2013-11-12 15:21 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(2)

f0197703_1759228.jpg

和田勉か!!!(笑)

違います!オーティス・クレイ大先生の最新作。

御歳71のオーティス・クレイ6年振りのアルバム。ミディアム・スローナンバー中心に、ブルーズン・ソウル調の曲もあり、ベテランならではの聴き応えある1枚です。

f0197703_1815655.jpg

ウォーマックや自身の曲のカバーもあり、14曲どの唄も秀逸です。

シカゴの片田舎のライブバーで「日本から来た友達よ」って握手してくれたオーティスさん。あの夜のことは一生忘れません!
by rrmat288 | 2013-11-01 18:06 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(0)

Nick Lowe/Quality Street

f0197703_12202353.jpg

ニック・ロウの新作はクリスマスアルバム。
タイトルは英国の有名な菓子メーカーから採ったそうです。
f0197703_12212814.jpg

クリスマスアルバムといっても、在り来りな選曲ではなくて、古い聖歌や忘れ去られた名曲、そしてニックロウのオリジナル曲と全12曲どれも素朴で味わい深い作品に仕上がっています。
f0197703_12233115.jpg

派手さは無く、まさに「大人用クリスマスアルバム」といった趣き。
スローの②、④、⑦、⑪辺り。。。円熟の渋いニックロウさんの声。。暖炉の在る部屋とかで聴いたらハマるだろうなあ~!!
by rrmat288 | 2013-10-31 12:26 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(0)

f0197703_11475531.jpg

同じくキングビスケットレコードにて。
随分前に勧められて、クリスマスアルバムを購入したことが有りまして。軽妙洒脱でありながら、温かみと味を兼ね備えたピアノを思い出し購入しました。年齢性別問わず、どなたでも楽しめるアルバムではないでしょうか。
f0197703_11521690.jpg

サンフランシスコ出身の名ピアニスト:ヴィンス・ガラルディは65年~70年代にTVアニメ版『ピーナッツ』で音楽を担当した人だそうで、1928~1976年。短命で逝かれた方なのですねー。
f0197703_11551683.jpg

逆への字!!(笑)カイゼル髭というんでしょうか!!この方がヴィンス・ガラルディさん。

トラック①のオー、グット・グリーフって曲です。「やれやれ・・とほほ・・・」みたいな意らしいですが、演奏は小洒落ています。
by rrmat288 | 2013-10-15 11:59 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(2)

f0197703_11351377.jpg

連休中にお馴染みのキングビスケットレコードさんへお喋りしに訪問。その際に購入した1枚。
アトランティックの1000円シリーズ。
キング・カーティスのライブ・アット・スモールズ・パラダイス。
1971年の名盤ライブ・アット・フィルモアウェストから遡ること5年。ハーレムの根城としていた箱でのライブ。このライブの後に、ギターのコーネル・デュプリーさんはいったんテキサスに帰郷するらしい。
バックメンバーは・・・
ルヴィン・ラスティ(トランペット)
ウィリー・ブリッジズ(バリトン)
コーネル・デュプリー(ギター)
ポール・グリフィン(ピアノ)
チャック・レイニー(ベース)
レイ・ルーカス(ドラム)
f0197703_1142399.jpg

この他に8曲アウトテイクが存在するらしいけど、収められているのは10曲。曲によってフェイド・アウトしているものも有って「?」だけど、充分楽しめる。3管のド迫力の間をスイスイ泳ぐようなコーネル・デュプリーさんのギターは素晴らしい。
by rrmat288 | 2013-10-15 11:46 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(0)