カテゴリ:音楽CD(レコメンド)( 187 )

AZUMI/夜なし

f0197703_924529.jpg

大阪のAZUMIさんの新譜が届きました。
春頃に「東京でレコーディングしてくる」と言われてたのが、形になったようです。
鈴木常吉さんプロデュース。コーラスに白崎映美さんも参加されています。
f0197703_9275763.jpg

ここ最近のライブでは定番の曲がパッケージされています。
特に好きだった①6月25日、②いとしい人、⑦播州平野に黄砂が降る、辺りが収録されてて嬉しい。
f0197703_9333948.jpg

そして今回は2枚組み!Disc②はアズミ音頭、あべのぼる一代記!ドラムと管が入っていて、賑やかで迫力ある演奏です!!

ということで、来月はアズミさん岡山2デイズの酒場ライブ!!

☆アズミ(唄&ギター)酒場ライブ☆

◎9月27日(土)20時頃~
Thailand食堂 カードン@岡山市北区奉還町2丁目1-20 
TEL:086-252-5002

◎9月28日(日)20時頃~
ちゃぶ屋 かりゆし@岡山市北区表町1丁目8-52 
TEL:086-221-1666

両会場とも満席になると思われますので、各お店へ予約をお勧めします。


by rrmat288 | 2014-08-30 09:38 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(0)

AZUMI インスト13

f0197703_1535012.jpg

先日のサンホールで購入したアズミさんの録りたての自家製CD-R。
アズミさんの数多の作品の中でインストのみで構成された物は、初めてではないでしょうか。
f0197703_15363646.jpg

帯によると「台風過ぎた7月11日の昼下がり。あんまり気持ち良い風が入ってくるので部屋にある楽器をいっぱい使ってインスト13曲をいっきに入れました」とある。
楽器は・・・カワイパーラー、モンタナフラットトップ、マストロ・ミニプラスチックギター、ハーモニー・カウボーイギター、ミニお琴、ディドリーボウ と記載がある。

アズミさんの浪速のお住まいには一度伺ったことがありますが(その時、確か手製の冷や奴をよばれた・笑)そこで、ぼつぼつと録音された光景が目に浮かびます。

暑い最中に、縁側で素麺でも食いながら聴きたい音が詰まっています。
by rrmat288 | 2014-07-23 15:43 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(0)

f0197703_1557581.jpg

Geraint Watkins/moustique (2014年)

ニックロウの片腕的存在、ゲラント・ワトキンスさんの新譜「moustique」。「蚊」のフランス語なのかな。
f0197703_15582282.jpg

オリジナル12曲。ソウルフルでありながらも極めて上品に聴こえる楽曲。前作同様、いろんなルーツが垣間見えて味わい深いアルバムです。
by rrmat288 | 2014-07-17 16:05 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(0)

ANDERS OSBORNE/COMING DOWN

f0197703_15113519.jpg

スウェーデン出身、ニューオリンズ在住のアンダーズ・オズボーンの2007年作品。
2005年のハリケーン・カトリーナ被害の失意の中で製作された盤とか。
f0197703_15142490.jpg

近年のロックサウンドや実験的な音はなく、アコースティックの柔らかい音とメロディに、アンダーズ・オズボーンの突き抜けたボーカルが気持ちよいアルバムです。

by rrmat288 | 2014-07-10 15:16 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(0)

Ida Sand/The Gospel Truth

f0197703_11193088.jpg

お馴染みキングビスケットレコードさんのレコメンドにより知り得た北欧のジャズヴォーカリスト、イダ・サンド。存在感のあるジャケです。そこはかとなく憂いを湛えた表情・・・もうええ歳かと思っていたら、1977年生まれで、まだ37歳。失礼しました・・・このアルバムが3枚目らしい。(2011年録音)
f0197703_1122861.jpg

ザ・ゴスペル・トゥルースが何で「淑女の宝物」になるんだろ(笑)曲名もいちいち邦題要らんしなー。
⑩のオリジナルを除いては、他はカバーで誰しもが何処かで聞いたことのある選曲です。②の中低音のハミングから乾いたアナログサウンドはなかなかゾクゾクとする(ギターも良い)のと、③のラウル・ミドンとの共演も美しい。(オルガンの音色も良い)⑦のグっと抑えた感じで唄う声が魅力かもしれない。逆にサム・クックの④やジョン・ハイアットの⑨は、わりと在り来りで本家を凌駕できていないと思われます。(個人的好みなので、上から発言で失礼!)日本盤はボーナストラックは有りませんが歌詞・対訳付きです。

by rrmat288 | 2014-07-04 11:32 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(0)

f0197703_15283738.jpg

LAST DANCE/Keith Jarrett&Charlie Haden
2014年6月リリース。
柄にもなく(?)こんなのも聴きます。
大御所キース・ジャレットさん(P)と朋友チャーリー・ヘイデンさん(B)のデュオ。

職場で流す音楽は、ビートの利いたものは避け、耳に障らないアコースティックで柔らかいものにしています。

このアルバムは2010年リリースの名盤「JASMINE」の続編ということですが、新しく録音されたものではなく、ジャスミンと同じ2007年にキース・ジャレットさんの自宅で録られた音源のようです。

f0197703_15291945.jpg

01. My Old Flame
02. My Ship
03. ‘Round Midnight
04. Dance Of The Infidels
05. It Might As Well Be Spring
06. Everything Happens To Me
07. Where Can I Go Without You
08. Every Time We Say Goodbye
09. Goodbye


全編スローですが、④のパド・パウエルの「Dance of The Infidels」のみがアップで弾けてて良いです。
BGMにするよりは、ちゃんとしたスピーカーシステムの前でじっくりと聴いたほうがよい類の音楽です。
by rrmat288 | 2014-06-19 15:30 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(0)

f0197703_1323653.jpg

博多のブルースマン、ハリケーン湯川さんの4月30日発売の新譜。通販で先日届いた。
昨年の10月にライブを観ていたので楽しみにしていたアルバムです。

このアルバムは凄いです。ハリケーンさんのラフなようで正確なフィンガーピッキンはもちろんのこと、ライブを重ねて来たバンドならではの息、タイム感。
1950年代~60年代のシカゴブルースの黄金時代。あのうらぶれた、ヤクザ的な雰囲気がプンプンします。というか、日本のブルースバンドでここまであの空気感を出せたアルバムって有ったっけ?という感じです。。長年の愛聴盤になりそうな予感です。
f0197703_1393349.jpg

最終トラックのオリジナルのミディアムスローナンバー「Heart Beat」。ちょっと恥ずかしそうに唄うところがグっと来ますね。
f0197703_1314775.jpg

渡辺圭一さんのレビューがいい!!
by rrmat288 | 2014-05-08 13:15 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(0)

Dan Penn/I Need A Holiday

f0197703_159792.jpg

「あ~食った、食った。うん??メールか?誰からじゃ??」そんな感じの1枚か(笑)
爪楊枝をくわえ、車に腰掛け、携帯をチェックしているオジサンがDan Pennさんです(笑)

ここ数日、激しくへヴィロテさせているデモ音源の三集目。
f0197703_15115015.jpg

スローな曲調が多いなか、80年代っぽい音も。
この方は、ゆったりと大らかな歌唱だけど、たまに気合い入れて歌うとこがミソです(笑)
⑩の「Peace In Poretta」これはグッときます。
by rrmat288 | 2014-04-19 15:16 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(0)

THE ROBERT CRAY BAND/IN MY SOUL

f0197703_11143054.jpg

ロバート・クレイさんの1,5年振りの新譜。最近、アルバムのジャケットがカッコいいねえ!!
f0197703_11155814.jpg

ロバート・クレイ節というか、渋好みのブルーズン・ソウルが多い中でも②のオーティスのカバーや⑧のインストなど、カラっと明るいナンバーも有って良いです。王道の正確無比なカミソリのようなギターの音色が心地良いですが、甘いトーンの曲も有ります。
f0197703_11182154.jpg

1999年のTake your shoes off 以来のスティーブ・ジョーダンのプロデュース。自分も少し叩いてるようです。
新進気鋭、若手と言われてたロバート・クレイさんも、もう還暦を過ぎていますが、これからもガンガン弾き倒してほしいです。
by rrmat288 | 2014-04-15 11:28 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(0)

HOBO HOUSE/RIKUO

f0197703_11372228.jpg

リクオさんの5年以上ぶりの新譜なのかな。「HOBO HOUSE」
気合いの入った1枚です。
埼玉県の入間市のグズリレコーディンハウスという米軍ハウス街だった一角をスタジオに改装した場所で録音されている。
冒頭の「光」のウーリッツァーのエレキピアノサウンドに象徴される柔らかな、懐かしいレイドバックサウンドで、「リクオ節」とも呼べる優しいメロディと詩の数々です。
5月は久しぶりの岡山モグラ。楽しみに待とう!!
by rrmat288 | 2014-02-28 11:44 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(0)