カテゴリ:音楽CD(レコメンド)( 187 )

勝手にレコメンド

f0197703_1205055.jpg

ジャムバンド…ジャズファンク…ファンクジャズ…レア・グルーヴ?

個人的にこの類の音楽をじっくりと聴くことは稀である。

それは、やっぱり「唄もの」が少ないからか、すぐにBGMと化して聴き流してしまう。
しかし…ついつい買ってしまうのがこの手のジャンルじゃなあ。


時計回りに…
GROOVE PARTY/コンピレーション…最近のファンクジャズバンドの寄せ集めCD全20曲。好盤。コストパフォーマンス高し。


BABY CHARLES ♀シンガー ディオンヌ・チャールズ率いるコンボ。これ新録なん??と耳を疑うほどに60年代のファンク色プンプン!
個人的には西海岸のradを想わせる声じゃった。


THE NEWMASTERSOUNDS/LIVE IN SAN FRANCISCO
重鎮ニューマスターサウンズのライブ盤。
エディ・ロバーツのギターはイカすねえ。
二曲目のドラムが「ツカツカツカツカ…」というあのノリはサイコーじゃなー。

以上。携帯から長うなったなあ~
風呂入ろっ
by rrmat288 | 2009-01-27 01:20 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(2)

勝手にレコメンド

f0197703_17543083.jpg

昼休憩にキンビスへ行って油を売った。今回はピアノものを2枚。
THE  PETE JOLLY TRIO「LITTLE BIRD」
ピート・ジョリー(1932→2004)の、おしゃれで爽やか、粋で明るいピアノジャズが
満載の好盤。木枯らし吹くこの寒い時期にはドンピシャですなあ~。

こういった音楽はやっぱりアナログのレコードで、ええオーディオで聴くのんがスジなんじゃろうかなー。ちょっと自分にはお洒落過ぎる感じもする。。。


f0197703_1844876.jpg

PIANO RED/DIGGIN'THE BOOGIE
どちらかというとこっちの方が性に合っている。50年代のブギウギピアノ、ピアノレッド!
全編快調ブギウギブルース!暗い曲は一個も無し!
な~んにも考えずに聴けまっせー。

f0197703_18165418.jpg

そしてついでにもう1枚。
知り合いのTTIさんに焼いていただいた大工哲弘のCD-R。
渋い、渋すぎるジャケ。こりゃあミシシッピ・フレッドマクダウェルのようなブルースマンの
ジャケやがな。
<大工哲弘>
1948年沖縄県八重山郡石垣市新川に生まれる。
八重山地方に伝承される多彩な島唄をこなし、八重山民謡の第一人者としての地位を築いている。 その島唄に愛情をこめて歌う姿勢には共感者が多い。

聴きこめば聴きこむほど味の出る、これもまた所謂「スルメミュージック」だなあ~~
by rrmat288 | 2009-01-16 18:22 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(2)

f0197703_2545623.jpg

我が師、アズミさんの通算12,3作目に当たるんだろうか…
新作が届いた。


携帯の録音機を持ち歩き、2008年は「月刊アズミ」と題して1月から毎月cd-rをリリースしてきたアズミ氏の今年の集大成といえるこのCDの題名は「アルバム」である。「これがワイの今年の音や。聴いてくれや~」という感じ。


全14曲。浪速のブルースマンとか言われるアズミ氏だが、もう完全にブルースなんかを消化した「アズミミュージック」だ。
帯に「これはもはやポップスだ」みたいな事が書かれていたが、間違いではないと思う。
良い意味でいつも期待を裏切るアズミ氏は常に進化している。
じっくりと酒を飲みながら聴いていると夜が更けてしまった…
by rrmat288 | 2008-12-04 02:54 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(6)

f0197703_13514355.jpg

f0197703_13514358.jpg

初めて携帯からアップしてみる。

大好きなレコ屋、キングビスケットのカウンターで見つけた「静岡ロックンロール組合」なるCD。

帯によると、1973年、当時静岡の高校生が完全自主製作したアルバムらしい。

「東の村八分」「早過ぎたRC」との異名を持つ。

原盤は10万前後のプレミアとか!!

音的には、程よいノイズが時代を感じさせる。ロック=不良と認識されていた時代の、汚れの音である。

サイケ、ガレージ、ブルース、ロックンロール…などのドロドロしたルーズな退廃的なムード。パンクとも言えるかな。

しかしこの演奏、声が当時ティーンエイジャーのものだとは想像し難い。
by rrmat288 | 2008-11-26 13:51 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(3)

勝手にレコメンド

f0197703_1822929.jpg


藤井一彦/LAZY FELLOW
くるりやGO!GO!7188など若いバンドからも絶大な支持を
得る日本屈指の3ピースバンド、THE GROOVERSの
ボーカリスト藤井一彦の初ソロ弾き語りアルバム。
通販とライブ会場のみの販売だ。

f0197703_18253194.jpg

全8曲中、新曲6曲にGROOVERS初期の名曲「ウェイティング・マン」、
カバーはなんと「MOON RIVER」である。

f0197703_18271719.jpg

中ジャケもイカす!

昨年だったか、ホームタウンの福山ポレポレで拝見した。
ニヒルなボーカルに、渋く時に切ないメロディーは一瞬ボブ・ディランを思わせる。
山口洋の弾き語りアルバム「made in Aso」に次いでフェイバリットになりそうな予感。


岡山来てくれんかなあ・・・

f0197703_18303214.jpg

初回限定ピックもFENDERを模していてセンス良し!
by rrmat288 | 2008-11-13 09:00 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(6)

CD from 黒爺

f0197703_10513397.jpg

黒爺先生から早速に2日の音源が届いた。

改めて聴いてみると・・・勉強になるなあ・・・自分は雑な演奏じゃな~と反省しかり。

酒を飲むとリズムが走る傾向大あり!

演奏前の飲酒量:缶ビール(350ml)×3&生ビール(豚松にて)×3。。。。


黒爺先生、忙しい中今回も有難うございました!




今晩からは、「人間尊重の会」(医療費削減の会とも言う)の若手会だ。
中部地方から講師がやってくる。
懇親会スタートが23:30!!
「水味夕食時間を守れ」と普段習っているだが・・・
水分・・・摂りすぎ、身体冷え冷え~
味・・・・・酒のアテだから濃いよー
夕食時間・・・23時30分スタート  

「水味夕食時間を守れ・・・・」みんな出来っこないから啓蒙し続ける。。という説もある。
by rrmat288 | 2008-11-08 11:26 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(2)

勝手にレコメンド

f0197703_1056027.jpg


話題の女4人組バンド「ズクナシ」の「底なし」というアルバム。

変わったバンド名だが、長野の方言で「めんどくさがりや」という意味らしい。
1回聞いて印象に残るバンド名はいいね。

ボーカルのGOODSUNは、「ジャニスに歌い方が似てるね」と人から言われて
初めてジャニス・ジョプリンを知ったという逸話がある。

「魂踊るダンスミュージック」というふれ込み通り、ファンキーなナンバーが続く。
ぜひ1回ライブを観てみたいバンド。

f0197703_1103742.jpg

by rrmat288 | 2008-11-01 11:02 | 音楽CD(レコメンド) | Comments(8)