2017年 10月 18日 ( 1 )

f0197703_19323778.jpg
2016年
<あらすじ>
ウォール街のエリート銀行員ディヴィス(ジェイク・ギレンホール)は順調に出世し、リッチで何不自由のない生活をしていた。ある日、交通事故で美貌の妻が他界するが、涙を流せず、感覚を失っていることに気付く。彼は義父の言葉をきっかけに、身近なものを壊し始め……。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


なかなか不思議な印象の映画でした。ジェイク・ギレンホール、何を考えているのか解らない役やらせたらピカイチかも。原題は、DEMOLITION で解体・破壊という意味。文字通り主人公がいろいろなものを分解したり破壊したりして、再生を手繰り寄せるヒューマンドラマです。ナオミ・ワッツ演じるシングルマザーとその連れ子との関わりが中盤の肝になる。


f0197703_19372145.jpg

とうとう、瀟洒な自宅まで無残にぶっ壊す!笑


f0197703_19390124.jpg

ナオミ・ワッツ、ええ感じでエイジングされてます







by rrmat288 | 2017-10-18 06:31 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)