f0197703_11231624.jpg
早明浦ダムを後に安居渓谷へ。道中に見えた川面。なかりの透明度!!

f0197703_11242157.jpg


f0197703_11251120.jpg


f0197703_11254130.jpg
小1時間で到着


f0197703_11261375.jpg
全部歩くと1日終わってしまうので、ピンポイントで眺めることに。
f0197703_11272899.jpg
水晶淵の降り口に在る、背瀧の滝。

f0197703_11300242.jpg
水晶淵

f0197703_11304833.jpg
水着女が!日焼け止め塗って川に浸かってたが、、、アカンやろー(怒)男はタバコ吸うとるし(怒)こういう輩は自然の中へ来んな。

f0197703_11374143.jpg
遊泳禁止ではないようですが、水温けっこう冷たいです。

f0197703_11391920.jpg


f0197703_11395845.jpg


f0197703_11405231.jpg
防砂ダム付近。綺麗ですな~


f0197703_12142180.jpg



f0197703_12150441.jpg


f0197703_12154515.jpg



f0197703_12163058.jpg



f0197703_12170767.jpg
帰りに「見返りの滝」を眺める。

f0197703_12180671.jpg
また小一時間かけて、にこ淵へ。


f0197703_12185580.jpg
にこ淵は、水神の化身とされる大蛇が棲む所とされ、地元の方は近寄らない神聖な場所。

・・・・なんですが、TVで紹介されて長蛇の列。秘境でもなんでもなく、観光地化しています(哀)

f0197703_12205152.jpg
普通なら5分で降りられるところを、こうして遅遅として進みません。20~30分待ったかな。

f0197703_12221143.jpg
そんな行列の中、山の中でアイコスをふかすバカを発見!注意&罵倒してもよいレベルですが、旅先で揉めるややこしさもあり放っときました(怒)


f0197703_12235863.jpg
半分くらい降りたとこから臨める滝つぼ。

f0197703_12245650.jpg
ここを降りたらすぐです。なかなかアクロバティックで投入れ堂を思い出すなあ~。


f0197703_12373605.jpg
到着!!わーーい!!待った甲斐あって、感慨もひとしおでした。


f0197703_12385315.jpg
時間帯や光の差し込み具合によって七変化する水面。

f0197703_12402556.jpg
仁淀ブルー、満喫!!
百聞は一見に如かず、を実感しました。行って自分の目で見ないと解りません。


f0197703_12415399.jpg
なかなか来ることができないでしょうが、この神聖な場所がこのまま続きますように願いをこめて帰りました。


f0197703_12430183.jpg

帰る道中の山々。中国山地より山が切立ってるような感じです。

f0197703_12440475.jpg


f0197703_12443594.jpg
温泉が併設されている、道の駅木の香へ。

f0197703_12451954.jpg
ここらの川もとても澄んでいます。

f0197703_12454879.jpg
ろくに食事していなかったのでレストランへ。

f0197703_12462944.jpg
キジラーメン。キジの練り物が乗っているけど、1000円(税込)は高い印象。

f0197703_12472316.jpg
しかしながら、アッサリで美味しかったです。



by rrmat288 | 2017-09-01 07:00 | 自然・滝 | Comments(0)