2017年 03月 13日 ( 1 )

ロシアンスナイパー

f0197703_11390806.jpg
2015年ロシア映画
<あらすじ>
1941年、ナチス・ドイツはソ連への侵攻を開始。大学生のリュドミラ・パブリチェンコ(ユリア・ペレシルド)は、その卓越した射撃の才能を見いだされてスナイパーとして戦場に駆り出される。ナチス兵を次々と狙撃していった彼女は、ナチスに「死の女」と呼ばれて恐れられる一方で、ソ連軍上層部には戦意高揚のシンボルとして利用されていく。黙々と敵の狙撃を繰り返し、彼女は戦場で出会った男性と恋に落ちるが、彼を失ってしまう。やがて戦争は激化し、リュドミラらソ連軍はセヴァストポリ要塞に追い詰められ……。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


実在したスナイパー、リュドミラ・パブリチェンコを描いた映画。ヒロインが可愛い過ぎる感があるけれど、戦場シーンはまあまあの臨場感でした。


f0197703_11433747.jpg

主演のユリア・ペレシルド。


f0197703_11445407.jpg

実物のリュドミラ・パブリチェンコ。58歳で病死しているらしい。




by rrmat288 | 2017-03-13 06:37 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)