この世界の片隅に

f0197703_16011068.jpg
<あらすじ>
1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生まれ育った江波から20キロメートル離れた呉へとやって来る。それまで得意な絵を描いてばかりだった彼女は、一転して一家を支える主婦に。創意工夫を凝らしながら食糧難を乗り越え、毎日の食卓を作り出す。やがて戦争は激しくなり、日本海軍の要となっている呉はアメリカ軍によるすさまじい空襲にさらされ、数多くの軍艦が燃え上がり、町並みも破壊されていく。そんな状況でも懸命に生きていくすずだったが、ついに1945年8月を迎える。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イオンシネマで上映中のこのアニメを観ました。知人が上映中に3回も観に行ったという意味が何となく解かるような、見終わった後にジワジワ、ジワジワと込み上げてくる内容です。多くの方がレビューしていますが、反戦映画という印象はなく、戦争の中で淡々と生活を営む人々が主人公のすずを中心に描かれています。が、戦争の恐ろしさも描かれています。

f0197703_16065939.jpg
終戦前の広島の街並みなども興味深いし、ノスタルジーを感じる。

f0197703_16085237.png
すずが道に迷って、遊郭のリンと出会うシーンも印象的でした。
また、所々に心に引っ掛かる台詞も散見されました。原作を読んで、もう1度鑑賞したい映画です。エンドロールの最後の最後まで見逃さないように、、、




by rrmat288 | 2016-12-13 16:10 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)