カエル少年失踪事件

f0197703_17531525.jpg
2011年韓国映画
<あらすじ>
1991年3月26日、山のふもとの村で「カエルを捕まえにいく」と言って遊びに出た5人の小学生がこつ然と姿を消した。特ダネを狙うMBS放送のカン・ジスン(パク・ヨンウ)や犯人像の分析を行うファン教授(リュ・スンリョン)、捜査を担当するパク刑事(ソン・ドンイル)たちが事件を追う中、ある子どもの父親(ソン・ジル)に容疑が掛けられる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

韓国未解決事件の1つ。
事件解決のために、警察・マスコミ・大学教授とそれぞれの欲と嘘が交錯していく。最後に犯人らしき人物が出てくるけれど、中途半端に終わってしまいます。未解決なのだから、しょーがない部分はあります。

f0197703_17564981.jpg
「笛を吹く男」に主演のリュ・スンリョンが大学教授役で。この方は「ポイントブランク」ではめっぽうタフな役で出演している。



by rrmat288 | 2016-09-23 17:52 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)