糖質制限について

f0197703_10341264.jpg
スーパー糖質制限を実践されていたルポライターの桐山英樹さんが急死されたとのことで、メディアが一斉に糖質制限を槍玉に挙げています。桐山さんの場合は、糖質制限が死因ではなく、過労による心不全ということでしょうが、ここぞとばかりにアンチが騒ぎ立てています。(製薬メーカー、食品メーカー、外食産業etc...etc...)
TVを見ていて気になるのが、ちゃんと勉強したら解かることなのに、「糖質を摂らないと脳に栄養が行かない」と今だに言っているアナウンサーやコメンテーターが多いことです。
個人的に、1日2食で2食とも糖質制限(ご飯・パン・麺類・芋類・ビール・日本酒抜き)をして1年以上が経ちました。自分の中で口にできるもの、できないものがはっきりと判別できるようになりとても楽です。モチベーションを下げないためにコミュニティにも入っています。お客さんにも、何かプラスしてサプリなどを飲むより、口から入れるものを吟味して減らしたほうが良いというアドバイスに変わってきました。自分で実践して何より体調が良いし、少し食費は嵩みますが、お金も大して掛かりません。
食事療法は日常的に無理なく続けられることに意味があるので、糖質制限は1つの選択肢ですが、もし実践されるなら中途半端にするのではなく、最初に勉強して決意して始められることをおススメします。

by rrmat288 | 2016-02-19 10:50 | 地域・子供ネタ | Comments(0)