6歳の僕が大人になるまで

f0197703_09512267.jpg
2014年アメリカ映画
<あらすじ>
メイソン(エラー・コルトレーン)は、母オリヴィア(パトリシア・アークエット)と姉サマンサ(ローレライ・リンクレイター)とテキサス州の小さな町で生活していた。彼が6歳のとき、母は子供たちの反対を押し切って祖母が住むヒューストンへの引っ越しを決める。さらに彼らの転居先に、離婚してアラスカに行っていた父(イーサン・ホーク)が1年半ぶりに突然現れ……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6歳の少年が18歳になるまで。その家族の12年にわたる軌跡をつづった人間ドラマ。
別段大きな展開があるわけでもなく、1人の少年の成長が普通に描かれているけど、12年間撮影を続けたというのが凄いと思うし、男らしく成長していく様が見所です。
f0197703_10580862.jpg

f0197703_10583467.jpg
父親役のイーサン・ホークがまたええ役どころで。
父親: 「女は満足するってことを知らない...どんどん上を求めて
     くる
     今のお前は女のせいで自尊心が揺らいでいる
     自分を貫け、女やオレやママを気にするな
     お前がブレなければ、シーナみたいな女がどんどん
     寄ってくるぞ
     写真を頑張れ!」

メイソン:「で?今しゃべったことの要点は??」

父親: 「要点なんてないさ...」

ちなみにこのシーンは、テキサスオースティンの名門ライブハウスであるアントンズで撮影されている。
f0197703_11032042.jpg
母親役のパトリシア・アークエット。

息子が出ていくシーンにて。。。

「私の人生で最悪の日だわ...
覚悟はしてたけど、あなた浮かれ過ぎよ!
人生ってあっけないものね。
私にとって、事件といえば
結婚して出産して離婚した...
あなたが失語症になったのを心配して
自転車の乗り方を教え
また、離婚した....
修士号を取り、念願の職につき
サマンサとあなたを大学に出して
次は何が残るの?
私の葬式だけよ!
もっと長いと思ってた!! 」


「もっと長いと思ってた!!」という言葉が突き刺さりました。





by rrmat288 | 2015-12-30 06:50 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)