シンドラーのリスト

f0197703_10082657.jpg
1993年スピルバーグ監督作品
<あらすじ>

1939年9月、ドイツ軍によりポーランドが占領され、ポーランドの都市クラクフもドイツ軍の占領下に置かれた。ユダヤ人を激しく蔑視するナチス党政権下のドイツ軍はクラクフ在住のユダヤ人に移住を強制し、彼らをクラクフ・ゲットーの中へ追放していた。

そんな中、ナチス党の党員でもあるドイツ人実業家オスカー・シンドラーが、クラクフの町へやってきた。彼は戦争を利用してひと儲けすることを目論み、潰れた工場を買い取って琺瑯容器工場の経営を始めた。

有能なユダヤ人会計士:イザック・シュターンに工場の経営を任せ、安価な労働力としてゲットーのユダヤ人を雇い入れ、また持ち前の社交性でSSの将校に取り入って自らの事業を拡大させていった。

しかしやがて冷酷なSS将校アーモン・ゲイト少尉がクラクフ・プワシュフ強制収容所の所長としてクラクフに赴任して来る。ゲートとその部下のSS隊員達は、ゲットーや収容所においてユダヤ人を次々と殺戮していく。シュターン初め、シンドラーの工場で働くユダヤ人たちにも危機が迫る中、金儲けにしか関心がなかったシンドラーの心境に変化が生じていく。そして彼はあるリストの作成を決意する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長尺映画なので敬遠していたのか、超のつく有名作を今ごろになって鑑賞しました。
シンドラー役が96時間のリーアム・ニーソンさんだと気がつくまで、時間を擁しました。かなり若いので。実在したシンドラーは、実際にはもっとハチャメチャな遊び人だったようですが・・・
ゲームのように、虫ケラのように殺されていくユダヤ人、大量に覆いかぶさった死体など、かなりリアリティが有るなあと思いました。

f0197703_10221385.jpg
リーアム・ニーソンさん。長身の色男。
f0197703_10232393.jpg
リスト作成中のシーン。
「いつか戦争が終わったら呑もう」というシンドラーに「いいえ、今呑みましょう」とシュターンが答え、酒を酌み交わすシーンが印象的。



by rrmat288 | 2015-11-28 07:07 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)