セルピコ

f0197703_10340057.jpg
1973年アメリカ・イタリア合作
<あらすじ>
1971年のNY。雨の降る夜に病院に運び込まれる一人の男。彼は捜査中に銃で撃たれた警察官だった。即刻、24時間の警備態勢がとられることに。
 一体何があったのか。。。。警察官の名前はセルピコ。
 ニューヨークの一警察官であったが、同僚の警察官たちの腐敗を告発し、仲間の警察官にうとまれていた男だった。ここから話はセルピコの警察学校の卒業式まで遡る。 正義感に燃えて警察官に任官したものの、そこにあったのは、図り知れない闇。セルピコは警察官内部にはびこる賄賂やみかじめ料の収受などの現実を知ることになる。
口止めをしようとする同僚の警察官はセルピコに賄賂の分け前を受け取らせようとする。頑としてそれを拒むセルピコは要注意人物扱いされて、ニューヨーク中の分署をたらいまわし。セルピコは上層部に不正を訴えでて、調査を要求するが…。正義を貫いた実在の警察官セルピコの真実の物語。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

33歳の若いアル・パチーノの素晴らしい演技が光る映画。不正を暴こうにも、どうにもこうにも思い通りにならない主人公の苛立ちが手に取るようにわかります。痺れを切らせて去って行ってしまった恋人は可哀想でしたが・・・

f0197703_10382939.jpg
70年代という時代を反映したファッションや街並みも見ものです。



アル・パチーノさんの最新映画Dearダニー 君へのうた」も楽しみですな~。

by rrmat288 | 2015-11-04 07:29 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)