ギリシャに消えた嘘

f0197703_11500734.jpg
<あらすじ>
1962年、ギリシャ。アテネでツアーガイドをして生計を立てている青年ライダル(オスカー・アイザック)は、旅行で来たというチェスター(ヴィゴ・モーテンセン)とコレット(キルステン・ダンスト)の夫婦とパルテノン神殿で出会う。彼らのガイドを申し出たライダルだったが、その夜に宿泊するホテルに現れた探偵をチェスターが殺してしまう。混乱したまま死体の片付けを手伝ったライダルは、チェスターが投資家たちから高額の金をだまし取って逃走中の詐欺師であることを知る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジャケットも渋いし、興味をそそられてレンタルしてみました。ストーリー展開的にイマイチな映画でしたが、古い映画の雰囲気と異国の風景は良かったです。それにしても、チェスターもライダルも始終タバコ吸っていて、見てるだけでも煙たい(笑)また、タバコ会社がスポンサーなのかなあー。

f0197703_11553907.jpg
キルステン・ダンストさん。この方はそこはかとない色気を漂わせた役柄でした。いい!



by rrmat288 | 2015-09-29 06:49 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)