アイ・アム・サム

f0197703_10303583.jpg
2001年作品
<あらすじ>
知的障害のために7歳の知能しか持たない父親サムは、スターバックスで働きながら一人で愛娘ルーシーを育てていた。母親はルーシーを生むとすぐに姿を消してしまったが、二人は理解ある人々に囲まれ幸せに暮らしている。しかし、ルーシーが7歳になる頃にはその知能は父親を超えようとしていた。そんなある日、サムは家庭訪問に来たソーシャルワーカーによって養育能力なしと判断され、ルーシーを奪われてしまう。どうしてもルーシーを取り戻したいサムは、敏腕で知られる女性弁護士リタのもとを訪ねるが、サムにリタを雇うお金などあるわけもなくあっさり断られてしまう……。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今更ながら、初鑑賞しました。チョコレートドーナツをちょっと思い出しました。
ルーシー役の女の子がとにかく可愛くて、ショーン・ペンの演技も素晴らしいのだけれど、なんといってもどの角度から観ても美しいミシェル・ファイファーかな、やっぱり!!
f0197703_10330529.jpg
超美人!!
「君はわからないんだ。どんなに一生懸命頑張っても頑張ってもどうにもならないんだ。
君は生まれつき優秀で僕はこうだからね。君はわからない、心に受けた傷の痛みを」
とリタを冷血人間だと責めるサム。
それに対しリタは「いつも道に迷い劣等感にさいなまれてる人間よ、クズだと。私のような人間は夫が私よりずっと完璧な女と浮気してるのよ。息子にも毛嫌いされてる人間だわ。私だけがだめなの どんなに頑張っても」と涙ながらに弱さを打ち明ける。

このシーンはぐっと来ました。

f0197703_10383556.png
そしてルーシーに深い深い愛情を見せる里親役のローラ・ダーンさんとのラストシーンが良い。
「誰よりも愛せると思ってたけどそれを言ったら嘘になるわ」・・・それに対してサムは「この子には母親は必要だ」と言います。

全編を彩るビートルズナンバーやエピソードもファンの人には喜ばしいでしょう。




by rrmat288 | 2015-09-01 07:12 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)