海の上のピアニスト

f0197703_10022891.jpg
1999年作品
<あらすじ>
時は1900年。多くの移民たちをアメリカに運ぶ豪華客船ヴァージニアン号。黒人機関士ダニー(ビル・ナン)は、ダンス・ホールのピアノの上に置き去りにされた赤ん坊を見つける。ダニーはその子を1900(=ナインティーン・ハンドレッド)と名付けた。ダニーが事故で死んだ後も、一度も船を下りず船底で育った。彼はある日、船内のダンスホールで音楽に魅了され、ピアノに向かい、ピアニストとしての天才的な才能を開花させた。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ティム・ロス主演、ニューシネマパラダイスのジュゼッペ・トルナトーレの監督・脚本作品。
ジェリー・ロール・モートン?とのピアノ対決は、あのクロス・ロードを思い出しましたな~。1900は伝説の男で、実在しないそうですが、まるで実在していたかのような描かれ方でした。ティム・ロスと彼を支えたトランペッター役のプルート・テイラー・ヴァンスさんの優しさに熱いものが込み上げてきます。いい映画でした。
f0197703_10085838.jpg
1900の初恋の、この彼女を眺めながらの即興演奏。儚くもおぼろげなピアノの旋律がとても美しいです。





by rrmat288 | 2015-08-22 10:01 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)