おにいちゃんのハナビ

f0197703_17405605.jpg
2010年
<あらすじ>
病弱な16歳の華(谷村美月)の療養のため、新潟県の小さな町に5年前に引っ越してきた須藤一家。毎年、世界一の花火が打ち上げられる“片貝花火まつり”の日、急性白血病による半年間の入院生活を終えた華は、兄の太郎(高良健吾)が自室に引きこもっていることを知り、町の成人会に参加させようとする。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新潟県小千谷市片貝町で400年来続く町民参加の花火大会で実際にあった話が基になっている。この花火大会は企業の協賛ではなく、町民各々が出資して願い事を花火に託して神社に奉納するらしい。「お兄ちゃんと花火が見たいなあ」とメッセージを残し短い生涯を終えた、兄さん想いのいじらしい妹のために、引き篭もりから立ち直り一生懸命に働き、花火を打ち上げるまでを描く。涙無しには鑑賞できない映画です。ラストの花火のシーンも良いので、劇場で観たらもっと迫力有って良かったと思います。主演の高良健吾、谷村美月も自然で良かったし、両親役の大杉漣さん、宮崎良子さんのベテラン勢の演技も流石です。
f0197703_17494411.jpg
ぜひ、この時期のご鑑賞を。。。



by rrmat288 | 2015-07-23 07:11 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)