君よ憤怒の河を渉れ (1976年)

f0197703_10355876.jpg

1976年。西村寿行原作。高倉健主演。

<あらすじ>
1976年10月10日新宿。ある代議士の不審死事件を単独捜査していた東京地検検事・杜丘冬人は、突然、警察官に強盗傷害容疑で連行された。警察官は、水沢恵子と名乗る女性の通報を受け、杜丘を拘束したのだった。新宿警察署へ連行された杜丘は、旧知の警視庁捜査第一課・矢村警部を呼び出し、無実を主張する。すると今度は、寺田俊明と名乗る男性が「この男にカメラを盗まれた」と杜丘を名指しで通報してきた。杜丘には身に覚えのないことだったが、証拠が揃いすぎていた。完壁な罠・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同じくTsutaya追悼コーナーよりレンタル。
子供の頃にハラハラドキドキ、“めちゃくちゃ面白い映画だなあ~”と思って観た記憶があります。
が、今改めて観ると・・・かなり強引な展開で突っ込みどころ満載(笑)でもそれなりに楽しめました。「ジャジャジャジャジャーーン!」といった大袈裟な効果音や、ペダルスティールの音色のようなすっとぼけたBGM、写り込んでる車なんかが、いかにも昭和、70年代を思わせる。Gメン’75の雰囲気でした(笑)
f0197703_10432413.jpg

中野良子さん(当時26歳)と大滝秀治さん(当時51歳)。大滝さん、かなり若々しい。
f0197703_10453721.jpg

熊に襲われて木によじ登っている登場シーンはあまりに唐突だったなあ(笑)そして、健さんを匿うシーンで一瞬ヌードを披露。
f0197703_10505184.jpg

原田芳雄さん(当時36歳)渋すぎます(笑)
「この野郎には、100発撃ち込んだって正当防衛なんだ」と最後、撃ちまくる(笑)
f0197703_1053257.jpg

ちょい役だが、健さんに一宿一飯の世話をする倍賞美津子さん(当時30歳)
熱にうなされる健さんの布団に下着姿で入る際にナイスボディを披露。健さんは当時45歳。

ちなみにYoutubeにフル動画が落ちてたりします(笑)
f0197703_1183150.jpg

こちらは大ヒットした中国でのジャケ。
by rrmat288 | 2015-01-21 06:35 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)