アジョシ(2010年)

f0197703_10592612.jpg

2010年 韓国映画

<あらすじ>
不幸な事件で妻を失い、世の中に背を向け、細々と質屋を切り盛りし、寂しく暮ら して いる元特殊要員テシク(ウォンビン)。訪ねてくる人間は、質屋に物を預けにくる人々と、隣りに住む少女ソミ(キム・セロン)だけだ。
世の中から捨てられたソミと共に過ごす時間が多くなり、テシクとソミは、互いに心を開いて友だちになっていく。そんなある日、ソミが突然消える。ソミの母が犯罪事件にかかわり、一緒に拉致されてしまったのだ。
ソミの行方を追って再び世の中の外に出てくることになったテシク。たった一人の友だちのソミを危険から守るため、犯罪組織とある種の取引きをする。
しかし、ソミの行方は相変らず不明で、警察がテシクを追いかけ始め、テシクは、犯罪組織と警察の両方の追撃を受けることになる。そしてその過程で、 ベールに包まれていたテシクの秘密の過去も現れ始める。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

超有名映画なので、なんとなく観る気が失せていたものです。「韓国版レオン」との噂ですが、内容は似通っていません。ウォンビンがスタイリッシュ過ぎて、ヴァイオレンス映画なんでしょうがエンターテイメントに仕上がっています。主人公がどうしてそこまでして少女を助けるのか・・・ちょっとそこが「???」です。が、あまり深く考えず、ウォンビンの格好の良さ、格闘シーンを楽しめば良い映画だと思いました。どうしようも行き場の無い結末ではなく、一応ハッピーエンド??なので安心して観てよいですが、血生臭いシーンはまあまあ在りです。
f0197703_1141683.jpg

終盤の格闘シーンは、カンフー映画を思い起こさせます。
f0197703_114489.jpg

この人は悪者ですが、ちょっとだけ情けも在ったようです。
f0197703_1153784.jpg

この人は最後まで憎たらしい役です。


映画評論・レビュー ブログランキングへ
Commented by おたま at 2014-11-25 14:19 x
アジョシは、おじさんっていう意味ですが、おじさんじゃなかろーと思うけっこよさよなー。

でも、大学生くらいから、男の子はみんなアジョシって呼ばれるみたい。
Commented by rrmat288 at 2014-11-25 17:23
たまちゃん。そーなんじゃなー(笑)オヤジは「オッパー」じゃろう(笑)
先日は、イ・ビョンホン×チェ・ミンシクの「悪魔を見た」を観たけど、あれが一番キツイなあ~(笑)
by rrmat288 | 2014-11-22 06:58 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(2)