それでも夜は明ける(2013年)

f0197703_1114050.jpg

『それでも夜は明ける』=12Years a Slave 2013年イギリス映画

1841年、ニューヨーク州サラトガにソロモン・ノーサップ(イジョフォー)という妻と子供と過ごす自由な黒人がいた。彼はヴァイオリン奏者として生計を立てていた。ある日、彼は二人組の男たち(スクート・マクネイリーとタラン・キルラム)から金儲けができる周遊公演に参加しないかと誘いを受ける。二人組の男たちとの夜が明けた後、ノーサップは薬漬けにされ意識もうろうとしながら、南部地方にある綿農園へ輸送されていることに気づいた。彼は奴隷として、奴隷オーナーのウィリアム・フォード(ベネディクト・カンバーバッチ)から購入されて、偶然にも奴隷を虐待する農園の支配人のエドウィン・エップス(マイケル・ファスベンダー)のもとへ売られた。ノーサップは解放されるまでの12年間を南部の奴隷として生きる。(ウィキより)


英国の黒人監督、スティーブ・マックイーンの作品で、原作は1853年発表ソロモン・ノーサップによる奴隷体験記「Twelve Years a Slave」。
この奴隷制度の主題で真っ先に思い浮かぶのは、子供の頃にTVで観た「ルーツ」です。目を背けたくなる痛ましいシーンもありますが、地味で良い映画だと思いました。主人公の聡明でひた向きなキャラクター、皆で霊歌を唄いながら綿摘みをするシーンとルイジアナの美しい風景が印象的です。脇役のブラッド・ピットは要らんと思いますが(笑)
f0197703_112636.jpg

「プリズナーズ」にも出演していたポール・ダノが、憎たらしい役で出演しています。

by rrmat288 | 2014-10-10 11:03 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)