鑑定士と顔のない依頼人(2013年)

f0197703_1038617.jpg

2013年イタリア映画。名作 『ニュー・シネマ・パラダイス』のジュゼッペ・トルナトーレ監督。
<あらすじ>
天才オークション鑑定士に舞いこんだ、ある屋敷の鑑定依頼。引き受けたのは、天才鑑定士にして一流オークショニアのヴァージル・オールドマン。それは、資産家の両親が遺した絵画や家具を査定してほしいという、ごくありふれた依頼のはずだった。ところが、依頼人の女性は決して姿を現さない。やがて、彼女が屋敷の壁の向こうの隠し部屋にいることを突き止めたヴァージルは、我慢できずに彼女の姿を覗き見、その美しい姿に一瞬で心奪われ、どうしようもなく惹かれていく。さらに、美術品の中に、歴史的発見となるようなとんでもなく価値のある美術品の一部を見つけ――。果たして奇妙な鑑定依頼の真の目的とは?ヴァージルの鑑定眼は本物か、節穴か?謎はまだ入口に過ぎなかった―。


これはいろいろな人の評判に違わず面白い映画でした。実は、事前にネタバレが有って大変ショックだったのですが(笑)それでも楽しめて、2回観ました。当然ながら2度目は印象が違いまして、主役のヴァージル(ジェフリー・ラッシュ)の絶望感や悲哀だけでなく、第2の人生も垣間見えるような(ある種のハッピーエンド?)印象も受けました。ネタバレしないうちに終わります(笑)とにかく1度観ていただきたいです。

Commented by M子 at 2015-04-15 10:20 x
オススメ頂いておりましたが、ようやくWOWOWにて放送されましたので観ました!
コワイ~(笑)あの若い男が一番コワイ(笑)
そうなるだろうと予想は出来てましたが、あの主演の俳優さんの愕然としたところ、超良かったです。
Commented by rrmat288 at 2015-04-15 14:30
M子ちゃん。おおお!観たん??
恐ろしいよねー(笑)でも大変見応えある映画よねえ~。こっちのツタヤにも何本か在るけど今だにほぼレンタル中よー。
by rrmat288 | 2014-09-20 10:46 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(2)