殺人の追憶(2003年)

f0197703_18474050.jpg

殺人の追憶(2003年韓国映画)
以前に買っていたDVDを観る機会を得たので。。。
(あらすじ)
80年代、軍事政権下の韓国のとある農村で、若い女の他殺体が発見される。遺体は後ろ手に縛られ、頭には被害者自身の下着がかぶせられていた。この異常な事件を担当する地元の刑事パク・トゥマン(ソ・ガンホ)は典型的な熱血刑事ではあるが、その捜査方法はデッチ上げの冤罪紛いが多い。 肝心の警察がこんな有り様なので、当然、事件は解決に向かうどころか、さらなる被害者を増やしてゆくことに。そんな折、ソウル市警から若い刑事ソ・テユン(キム・サンギョン)が、この難事件解決のために派遣されてくる。。。。
f0197703_18501853.jpg

いわゆる韓流スター達とは対極に居る出演者達。この主演のソ・ガンホさんが特典映像で、「シュリでもJSAでもない、韓国映画」と言っていたけど、韓国映画の泥臭い雰囲気がプンプンするいい映画でした。
真相は闇の中なのですが、数年経ってのこのラストシーンは良かったな。

数年が経ち、田舎の刑事はまともなサラリーマンとなった。
仕事の途中で昔、女性の死体が見つかった田んぼを通りかかる。
ふと、立ち止まって、あの時と同じように死体のあった下水道を覗き込む。
そこには何も無い。
f0197703_18555857.jpg

そのとき、地元の小学生の少女が通りかかる。
最近同じように水道管を覗き込んだ男がいるという。
その男は、昔自分がしたことを思い出して覗き込んだという。
元田舎刑事はとっさに尋ねる「顔を見たか?」と。
少女は答える「見た」と。
元田舎刑事は尋ねる「どんな顔をしていたか?」と。
少女は答える「よくある普通の顔をしていた」と。
by rrmat288 | 2014-08-19 18:57 | 映画・DVD鑑賞/読書 | Comments(0)